microkorg の外部入力をツマミでいじる!


 

microkorg に Audio In ついてるけどどうやって使うの?

と言う謎に答える動画を作成しました。

 

動画ではラジオを使っていますが、i phone などのmp3プレーヤーなどもmicrokorgでエフェクトをかけることができます。使い方によって色々できるのでやってみてください。

ちなみにmicrokorgはアナログシンセではなく、アナログモデリングシンセですが、この前友達のスタジオでJUNO-60と音聞き比べたら、音質の良さは変わらなかったです。音も色々作れるし、最高の楽器ですね。

 

他の記事でmicrokorg の使い方や機能などを書いているので、興味があれば見てみてください。

 

microkorg の実際の使い方 音作りなど

 

microkorgの音作り、保存、その他もろもろ

 


 
 
 
文字で書いておきます。
 
1. 外部機器のアウトプットを microkorg のAUDIO IN 2 に挿入します。
 
2. それから、外部機器を再生しながら VOLUME 2 のツマミを大きくしていきます。そうするとディスプレイ隣の AUDIO IN が光り始めます。
 
3. どこでもいいのですが適当に音色を選び、それからそのパッチを初期化します。
 
4. 『shift + 3 → もう一度 3』 で初期化できます。これは、セーブしなければ勝手にもとの設定に戻ります。
 
5. EDIT SELECT 1 で OSC 1 を選び、1/CUTOFFのツマミを右いっぱいに回し、ディスプレイがAud(AUDIO)になったことを確認します。
 
6. そして、鍵盤を押すと外部機器の音が流れるはずです。
 
7. EDIT SELECT 2 のツマミを ARPEG.B(アルペジエーターB)に合わせて、1/CUTOFF のツマミを回しON にします。これにより鍵盤を離しても音が鳴り続ける設定にしました。
 
8. 左にあるARPEGGIATOR をON にして、鍵盤を押すと音が鳴り始めるはずです。
 
9. 次に、ARPEG.A に合わせて、3/EG ATTACK の ツマミで音に途切れ具合を調整します。(100でつながる)
 
10. 後は、MOD FX から エフェクトをかけたり、DELAY をかけたりすることができます。
 
micro korg は音も良いし、値段も手頃、シンセサイザーの音作りを学ぶのにも適してます。また、ツマミをmidi コントローラーとしても使えるので、本当に素晴らしい機材だと思います。一家に一台 microkorg!
 

ミニ鍵盤37鍵の小さなボディにMS2000と同様のシンセ・エンジンを搭載。厚みのあるサウンドが制作可能。小型コンデンサーマイク付属でボコーダーとしても多彩で個性的なサウンドを演出。

 
 
 
 

記事が面白かったら『いいね!』、Twitterのフォロー@light_organ(音楽情報つぶやいています)お願いします!

記事を書いている僕についてはこちら。 僕について

アーティスト支援サイト PATREON   僕のページ

映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』