初心者におすすめの最初で最強のシンセサイザー!!


 

エレクトロニックミュージック(電気音楽)をはじめるのに、シンセが欲しい。

でも、大量にあってどれがいいか分からない。

そんなシンセ初心者の方に、僕のおすすめする機材を紹介します。


1. microKORG

ミニ鍵盤37鍵の小さなボディにMS2000と同様のシンセ・エンジンを搭載。厚みのあるサウンドが制作可能。小型コンデンサーマイク付属でボコーダーとしても多彩で個性的なサウンドを演出。

 

microKORGは2002年10月に発表されました。それから売れ続けている大ヒット商品です。

 

アナログモデリングシンセサイザー

microKORGは アナログモデリングシンセサイザー です。要はアナログのシンセサイザーの音をデジタルで再現したものなんですね。

せっかく買うならアナログでしょ。音もいいし、と思うかもしれませんが、microKORGの音は本当にいい音します。アナログの温かい音ですね。

友人のスタジオに行った際に JUNO-6 があったので音色聞き比べしましたが、全く劣っていないです。むしろmicroKORGのほうが良くない?と思いました。

 

良くない所

良くない所をあげるとすると、デジタルシンセなので操作が特別です。

下の写真を見ると分かりますが、microkorgはつまみが圧倒的に少ないです。

アナログシンセだと沢山ノブがあってそれを動かしながら音を変化させますが、microkorg だとまず真ん中のでっかいノブを回して切り替えて、そんで、このノブを回すとLFOが。。。とか結構ややこしいんです。

アナログシンセ

ミニ鍵盤37鍵の小さなボディにMS2000と同様のシンセ・エンジンを搭載。厚みのあるサウンドが制作可能。小型コンデンサーマイク付属でボコーダーとしても多彩で個性的なサウンドを演出。

 

 

 

しかし、遊びながらmicrokorgを学ぶ楽しい方法を見つけたので安心してください 😀 

microkorg の実際の使い方 音作りなど

 

使用感など

使用感、使い方例などは↓↓↓↓

 

僕が microkorg をすすめる6つの理由

microkorg の実際の使い方 音作りなど

に書いてあります。伊達に売れてるわけではない素晴らしい機材です。

 

もし新品の購入予定があったらこのサイトのリンクから買っていただけると至極幸いです 🙂 

サウンドハウス

amazon

 


2. Korg miniloguemonologue

 

またもやコルグですが、このシンセも素晴らしいです。

Aphex Twin も monologueを使って作った曲を出しています。うーんかっこいい。

 

こちらはMinilogue っていう名前のバンドです。

このバンドが名前の由来だって友達が言ってましたが、本当かどうかは分かりません 😉 

動画内でも Minilogue 使ってないし。しかし、凄い機材ですね。

 

ポリフォニック か モノフォニック か。。。

minilogue のほかに monologue というのもあり、こちらはminilogueと違いモノフォニック(和音が弾けない)です。

じゃあ、モノフォニックよりポリフォニックのほうがいいじゃんと思うかもしれませんが、モノのほうが音が太いんですね。あちらを立てればこちらが立たず。。

 

アナログなのにセーブできる

プログラムもセーブできます。これは非常にありがたいです。

 

しっかり基礎を学べる

最初に microKORG を紹介しましたが、ノブの数を見てわかるように microKORG の方は断然少ないです。

というのは、microKORG はデジタルなので設定を切り替えながら(VCO とか LFOとか)操作していくんですね。つまりちょっと操作方法が特別なんです。最初は何が VCO で何が AMP EG なんていうのが良く分からないと思うので、何をするとこういう音になるというのが想像しづらいです。

それに比べ minilogue / monologue は全てにノブが付いてるので直感的に遊びながらシンセを学ぶのに最適なんです。

最強! 😀 

もし新品の購入予定があったらこのサイトのリンクから買っていただけると至極幸いです 🙂 

 

KORG ( コルグ ) / minilogue

 

KORG ( コルグ ) / MONOLOGUE

 

どちらも最初の一台として断然おすすめします!

では、良い音楽ライフを♪


映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。