CUBASE での EastWest ComposerCloud の設定、使い方


 

EastWest ComposerCloud は 月々¥3000総額約130万円の高品位なサンプリング音源を使い放題 というサービスです。

今回は Cubase で使うにあたっての使い方を簡単に説明します。

こちらの記事も興味があれば読んでみて下さい。

『HALion Symphonic Orchestra』 と 『EastWest Hollywood Orchestral』の音質比較!


ダウンロードや ilok の設定は ComposerCloud をダウンロードしたときに説明動画などがあるので大丈夫だと思います。

では、ダウンロードした音源を実際にCubase で使う時を説明します。

 

VSTインストゥルメント の追加

まず『デバイス』 → 『VSTインストゥルメント』 から新しくできたものを読み込みます。

僕のパソコンは64bitなのでplay vst 64を選択します。

『Midiトラックを作成しますか?』というのは後で作るのでキャンセルで良いです。

 

midiトラック作成、接続

EastWestのVSTインストゥルメントは Halion Sonic SE のようにマルチティンバーです(1つのVSTインストゥルメントに対して16個のmidiトラックを割り当てられる)。

16個のmidiトラックを作って、Eastwest と接続させます。

  1. 作ったmidiトラックを全て選択
  2. 『shift』+『Alt』 を押しながら下の画像の部分(midi out)をクリックし Eastwest のプラグインを選択
  3. 下で 5 になってるところがmidiチャンネルです。上から1~16になってることを確認

 

 

BROWSERから楽器を追加

BROWSERから楽器を追加します。

 

MIXERからチャンネルの割り当て

MIXERを開くと、下の画像が表れます。

赤枠がmidiチャンネルなので左から1~16まで割り当てましょう。

黄色枠が楽器の名前です。

Eastwestの楽器のバランスはこのミキサーを使って行います。

 

Playerで細かい設定

各チャンネルの音が出るようになったと思います。

細かい音色の設定はPlayerから設定できます。

 

こちらの記事の曲は、Eastwestオーケストラの音源で作りました。

 

風の谷のナウシカのオープニング曲で学ぶ作曲

 


記事が面白かったら『いいね!』、Twitterのフォロー@light_organ(音楽情報つぶやいています)お願いします!

記事を書いている僕についてはこちら。 僕について

アーティスト支援サイト PATREON   僕のページ

映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』