音楽の本の紹介

音楽について

ブーレーズ 現代音楽を考える 序章 自由ってなんだ?

こんにちわ、作曲家の酒井良晃 Yoshiaki Sakai @light_organ です。 ここでは ブーレーズ著 現代音楽を考える を読んだ感想を書いていこうと思います。 この本は、ダルムシュタット国際現代音楽夏期講...
音楽の本の紹介

めちゃくちゃ分かりやすい『DAWではじめる自宅マスタリング』をレビュー!

江夏 正晃 さん著の本です。 始めてマスタリング、2MIXをする方に特におすすめです B5程度の大きめの本で、カラーの図解があり分かりやすいです。 文字だらけで文章もつまらない本などありますが、この本は図解しながら、要点を分かりやすく書いています。 実際に聴きながら学習 参考音源がネットでダウンロード出来、それを聴き、読み学習していく形です。 2MIXは、-20~-15dB で仕上げようなど、具体的な数字が書かれていて非常に分かりやすいです。 また、参考曲例などを挙げてくれているのでそれも色々聴けてうれしいです。
音楽の本の紹介

音、沈黙と測りあえるほどに

武満 徹 著の本です。 この本は知る人ぞ知る本で、まず文章のもつ素晴らしさに感嘆とします。 いくつかの文章は詩的に、そして西洋音楽的な構成をもって書かれていて、挿絵のように入る図形楽譜の芸術性にも目を見張ります。 もし、武満さんの音楽が好きで、まだこの本を読んでいなかったら是非読んでみてください。
音楽の本の紹介

ためになった作曲の本をおすすめ!

ここでは僕が読んで参考になった本を紹介します。作曲の本は沢山でていてどれもためになる本ですが、なににせよ最も重要な点は実際に作曲することです。8小節の短いもので良いので、実際に使ってしっかり理解しましょう。
作曲の方法

天才作曲家バルトークの作曲技法を盗め!

実はこの曲集は、バルトークの作曲技法を研究するのにも適していて、最初の方の簡単な曲でも、しっかりとしたコンセプトがあり、一曲一曲読み解いていくと、非常に理論的で、バルトークの授業を聴いているような気になります。
音楽の本の紹介

音楽の不思議

 別宮貞雄氏の著書『音楽の不思議』の中でみつけた、面白い文章を一部紹介したいと思います。2017年の今となっては、50年前の本ですが、その当時は現代音楽が白熱していた時代で、スターがたくさんいました。当時の作曲界はすでに トータル・セリエリズム など物理法則や数学を使った作曲が盛んでした。その音楽に対して作曲家で、東大理学部卒でもある筆者が鋭くメスを入れています。
スポンサーリンク