ZOOM R16 !使った率直な感想!!


 

ZOOM R16

 

今回 Zoom R16 をライブ用に購入しました。

パソコンだとどうしても動作不安定、高価なのでライブで使いたくないのです。

今の時代、録音などは全てパソコンでやってしまうと思うんですが、マルチトラックレコーダー(略してMTR)が一台あると便利です、買ってよかったと思える機材でした。

その使ってみた感想などを書いていきます。


 

MTRって何?

MTRというのはその名の通り、数個の入力を同時に録音できる機材です。

ライブ録音などの場合は MTR が断然楽でストレスフリーで出来ます。

使い方は電源を入れて、各チャンネルに入力を挿して録音、演奏で終わりです。

 

ライブや練習時のミキサーに

なにより重宝しているのが、ライブの時にミキサーとして使う時です。

軽いし、薄いので持ち運びがほんとに便利。かつそのままレコーダーとして使えるのでそれもまた便利!

 

一発録りに

もちろん、パソコンでもオーディオインターフェースによって同時入力録音が出来ます。が、

僕が嫌なのは製作中のパソコンの動作不良です。

DTMなどの際は作りながら録音するのでいいのですが、

問題は一発録りの時です。

設定に時間がかかって、テンションも下がっていくとか、

録り終ったら途中で切れてたとか、起こるとやる気をなくしますよね。

MTRの構造はいたって単純なので、そんなストレスがありません。

録音した音源はUSBでパソコンに移せば編集など問題なくできます。

 

MTRの便利な使い方

★ たまにライブをやってみたりするんですが、その時のミキサーとして使う他、そのライブをそのまま録音してしまえるんです。

★ R16 をミキサーとして使っていれば、内蔵のエフェクターを通して出力できます。ZOOMはエフェクターのメーカーなのでいいですよ!

空間を満たすために、僕はリバーブなどをかけたり、場所によって音響機器が違うのでイコライザーなどで調整したりもしています。

ちなみに写真はベルリンのシュプレー川を渡る橋の上でやったライブの時のものです 笑

 

機能とその利点、注意点

 

オーディオインターフェースとして使える

 

単独のMTRとしてももちろん使えますが、オーディオインターフェースとしても使えます。

しかし注意して欲しいのは、オーディオインターフェースとして使った際にパソコンに取り込めるのはMONO2チャンネルだけです。

 

 

 

フィジカルコントローラーとしても使える

 

CUBASE、Logic、Sonarなどで、ソフト内のミキサーのフェーダーを R16 を使って動かせます。

MIXするときに楽ですね。

 

 

 

入力8チャンネル

 

これだけあれば、僕がやったようにドラムマシンやシンセなどをつないで、

一気にライブ録音が可能です。

バンドであれば、ギター、ベースの他、ドラムキット全ての録音が簡単にできます。

 

 

 

エフェクトのかけ録りが出来る

 

エフェクターのメーカーとして有名なZOOMですが、そのエフェクターがたくさん入ってます。

 

 

凄く軽い

 

重さ 1.3Kg と軽く持ち運びが楽です。しかも薄い。

これ超重要。

 

 

 

電池で動く

 

単三電池6本で稼動します。

僕が使ったところでは、電池で3時間使っても大丈夫でした。

 

 

 

値段が安い

 

サウンドハウスで3万円程度です。

使い勝手を考えると、相当良い買い物だと思います。

 

 

 

ファンタム電源は、2チャンネルのみ

 

ZOOM R16で使用できるファンタム電源は、2チャンネルだけです。
コンデンサーマイクは2本までしか使えません。

上記機種のR24であれば8チャンネルにファンタム電源を送れます。

 

 

まとめ

 

結果として僕は買って満足の機材でした!

小さい、軽い、電池駆動!これが僕のニーズにぴったりでした。

一家に一台R16!

 

 

薄さわずか52mmのスリム&コンパクトボディに、マルチトラック・レコーダー、オーディオ・インターフェース、コントロール・サーフェスの3つの機能を統合。★ サウンドハウス

★ amazon

★ 楽天

 

 

 

 

 

上記機種 R24

 

R24になるとドラムマシンやサンプラーがついてます。

僕個人的には、ドラムマシンは楽器の練習時に役立つと思いますが、サンプラーはいらんだろ。と思います。

ZOOMは基本的に機能詰め込みすぎる癖があります 笑

MTRはミキサーとして使えて録音できれば十分です。

 

 

★ サウンドハウス

★ amazon

★ 楽天

 

 

 

 


よければ、お願いします!

記事を書いている僕についてはこちら。 僕について

アーティスト支援サイト PATREON  僕のページ

映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』