Key (調性)ってなあに?固定ド?移動ド?


こんにちわ。楽器練習していますか?

ところで、今練習している曲のKeyが何か分かりますか?

 

うーん、、、という方は是非この記事を読んで勉強して下さい。

Keyを理解することは音楽の第一歩です。

 

音楽の基本『Key』について分かりやすく説明したいと思います。


 

キーC

 

f:id:Y-Bit:20180524082430j:plain

 

まず、これがキーC となります。

楽譜の1番左に♯、♭など(調性記号という)が無いものです。

ピアノだと白鍵のみです。

 

 

 

調性記号

 

次に先ほど出てきた『調性記号』について見てみましょう。

楽譜の最初についている『♭』、『♯』などが調性記号で、その曲のキーを表しています。

 では、それはどういう事でしょう?

 

 

Circle of fifth

 

下の絵が『Circle of fifth』です。

日本語にすると、5度の円 でしょうか。

 

f:id:Y-Bit:20180524071648p:plain

 

 

最初に呼び方について

 

最初に調性関係の呼び方について説明します。

Major key(英語)、メジャーキー、長調、Dur(ドイツ語でデュアーと呼びます)は一緒です。

 

Minor key、マイナーキー、Moll(ドイツ語でモールと呼びます)も一緒です。

色々呼び名が出てくるとややこしいので、クラシックの呼び方 Dur と Moll で統一しましょう。

 

 そして、Key(英語)、調性、Tonalität (ドイツ語でトーナリテート と呼びます)

 ここでは、Keyに統一します。(ドイツ語長い。。。)

 

 

DurとMoll

 

見方としては、外円の赤がメジャーキー(長調)になります。

そして、内側がマイナーキー(短調)です。

E の  四つを見てみましょう。

その内側にあるのは cis で C♯ になります。

ちなみにcis(チィス)というのはドイツ語読みです。

 

f:id:Y-Bit:20180524071648p:plain

 

 

なんで、同じ ♯ 四つでKeyが二つあるの?

 

これは、メジャーとマイナーで使う音が一緒だからです。

厳密にいうと、マイナースケールには3種類があって全部一緒ではないのですが、基本になる音が一緒です。

 

 

実際に弾いてみよう

 

実際に弾いて見ましょう。

ちょっと E は難しいスケールですが、ピアノがあればピアノで弾いてみてください。

黒鍵があるので分かりやすいです。

 

 

E-dur の場合

f:id:Y-Bit:20180524075615j:plain

 

Cis-mollの場合

f:id:Y-Bit:20180524080408j:plain

 

基準の音が E か cis か違うだけで、使っている音は一緒ですね?

だから、裏表になってるんです。

 

 

右回りと左回り

 

右回りで  が一個づつ増えていき、5度上に上がるんですね。

基準の C の5度上は何でしょうか? にあたる G ですね。

つまり、  が一個ついたときの調性は G です。

 

 がつくごとに、どんどん5度づつあがっていきます。

音は12個あるので、右回りばかりだったらFにつく頃には、楽譜が ♯ だらけになってしまします。

じゃあ、左に行こう。その場合は ♭ がつきます。そして、4度下がります。

基準の C の4度上は何でしょうか?ファ にあたる F ですね。

 

f:id:Y-Bit:20180524071648p:plain

 

この図を参考に色々なKeyのスケールを弾いてみましょう。

これでばっちり分かりましたね!

ついでなので、移動ドと固定ドも勉強しちゃいましょう。

 

移動ドと固定ド

 

移動ドと固定ドの説明はKeyが理解できたら簡単です。

 

固定ド

固定ドは ♯ や♭ が何個ついていようと C がド です。

これは、かたくななまでに変わりません。

それゆえに、『固定ド』!

 

f:id:Y-Bit:20180524082430j:plain

 

 

移動ド

移動ドはKeyに応じて ドレミファソラシド の位置が変わります。

それゆえに『移動ド』!

f:id:Y-Bit:20180524075615j:plain

 

絶対音感のある人などは、固定ドで音を拾います。

メロディーを弾く際に、ドレミで考えたりしませんか?

これがちゃんと分かっていると、曲もよく理解できます。

 

それゆえに、Key の理解は重要なのです。


 

記事が面白かったら、お願いします!

記事を書いている僕についてはこちら。僕について

アーティスト支援サイト PATREON 僕のページ

映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』