フレットレスベースで、フラットワウンド弦とナイロンテープワウンド弦を弾き比べてみた

スポンサーリンク

 

フレットレスベース フラットワウンド弦 ナイロンテープワウンド弦

エレキベースでアコースティックな音を出したい。

ジャズやモータウンに合う音が欲しい。

 

エレキベースは既にお気に入りの Moon のジャズベを持っていて、楽曲制作ではそれ一本で事足りるんですが、コントラバスの、あの何者にも代えがたい『アコースティックサウンド』が弾きたくて、なんとかならんかなと思っていて、ずっとフレットレスベースを探していました。そんな折に、見た目もかっこいい80年代ESPのフレットレスベースを発見!早速、試奏して、まあ、悪くなかったので中古で買いました!

なぜフレットレスベースを買ったかというと、フレットのあるベースより、アコースティックなサウンドが出るからです。

そして『フレットレスベースと、ナイロンワウンド弦の組み合わせ』に行き着きました。弦交換の際に今まで張っていたフレットワウンド弦と、ナイロンワウンド弦を引き比べてみました。まず、どんな音になったか聴いて見ましょう!

ただ、ナイロン弦のほうは、トーン全開だとノイズが出たので、絞ってあります。なので、ナイロン弦は高音が少なくこもった感じに聴こえますが、これはそのせいである。と思ってください。

Flat wound strings VS La Bella Nylon Tape wound strings

 

どうでしょうか?フレットワウンド弦も張りのあるいい音で好きです。ナイロンワウンド弦はちょっと粗めで、音の輪郭が若干ぼけてます。どちらがいいかは好みなんですが、実は色々違いがあるので、そこら辺を書いていこうと思います!

 

フレットレスベースで、フラットワウンド弦とナイロンテープワウンド弦を弾き比べてみた

スポンサーリンク

ナイロンテープワウンド弦って何?

ナイロン弦

エレキベースの弦の種類で『ラウンドワウンド弦』と、『フラットワウンド弦』があるのは知ってると思います。簡単に言うと、ラウンドワウンド弦はザラザラした普通に使われてる弦で、フラットワウンド弦はツルツルした弦です。

ナイロンテープワウンド弦というのは、弦の芯線にテープ(ナイロン)を巻きつけたもので、弦の色が黒かったり、白かったりします。普通にナイロン弦と言われたりもします。

 

ナイロンテープワウンド弦の音は、大人のアコースティックな音

ナイロンテープワウンド弦で弾くと、アコースティックな音になります。なので、ジャズやモータウンのような音楽に合います。ロックの中で弾くと、若者の中に一人ダンディーなベーシストが混じってるみたいになるかも知れないです。まあ、音なので先入観に囚われず弾いてみるのもいいと思います。何より弦が黒いのでかっこいいっていうのもあるし。

 

ナイロンテープワウンド弦は、フレットレスベースの指板を削らない

フレットレスベースでラウンドワウンド弦を使っていると、弦がザラザラしているので徐々に指板を削っていきます。これが、フラットワウンド弦やナイロン弦なら、表面がツルツルなのでその心配がありません。

 

ナイロンテープワウンド弦は、弦アースが出来ないので注意

パッシブベースだと、弦から手をはなすと、ジーって言うノイズが出ることがあります。ナイロンテープワウンド弦だと、ナイロン加工されているので、弦に触っても手がアースにならず、ノイズが消えないことがあります。アクティブベースであれば、弦でアースをとらなくても大丈夫なので、心配はないですが。

この解決方法は、ピックアップをEMGとかのアクティブにするとか、そこまでしなくても、要はブリッジとかと体が触れていればいい(アースが落ちる)ので、どこかの金属部分から、銅線かアルミとか引っ張ればいけますね。

僕の場合も、ノイズがのります。ということで、導電塗料を塗る、ポットの交換で対処しました。

ベースの電気系統を修理+改造してノイズを軽減!音も太く!
ベースの弦に触るとノイズが消えるけど、触らないとノイズがヒドイ。。。 弦に触ってもノイズが消えない。。。 ライブなどでは気にならないノイズも、録音してヘッドホンで聴くと結構でかいノイズが出ていて、気になることもあ...

