僕の好きな言葉たち


 

 

ここでは、僕の好きな言葉たちを紹介しようと思います。

生きていると大変なことや上手くいかないことがありますが、そんな時はこの言葉を読んで気合入れています。


まず最初は宮沢賢治の詩です。

賢治が教師として働いていた学校を去る際に書いた詩です。

とくに音楽をやっている人に響きますね。

 

告別

おまへのバスの三連音が
どんなぐあいに鳴ってゐたかを
おそらくおまへはわかってゐまい
その純朴さ希みに充ちたたのしさは
ほとんどおれを草葉のやうに顫はせた
もしもおまへがそれらの音の特性や
立派な無数の順列を
はっきり知って自由にいつでも使へるならば
おまへは辛くてそしてかゞやく天の仕事もするだらう
泰西著名の楽人たちが
幼齢弦や鍵器をとって
すでに一家をなしたがやうに
おまへはそのころ
この国にある皮革の鼓器と
竹でつくったくわんとをとった
けれどもちゃうどおまへの年ごろで
おまへの素質と力をもってゐるものは
町と村との一万人のなかになら
おそらく五人はあるだらう
それらのひとのどの人もまたどのひとも
五年のあひだにそれを大抵無くすのだ
生活のためにけづられたり
自分でそれをなくすのだ
すべての才や力や材といふものは
ひとにとゞまるものでない
ひとさへひとにとゞまらぬ
云はなかったが、
おれは四月はもう学校に居ないのだ
恐らく暗くけはしいみちをあるくだらう
そのあとでおまへのいまのちからがにぶり
きれいな音の正しい調子とその明るさを失って
ふたたび回復できないならば
おれはおまへをもう見ない
なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ
もしもおまへが
よくきいてくれ
ひとりのやさしい娘をおもふやうになるそのとき
おまへに無数の影と光の像があらはれる
おまへはそれを音にするのだ
みんなが町で暮らしたり
一日あそんでゐるときに
おまへはひとりであの石原の草を刈る
そのさびしさでおまへは音をつくるのだ
多くの侮辱や窮乏の
それらを噛んで歌ふのだ
もしも楽器がなかったら
いゝかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ

 


THA BLUE HARB は大好きなヒップホップグループです。

 

雑音黙らすには ひとつ 行動であらわす

ILL-BOSSTINO

 


尊敬するジャズの巨人 Miles Davis の言葉です。

Don’t fear mistake,

There are none.

失敗を恐れるな

そんなものありゃしない

Miles Davis


 

自分自身が自分の望む変化になりなさい。

ガンジー


ダリル・アンカというアメリカ人で、バシャールという宇宙人と交信している、というちょっと怪しい人の言葉です。

特にスピリチュアルが好きではないのですが(好きでも嫌いでもない中立)、ちょっとインターネットで記事を読んで面白かったです。

Circumstances don’t matter, only state of being matters.

状況は問題ではない、そのあり方が問題だ。

 Bashar

つまり、自分の今の状態(例えばなにか問題があったとして)は問題ではなく、

自分がどうあるべきか、が重要なんだということです。

自分がどうあるべきか分っていたらその状態に持っていくために行動しますから。


 


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』