時間?確率?音楽?建築?名曲 Metastasis について


Image by Wouter Hagens, accessed from http://www.archdaily.com/157658/ad-classics-expo-58-philips-pavilion-le-corbusier-and-iannis-xenakis, licensed under Creative Commons CC BY-SA 3.0

みなさん、クセナキスを知っていますか?

天才的な作曲家で、建築家としての経験を生かし独創的な作品を作った作曲家です。

僕は彼の音楽が大好きです。聴いていると、時間軸が歪むし、宇宙もみえます 😉 

そんな彼の作品などを紹介した記事はこちら。

 

作曲家にして建築家 -ヤニス・クセナキス / Iannis Xenakis

 

Metastasis

今回は彼の最初のオーケストラ作品にして、重要な曲 Metastasis について書いていきたいと思います。

とりあえず聴いてみましょう。

 

 

どうでしたか?時間軸の歪み体験しましたか?宇宙の良く分からない物質とか見えましたか? 😀 

とんでもない作品ですね!

僕がまだ、クセナキスの曲を良く知らなかった時に考えていた作曲の構想、音があり、この作品の音がまさしく僕の想像していたものでした。

といっても、クセナキスほど精密に考えてはいず、音のイメージとして持っていたものです。

クセナキスによって50年前に(現在2018年)、僕が考えていたのより精密に、遥か上のレベルですでに作曲されていたことに気付き、ガッカリしたと同時に恥ずかしく感じました。でも本腰入れて作曲始める前に気付いて良かったです。完成してから Metastasis に出会ったら絶望してました 笑

 

作曲するには、音楽を想像(創造)するのと同じくらい勉強しないといけません。

 

作曲家のルチアーノ・ベリオがいった言葉で、

『私は、創造性と研究(リサーチ)は、同義語だと考えています。リサーチのない創造性は意味のないものと思います。』

ちゃんと今までの音楽を知らないと、新しい創造はできない。新しい創造は以前の作曲家に挑むということでもあるから、そう簡単じゃないんです。特に現代は音楽も複雑に広がってるし。

今、改めて Metastasis 聴いてるけどやっぱ、すごい。。。脳がかき混ぜられる。

 

概要

それでは、どのように作曲されたか見ていきましょう!

下の概要はこの中から訳して作成しました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Metastaseis_(Xenakis)

http://www.academia.edu/3879519/Varieties_of_Transformation_in_Xenakis_s_Metastaseis_1953-54_for_orchestra_conference_version_

http://www.furious.com/perfect/xenakis.html

James’ Choice: Antonio de Almeida’s score of Iannis Xenakis’ Metastasis

 

Le Corbusier, 1922, Nature morte verticale (Vertical Still Life)

 

 

  • 61人編成のオーケストラで演奏されます。また全てのパートが違った演奏をします。
  • アインシュタインの時間に対する考え方と、自身の記憶の戦争の音に着想を得、作曲されました。
  • Metastasis という名前ですが、Meta はギリシャ語で『裏、後(時間的に)』、stasisは『静止した状態』です。

 

曲のコンセプトとその題名を考えると、、、深い。

 

  • 曲の構造上の数学的なアイデアは、彼が働いていた  Le Corbusier (ル・コルビジェ)のものです。 ル・コルビジェって素晴らしい建築家ですが、絵もいいです。