 

ベース弦のゲージに注意しよう

ナイロン弦はテンションがだいぶ柔らかいです。一般的な太さの050 – 105だと、テンションがだいぶ柔らかく、 60-115 で結構太いですが、この太さで普通のベース弦のテンションです。

柔らかくても、馴れれば大丈夫ですが、激しく弾きたい人は太めの方が違和感ないかな。

 

コントラバス、でか過ぎるんよ。。。

余談ですが、僕は、実はコントラバスを5年程弾いていた経験があるのです。コントラバス。良い音なんですが、でか過ぎて、持ち運び大変すぎるので辞めてしまいました。ちなみに知らない人のために写真のっけておくと、このくらいデカイです。

コントラバス

そう。身長よりデカイんですよ。想像してみて下さい。これを背負って歩き続ける人生を。。。笑
僕がベース一本で生きているベーシストであれば、それもまたいいですが、そういうわけではないので、エレキベースの軽さが。。。でも、コントラバスのあの音を。。。更にいえば、他の人と違うサウンドを。。。

 

フレットレスベースが欲しい方のために、購入の前の注意点を書きました。参考になれば。

フレットレスベースのメリット、デメリット、初心者が買う前に注意すること
人と変わったベースを弾きたい。。。フレットレスベースいいかも。。 ジャコ・パストリアスのようにベースを弾きたい。。。 フレットレスベースって難しいっていうけど、初心者が始めても大丈夫かな? フレットレスベー...

 

小さい楽器で本物のコントラバスのような音を出せる楽器

小さい本体で、本物のコントラバスのような音を出せる楽器『Gold Tone MicroBass』
コントラバス、音かっこいいけど、でか過ぎんだよ! コントラバス、音かっこいいけど、値段高過ぎんだよ! コントラバスを担ぐ人生に疲れ果てた。。。 そんなことを思っている方に吉報です!ギターサイズでコントラバス...

 

フラットワウンド弦と、ナイロンテープワウンド弦の違い

さて、話を戻します。フラットワウンド弦と、ナイロンテープワウンド弦のサウンドは大分似ています。ただ、弾き心地は全然違います。

 

フラットワウンド弦はテンションがきつい。

フラットワウンド弦はテンションが大分きついです。これは、ネックの弱いベースだとドンドン反ってきます。僕が昔持っていた、フェンダー77年のプレベは、日に日に反ってくるので、結局外しました。

それに比べ、ナイロンテープワウンド弦は大分柔らかいので、その心配はないです。

 

フラットワウンド弦は弦アースがとれる

前にも書きましたが、ナイロンテープワウンド弦だと、ナイロン加工されているので、弦に触っても手がアースにならず、ノイズが消えないことがあります。フラットワウンド弦は鉄製なので、触ればノイズは消えます。

これに関しては、ブリッジとかに触ればノイズは消えるので、アルミのテープかなにかで、なんとか自分の体と触れさせれば、ノイズは消えます。楽器の裏を這わせれば、見えないし。

 

ナイロンワウンド弦で選ぶならこの4種類!

色々考慮して、僕が使った感じではナイロンワウンド弦はやっぱりいい音で、僕が欲しかった音です。是非お試しあれ!

4つの有名メーカーがナイロンワウンド弦を販売しています。それでは紹介していきますね。

ちなみに、ナイロンワウンド弦だと、テンションが一般の弦に比べ低くなります。なのでゲージが太くしりします。

 

FENDER ( フェンダー ) / 9120 Nylon Tapewound Bass Strings

1番お手ごろな価格なのがフェンダーの弦です。

フェンダーの製品なので、悪いことはないでしょうから、とりあえず試しに使うのに良いかもしれないです。

La Bella ( ラベラ ) / 760N Black Nylon Tape 60-115

これは僕も使用している弦です。amazon の評価でも5つ星ですが、本当にいいですよ!

ゲージは、一般的な太さの050 – 105だと、テンションがだいぶ柔らかいです。僕の使っているのは 60-115 で結構太いですが、この太さで普通のベース弦のテンションです。

 

D’Addario ダダリオ ブラックナイロンワウンド 

 

ROTOSOUND ( ロトサウンド ) / RS88LD

 

String Comparison: RotoSound Tru Bass & D'Addario Nylon Tapewound

 

まとめ

フラットワウンド弦と、ナイロンテープワウンド弦。どちらもサウンドは似ていて、僕の欲しかったものでした。ただ弾き心地と見た目 笑 の点で、ナイロンテープワウンド弦にしました。

でも、フラットワウンド弦の音もいいなあ。と思ってるので、後々戻すかも。