コードの裏の顔 ネガティブハーモニーについて


 

ネガティブハーモニーという和声理論を知っていますか?

Ernst Levy という作曲家が考えたコンセプトで、その本が書かれた本は1985年に発売されています。

ネガティブハーモニーについて最近、盛り上がっていますがその原因は彼 Jacob Collier君 です。

彼は作曲家でポップミュージックからクラシックまで幅広く活動する音楽家です。

彼のYoutubeチャンネル をみて音楽を聴けばいかに才能豊かな音楽家か分りますね。

その彼がNagative Harmony という考え方を動画で説明したことにより一気に注目されました。

下は親切な方が日本語訳をつけてくれた動画です。

 

 

他に英語ですが分りやすく図解している動画があったのであげておきます。

英語が分らなくてもなんとなく理解できると思います。

 

 

よく分らなかった方のために少し書いておきますね。

 

Key C を決める要素

この理論の基本に、トニックの C と ドミナントの G この二つがキーを決定付けるという前提があります。

上の動画でJacob Collier君も『Ernst Levy も言ってるけど、、』なんて言っていますね。

 

 

鏡写しの世界

ネガティブハーモニーを使うと、メジャーの曲がマイナーに、上向きだったメロディーが下向きになります。

まさに鏡写しのように。

 

求心力を使う

西洋音楽の音の配列には音の向かう方向性があります。

ドレミファソラシ と歌ったら、その半音上のを歌って落ち着きたくなります。

ドソファと歌ったらその半音下のを歌いたくなります。

この求心力、音の持つ方向性は和音にもあり、それを使ったのがコード進行です。

そして、その求心力はポジティブ(表の顔)なものとネガティブ(裏の顔)なもの二つあるよというはなしです。

 

陰と陽

この陰陽の絵のように circle of fifth をKeyを決める CとG を境に陰と陽に分けます。

そのC と G の中心、つまり Eb と E の間をキーセンターと呼び、そこからポジティブサイドとネガティブサイド に分かれます。

 

 

photo by Paul Croteau

そうすると、鏡写しのように

ポジティブなDはネガティブサイドだとF。

B は Ab。

A は Bb。

となるわけですね。

 

 

簡単に言うと。。

キーセンターとかって考えるとややこしくなるので、簡単にいうと。

Cメジャースケールの並びは下のようになっています。

全=全音 半=半音

 

下は G から下に、上の Cメジャースケールと同じ間隔で下がっていきます。

つまり反転していますね。

 

コードに当てはめる

photo by Paul Croteau

CM7はネガティブ側だとAbM7になります。

とこのようにして得られるのがネガティブハーモニーです。

裏コード G7 → Db7 なんかとは考え方が根本的に違いますね。

 

 

 

 

 

度数で考えてみる

photo by Paul Croteau

それぞれを度数に当てはめるとこうなります。

いくつかのコードは共通の音を持っていますが、ぜんぜん共通の音を持っていないコードも多数ありますね。

なので、共通音があるから代理で使うとかそういう話ではないです。

 

 

 

 

作曲例

短い曲を一曲作ってみました。実際にやってみるのが一番理解できます。

ただ、ネガティブ側の4小節目Gbになっていますが、これは間違えで、本来はEbです。

やり直すと音楽ファイルからやり直さなくてはならないので、放置してしまいました。でも悪くない響きですよね 🙄 

 

まとめ

ということで理屈は理解できたでしょうか?

Jacob Collier君も言っていますが 理屈は理屈で理解して、どう使うかは感情さ!と言っていますね。

色々試してみて、理解するのが一番です。

では良い音楽ライフを♪


記事が面白かったら『いいね!』、Twitterのフォロー@light_organ(音楽情報つぶやいています)お願いします!

映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。