ベースの練習用にヘッドホンアンプをおすすめしたい!

スポンサーリンク

VOX amPlug 2 おすすめ

部屋でベースアンプを使って大きな音を出せない。。。

外でベースが弾きたい。。。

 

と言う方も多いはず。僕もその一人で、今回前から気になっていたヘッドホンアンプ『VOX amPlug 2』を買ってみたわけですが、最高だったので、何がどう最高なのか書いていこうと思います!

というか、動画作ったので実際に音を聴いてみましょう!この動画は、VOX amPlug 2から直にオーディオインターフェースに繋いで録音してます。

VOX amPlug 2 review!

 

ベースの練習用にヘッドホンアンプをおすすめしたい!

スポンサーリンク

ベースの練習用にヘッドホンアンプを使う利点

周りに気にせずベースが弾ける。そして、どこでも練習出来る。。。

これは、当然なのですが、僕が今回買って良かった!と思った理由は、

音がクリアーに聴こえる!

からです。というのも、アンプで弾いていると細かな音が聴こえないのですが、ヘッドホンだと細かなニュアンスまで聴こえます。特にスラップの練習に最適です。

え?俺こんなに荒い演奏してたのってなりますよ。

 

VOX(ヴォックス) ヘッドフォン ベースアンプ の機能

動画で説明してるので分かると思いますが、一応書いておくと、

  1. リズムパターン3×3の9パターンで、どれも音が良いです。
  2. トーン。高音域を切ったり出来ます。
  3. ゲイン。入力の値を調整できます。歪めたりも出来ます。
  4. AUX入力で音源を再生できる。

4番目の、AUX入力で音源を再生できる。についてですが、なんでかなー、動画に入れ忘れました。この機能は、メトロノームやスマホとミニジャックで接続でき、その音源を聴くことが出来ます。なので、iphone のリズムアプリなどの音を聴きながら練習出来るんです!

 

ホワイトノイズが出る

音は最高なんですが、ホワイトノイズが出ます。僕の場合、モニターヘッドホンを使ってるので、特によく聞こえるのですが、普通のヘッドホンならそんなに気にならないかな?とも思います。練習してれば耳が馴れてきて、気にならなくなりますが。

どうしてもいやなら、TONEを絞ればベースの高域も消えますが、ホワイトノイズも消えます。

 

ベース用ヘッドホンアンプなら、この2点!

どちらも、形もコンセプトも同じなので、デザインが好きな方でいいと思います。ちなみに僕が持っているのは、VOX amPlug 2です。

 

Victor Wooten も、おすすめするVOX amPlug 2

僕も使っていますが、本当に音いいです!

宣伝のためっていうのもあると思いますが、Victor Wootenも、おすすめしています。Victor Wootenのノリもアツいので、多分本気ですすめてると思います。これは本当にいいですよ!

Bass legend Victor Wooten talks VOX AmPlug

 

 

ほぼ同じ値段の Blackstar ヘッドフォン ベースアンプ

Blackstar ヘッドフォン ベースアンプ

大きさも機能も同じです。どちらを買っても失敗はないです。もう悩んだら、阿弥陀くじで決めたらいいくらい、どちらも良いです。