現代音楽 Schoenberg – Sechs kleine Klavierstücke, Op.19 について


今回は12音技法で有名な Arnord Schoenberg のピアノ曲  Sechs kleine Klavierstücke (6つの小さなピアノ曲) に出会ったので、この曲集がどのように作曲されたのかなどを書いていきたいと思います。

現代音楽といっても100年以上前(1911年)に作曲された曲です。

ちなみに上の肖像画は Egon Schiele が描いたものです。ハイセンス!いかす!


下の概要はWikipedia から翻訳したものです。

Sechs kleine Klavierstücke(ドイツ語)

Sechs kleine Klavierstücke(英語)

 

作曲された日

この曲集は6つの曲で構成されていて、1911年に作曲されました。

最初の5曲は2月19日に一日で作曲され、最後の曲は6月17日に作曲されました。

有名な12音技法が確立したのが1921年なのでちょうどその10年前ですね。

 

ちなみに、グスタフ・マーラー が亡くなったのはこの間、1911年5月18日です。

ドビュッシーは1909-1913にかけて、『前奏曲集第1巻』、『前奏曲集第2巻』 を完成させます。

 

日本は翌年1912年に明治天皇が亡くなられ、明治から大正になります。

世界では1914 – 1918年にかけて第一次世界大戦が勃発します。

こう日本史や世界史と結びつけると面白いんですよねー。

成り立ち

 Pelleas und Melisande のような大きく、複雑な曲の作曲後、彼は作曲スタイルを変えることを決断しました。

彼の String Quartet No. 2  を始めとし、そのスタイルを変えます。その内容は彼が1909年に作曲家の Ferruccio Busoni に送った手紙をみてみましょう。

 

My goal: complete liberation from form and symbols, cohesion and logic. Away with motivic work! Away with harmony as the cement of my architecture! Harmony is expression and nothing more. Away with pathos! Away with 24 pound protracted scores! My music must be short. Lean! In two notes, not built, but “expressed”. And the result is, I hope, without stylized and sterilized drawn-out sentiment. That is not how man feels; it is impossible to feel only one emotion. Man has many feelings, thousands at a time, and these feelings add up no more than apples and pears add up. Each goes its own way. This multicoloured, polymorphic, illogical nature of our feelings, and their associations, a rush of blood, reactions in our senses, in our nerves; I must have this in my music. It should be an expression of feeling, as if really were the feeling, full of unconscious connections, not some perception of “conscious logic”. Now I have said it, and they may burn me.

 

翻訳すると、

私の目標: 構成、シンボル、繋がりや理論からの完全なる自由。モティーフによる作曲からの脱却!セメントのようなハーモニーからの脱却!ハーモニーは表現だ、それ以外ではない!パトスからの脱却!24ポンドもの長ったらしい楽譜からの脱却!

私の音楽は短くなくてはならないのだ。

 

もう、このときのSchönbergは破壊したかったんでしょうね。うおー!!何百年も同じようなことやりやがって!ってかんじで。

もうこのときには、音楽史的に調性の崩壊が始まっていますが、まだ調性を保っています。

 

学べ!2つの音符を組みたてずに表現する。

そしてその結果は、、願わくば、様式化されておらず、殺菌消毒もされておらず、そして感情的でもない。

それを人はどのように感じるか、人は1つの感情だけを感じるのは不可能だ、人は千の感情をその瞬間に持っている。それらの感情は互いにつじつまが合わない。各々が各々に動いている。この多種多様な非合理性が我々の感情だ。それらが、血の中を駆け巡り、我々の感覚や神経は反応する。

私はそれらを私の音楽の中に持たなくてはならないんだ!

それは感情の表現、本当にその時感じている感情の表現、完全なる無意識との結合だ。理解や認識による”意識的な論理”ではない。

私は今そう語った、それは、私を燃やすだろう。

 

僕なりに解釈すると、それまでの音楽は、モティーフ(短いメロディー)がありそれらを発展させて作っていくのが普通でした。

そのなかに和声があり、メジャーで明るかったり、マイナーで暗いなんてさまざまに形を変え、音楽が紡がれていきます。

でもSchönbergは考えました。

 

俺たちの感情はもっと複雑だろ?俺はその複雑な感情を音楽にぶち込みたいんだ!もう堅苦しい理論や、構成にがんじがらめにされるのは嫌なんだよ!俺は俺の音楽を創るんだ!

 

勝手な想像ですが、こんなかんじだと思います。作曲家は、いや芸術家はいつの時代も反逆児です。

この10年後、12音技法により調性の呪縛から脱却しますが、その音楽はまた違った理論にがんじがらめにされていくのです。。。

深い音楽史。。自分で書いてて、楽しい。。。

 

曲の分析

I. Leichte zarte Achtel

 

II. Langsame Viertel

この曲の特徴は頻繁にでてくる3度のスタッカートの伴奏でしょう。この伴奏はシンコペーションしながら現れます。

僕の先生は、『ドイツにいる鳥で、こんな短く鳴く鳥がいるんだけど、姿みたことないのよね。どんな鳥なのかしら。シェーンベルクもドイツ人だから多分その鳥の鳴き声を書いたんじゃないかしら?』 なんて言ってました。

 

III. Sehr langsame Viertel

 

IV. Rasche, aber leichte Viertel

 

V. Etwas rasche Achtel

楽譜に書いてある zart, aber voll は 『柔らかく、しかし いっぱいに』 という意味です。

曲を通して鼻歌のようなメロディーが流れます。

7,8小節目の伴奏は、この曲集1曲目の4,5小節目のバリエーションで、

12-15小節の3度伴奏は、2曲目の伴奏を思い出させます。

こんな感じで前に使った、音楽の欠片をまた変化させ使用するのは、作曲において重要な手段です。

破壊したかった Schoenberg、しかしまだ、古典の作曲技法を用いて作曲しているわけですが、たまにすぎてほぼ気付かない位の使用頻度です。

 

VI. Sehr langsame Viertel

Sehr Langsam はドイツ語で凄くゆっくりという意味です。

静かな、澄んだ景色のような曲です。

ピアニッシモで曲が始まり、7小節目のピアノが最大の音になります。

主題の和音

最初の6音からなる和音がこの曲の主題と言える響きです。この和音は曲の中で4回登場します。そのたびに引き伸ばされていたり、短くなっていたりしていますね。綺麗な響きで大好きです。

5小節目に出てくる C-F-Bb の和音は最初の G-C-F の和音を5度上げた和音ですね。

最後の小節にでてくる wie ein Hauch は、息のように という意味です。

メロディー

3小節目から4小節目にかけて短いメロディーが出てきます。その後5-6にかけてもみじかなメロディーが現れてきます。

7小節目は今まであった和音が無い状態でメロディーのみが現れ、かつダイナミックも最大です。つまり聴かせどころでしょう。

mit sehr zartem Ausdruck というのは、非常に柔らかな表現で という意味です。

静かな部屋で自分の息、体と対話しながら弾いたらいいな、と思います。

 

まとめ

ということで、まとめてみましたが、書いていて面白かったですね。現代音楽っていいな。作曲家っていいな。と改めて思いました。

ではみなさん良い音楽ライフを♪


映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』