フレットレスベースのメリット、デメリット、初心者が買う前に注意すること

スポンサーリンク

ESP フレットレスベース

人と変わったベースを弾きたい。。。フレットレスベースいいかも。。

ジャコ・パストリアスのようにベースを弾きたい。。。

フレットレスベースって難しいっていうけど、初心者が始めても大丈夫かな?

 

フレットレスベースってかっこいいですよね。かっこいいけど、普通のフレット付きのベースに比べると難易度は格段に上がります。ここでは、フレットレスベースのメリット、デメリット。購入する前に注意して欲しいことなどを書いていきます。

とりあえず、フレットレスベースへのテンションを上げるためにジャコの動画を見ておきますか。

Jaco Pastorius Solo

 

フレットレスベースのメリット、デメリット、初心者が買う前に注意すること

スポンサーリンク

ベース初心者がフレットレスベースを買ってもいいか?

もちろん最初のベースからフレットレスベースでも良いです!でも、フレットが無いので、音程を自分でとらなくてはいけず、最初に地道な練習が必要になります。なので、楽器初心者であれば、バンドなどで弾けるようになるまでに、時間がかかります。フレットレスベース弾いてるけど、音程がメチャクチャだと、かっこ悪いですからね。

ロックバンドでベースを弾くなら、ベースの役割上、正直フレットレスにする意味もないので、フレット付きの方がいいと思います。ただ、将来個性的なベースを弾きたいんだ!という目標があるなら、良いと思います。

 

それでもフレットレスベースは、クラシックの弦楽器に比べれば断然楽!

バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスなどのクラシックの楽器では、フレットがついていません。これらの楽器は音程を取るのが至難の業で、ちゃんと音楽を演奏できるまでに相当な練習量が必要になります。しかも、弓で弾くのでそのテクニックも必要になります。

フレットレスベースに関しては、音程をとる難しさは同じですが、弓で弾くわけではないので大分楽です。

そのように、ちゃんとした音程で弾くまでに練習が必要な楽器なんだ。という認識があって、それが、逆に特別で良い!っていう感じならば、初心者でも全然初めてもいいと思います。

バンドで弾けるようになるまでに時間かかると言っても、ちゃんと意味のある練習をすれば、バンドのベースパートであれば、半年で弾けます。

 

ただ、問題点としては、クラシックの楽器では長い歴史の中で、練習方法が確立していて、先生も沢山いますが、フレットレスベースには、演奏方法が確立していません。闇雲に練習しても全然上手くならないです。

と言うことで、フレットレスベースの練習方法を徐々に書いていこうと思ってます。が、更新中ですので、気長にお待ちいただければ。。。

404 NOT FOUND | 人人振動

 

ネックにフレットラインのあるものが良いか、ないものか?

ジャコ・パストリアス

次に、ネックにフレットラインがあった方がいいのか、無いほうがいいのか議論です。

最初に紹介した動画のジャコ・パストリアスのベースは、上の写真を見てもわかるようにフレットのラインがありますが、フレットレスです。自分でフレットを外して、開いた溝をパテ埋めし、フレットレスに改造したので、そのラインが見えるんです。あっ、でも上の写真はフレット有りのネックかも。。。

 

フレットラインは無くてもオーケー

上でも書きましたが、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスなどのクラシックの楽器では、フレットがついていません。なので、ちゃんと理にかなった練習をすれば、フレットラインは無くても全然問題ないです。ただ、クラシックの楽器を練習するような地道な練習が待ってます。

 

フレットラインのあるものだと、目に頼りがちになる

逆にフレットラインのあるものだと、ラインがあるのでその上を押さえれば、弾きたい音程で弾けます。でも、それだと常に指板を見続けなければいけません。

変な話なんですが、フレットラインが無いと耳に頼って弾くので、いちいち指板を見なくても弾けるようになりますが、フレットラインのあるものだと、視覚で音をとるので、最初は音程を出すのは楽ですが、いつまで経っても見ながらじゃないと弾けない。ということもあります。

これは、TAB譜で練習した人が、何年経っても楽譜が読めないどころか、音名も分からない現象と、若干似ているような、似ていないような。。。

 

結局フレットラインのある、なし、どっちが良いのか?

で、結局どっちが良いのかというと、うーーーーん。。。

フレットラインがあった方が初心者には、音程感覚の目安がつくというメリットがあるので、あった方がいいかなあ。。。うーーーん。。。

フレットラインなしと言っても、ネックの脇に白いマークがあるので、完全にわからないわけではないんですよ。なので、フレットラインなしでもいいと思うけど、うまくなる前に飽きちゃうんじゃないかという心配も。。。

もしくは、音程確認のために、もう1台安いフレット付きベースを買って、たまにそっちで弾くのもいいと思います。いずれにせよ、フレットラインなしは難易度が格段に上がりますが、ちゃんと練習すれば弾ける楽器なので、やる気次第!ということで!

 

フレットレスベースのメリット、デメリット

フレットレスベースのメリット、デメリットを書いていきます。

 

フレットレスベースのメリット

フレットレスベースで練習すると、音感がよくなる

フレットレスベースはフレットが無いので、自分の耳で音程をとります。これが難しさの原因ですが、逆にそれが、あなたの聴感を向上させます。

フレット付きだと、フレット押さえればその音が出ますが、フレットレスは常に合ってる音か注意を払うので、音感が向上するんです。バイオリン奏者などの音程感覚が凄いのは、音程の不安定な楽器で練習しているからです。

 

歌うようなベースが弾ける

フレットがあると音程が固定されてしまいますが、フレットレスだと自由自在。ベースで美しいメロディーが弾けます。

Melodic Fretless Bass Solo – 'Dawn'

 

フレットレスベースのデメリット

デメリットは、

・弾けるようになるまでのハードルが高い

・指板がダメージを負うので、スラップに向いていない(弾けるけど、指板が気になる。。。)

 

フレットレスベースに合う弦、ナイロンテープワウンド弦の紹介

フレットレスベースにナイロン弦を張ると、アコースティックなダンディーなサウンドになります。

僕も張ってみたので、興味があれば読んでみて下さい。

フレットレスベースで、フラットワウンド弦とナイロンテープワウンド弦を弾き比べてみた
エレキベースでアコースティックな音を出したい。 ジャズやモータウンに合う音が欲しい。 エレキベースは既にお気に入りの Moon のジャズベを持っていて、楽曲制作ではそれ一本で事足りるんですが、コントラバス...

 

さらに、小柄なボディーで、コントラバス(ウッドベース)のような深い音の出せる楽器も紹介しています。

小さい本体で、本物のコントラバスのような音を出せる楽器『Gold Tone MicroBass』
コントラバス、音かっこいいけど、でか過ぎんだよ! コントラバス、音かっこいいけど、値段高過ぎんだよ! コントラバスを担ぐ人生に疲れ果てた。。。 そんなことを思っている方に吉報です!ギターサイズでコントラバス...

 

まとめ

ということで、結果としては!

初心者がフレットレスベースを買ってもいいけど、最初のハードル高いよ!

でも、ちゃんと練習すれば弾けるようになるから、安心して!

初心者だったら、出来れば安いものでも、フレット付きのベースを1台持ってるとポジション確認なんかで楽!

という結論に至りました。