SP‐404 SX でヒップホップビートを作ろう


 

SP-404を買ったけど使い方が良く分からない。。

どうやってヒップホップビート作ったらいいの?

 

ということで、動画を作ってみました。

 

サンプリング

 

レコードからサンプリング、もしくは音質の良いドラムブレーク集CDなどからSP-404に取り込む。

 

 

テンポを落とす

 

TEMPO/BPM を使ってテンポを落とします。別に落とさなくてもいいのですが、元のテンポが速すぎたので落としました。

SP404の場合、曲のピッチ(音程)を変えずにテンポだけ落とせます。

ピッチを変えたい場合は、『MFX』の21番のエフェクターで変えられます。

 

 

MPC2000などでテンポを落とす

 

実は、このトラックはMPC2000でテンポを落としています。

聴けば分かると思いますが、元のドラムパターンと聞き比べると、音程が下がってるのが分かると思います。

MPCでは、ピッチをそのままでテンポを落とすことは出来ません。これにより、音程が下がり Lo-fi な感じがもっと出るんですが。。

ビートの製作途中に動画の制作を思いついたので、途中からはそのMPCでテンポを落としたトラックになっています。

ただ、これは結果そうなってしまっただけなので、SP-404でもピッチを落としたり、コンプをかけたりすれば、独特の Lo-fiサウンドが出来ます。

その動画はまた後ほど。

 

ループさせる

 

単純にSP-404の中でループさせます。

 

 

エフェクターを使って遊ぶ

 

SP-404のエフェクターは相当やばいです。いじり倒しましょう。

あっ、このエフェクターどっかで聴いたことあるぞって言うのが沢山出てきますよ。

 

 

上音を録音

 

ドラムだけだと芸が無いので、上音を入れましょう。使っている機材は 名機 micro korg です。

安いし、音も良いので、もしシンセ持ってなかったらおすすめです。

僕が microkorg をすすめる6つの理由

初心者におすすめの最初で最強のシンセサイザー!!

 

この時の音色の扱い、音程で曲の雰囲気が決定します。ヒップホップビートなのでシンプルが良いです。

動画のビートは、銀河鉄道を想像しながらつくりました。荒々しく進む銀河鉄道 🙂 

 

 

音質を調整

 

高音がシャカシャカうるさかったので、CUBASEのEQで高音をおさえました。

それから、ところどころDelay/ ディレイ をいれました。

上音には Reverb/ リバーブもかけています。

 

 

完成

 

#3 が完成したビートです。あまりヒップホップビートっぽくないですね 笑

他のビートも SP-404 で制作してるので、聴いてみてください。

 

 

これらはMPC2000 で制作してます。

ビートメイカーにうってつけ『SP-404』

 

ビートメーキングのサンプラーといったら。MPCシリーズか、この SP-404 だと思います。

僕は両方持っています 笑

MPCシリーズは液晶が付いていて、視覚的にビートを見れますが、SP-404 は音で聴くだけです。

僕は、これが逆に創造的だと思うんですよね。野生的な音作りが出来ます。

エフェクター類も充実してるので、ビートを作りたかったら100%おすすめします 😀 

 

サウンドハウスでみる

 

サウンドハウスでみる

amazonでみる

楽天でみる

 


良かったら、お願いします!

記事を書いている僕についてはこちら。 僕について

アーティスト支援サイト PATREON  僕のページ

映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』