スタジオ、使用機材

Y-Bit Music Studio

 

Y-Bit Music スタジオ紹介

どーも!今回は Y-Bit Music のスタジオを紹介します。

エンジニアさんのスタジオのように広いスタジオにでかいスピーカーがあるわけではありませんが、小さくともしっかりとした音が作れるように機材には気をつけています。

拠点

ベルリンを拠点にした、音楽製作所です。

twitter:@light_organ

Composer/ Yoshiaki Sakai
Music composer& arranger - Yoshiaki Sakai作編曲家 - 酒井 良晃

 

スタジオ、使用機材

曲によって、アナログの機材を使用し製作しますので、パソコンのみで製作したものでは出せない音を提供します。

 

ドラムマシン

Volca Kick – キック専用のドラムマシンです。Decayを伸ばせばベースとしても使えます。

ヒップホップビート、テクノ、ハウスの図太いキックの作り方
Electronic music で重要な要素である 『Kick』、ヒップホップビートやテクノ、ハウスに至っては最重要課題かもしれません。 曲作ったんだけど、キックがパスパスいってて悲しい。。 リファレンスの曲み...

 

Volca Beats – ちっちゃなドラムマシンですが、音がよろしく、大好きです。

Electribe– 隠れ名機と思ってます。

 

ベース

Moon Jazzbass – 素敵なジャズベース。

 

シンセサイザー

microkorg

mini logue

Volca FM

このシンセは非常に使えます、こちらについては記事を書いています。

ちなみに、microkorg はデジタル(モデリング)シンセで、mini logue はアナログシンセです。

初心者におすすめの最初で最強のシンセサイザー!!
エレクトロニックミュージック(電気音楽)をはじめるのに、シンセが欲しい。 でも、大量にあってどれがいいか分からない。。。 そんなシンセ初心者の方に、僕のおすすめする機材を紹介します。 シンセサイザーなんも分...
microkorg の実際の使い方 音作りなど
microkorg を買ったけど良く使い方が分らない プリセットで演奏するばっか などあると思います。ここでは音の作り方など、実際の使い方を説明していきたいと思います。 microkorg の実際の使い...

 

サンプラー

MPC2000 – オールドスタイルのサンプリングによるヒップホップトラック製作では、MPC2000を使っています。

MPC2000を使ってサンプリングで作る ヒップホップトラック、ビート、ブレークビーツ
Hip Hop!! ゴチャゴチャ言わずに、言葉とリズムで作り出すアート、原始的で好きです。 後ろで流れるトラック、ビートは曲の世界観を作り出す非常に重要な部分です。 作り方は自由ですが、ここでは一つの有名な作り方に...

 

S6000 – これも古いサンプラーです。USBポートを足せばパソコンに接続できます。

エフェクターなど機能が充実しているので、独特のサウンドを得ることができます。

 

SP-404

SP‐404 SX でヒップホップビートを作ろう
SP-404でビートを作る SP-404を買ったけど使い方が良く分からない。。どうやってヒップホップビート作ったらいいの? 色々な作り方を紹介しているビデオを紹介します。 この記事ではサンプリングのテクニックなどを...

 

DAWソフト

Cubase – もう長く使ってるので、他のソフトを使う気になれない。。

Max/MSP – 主に自分の電子音楽の制作時に使用します。

 

カセットレコーダー

YAMAHA MT-50

 

モニター

YAMAHA HS5 – 非常に良いモニターです。

BEHRINGER B 1030A – 聴き比べに使いますが、モニタースピーカーなのに低音が出すぎます。

モニターとしてはあまり信用なりませんが、クラブミュージックを聴くスピーカーとしては良いです。

モニターについてはこちらに書いてあります。

音楽制作で最初に必要なのはモニタースピーカーだ!おすすめのモニタースピーカー、ヘッドホン
モニター環境とは、音楽制作の際のスピーカーやその配置などのことです。 スピーカーを置く場所や、種類によって低音が強調されたりするものがあるので、まずここがしっかりしていないと良いミックスは出来ません。 いや、ミックス以前に今自分が出している音が良い音かどうかも分かりません。 常にサングラスか色眼鏡をしながら世界を見ているようなものです。 写真のようなスタジオを持つのは個人では難しいですが、最低限モニター用のスピーカーとヘッドホンは準備しましょう。 自分の部屋がスタジオの方におすすめする、スピーカー、ヘッドホンを紹介します。

楽器の演奏

僕自身、ピアノ、ベース、チェロなどを演奏しますので、機械的な打ち込みとは違った人間的な表現ができます。

 

手掛ける音楽

個人の活動では現代音楽の作曲が一番の関心ごとですが、

ポップス、ゲーム、映画、Hip-Hop Beats, Youtube用の音楽も手がけています。

ご希望のスタイルの音楽制作も承ります。

 

好きな音楽

こちらでおすすめの音楽を紹介しています。

音楽、作曲家の紹介
「音楽、作曲家の紹介」の記事一覧です。

 

気軽に連絡してね

ということで、作曲、編曲の依頼,感想などお気軽に連絡ください。