教会音楽の構成をみてみよう ~Barform~

 

形式で最古に近いといわれている形式 Barform (バール形式)

こんにちわ、みなさん作曲していますか?

今回は、ヨーロッパ音楽の1つの形式で最古に近いといわれている形式 Barform (バール形式)を説明します。


Barform

これは、ヨーロッパの教会音楽などにみられる構成です。Wikipedia を見ると、

中世ヨーロッパ吟遊詩人の歌唱に起源がみられ、音楽に形式を求める上で記録が残っている中では最古に近いもの。

とあります。

吟遊詩人というフレーズを聴くと、ちょっとテンションがあがるのは僕だけではないはずです 😉

構成は A-A-B となっています。

 

最初の A

単体の A のことを Stollen(シュトーレン) と呼び、これを二回繰り返します。これをまとめて Aufgesang(アオフゲザング) と言います。

 

二回目の A

二回続く A は同じ長さで、また二回目の A は 主音 で終わります。

 

そして B

B が始まるわけですが、Abgesang (アップゲザング)と呼び、長さは大抵一つの Stollen よりも長いです。

この形式は古い教会音楽などでよく見られます。Wikipedia をみると、

中世ヨーロッパ吟遊詩人の歌唱に起源がみられ、音楽に形式を求める上で記録が残っている中では最古に近いもの。

とあります。

 

曲例

実際の曲例を聴いてみましょう。

 

 

下の動画、Richard Wagner 作曲の “Morgenlich leuchtend”; Die Meistersinger von Nürnberg は、

A-A’-B の構成です。動画では1分45秒まで最初の A(Stollen)が続きます。

 

いかがでしたか?

このように同じ形式でも短い長さのものから、長いものまであります。A が2分近く続くと気づくのも難しいですね。

是非この構成で作曲してみてください。

では、良い音楽ライフを♪