規則性で作られる音楽-セリエル音楽


 

現代音楽の作曲技法は様々です。

その中でも1950年代から流行った技法でセリエル音楽というものがあります。

セリエル音楽

Wikiにもあるように 音列主義 と呼ばれ、12音技法による作曲法をさらに拡大したもので、与えられた(コンセプトを元に作曲家が作った)表などを元に作曲していく技法です。

ロマンチックなメロディーなどは全く無く、『みんなが想像するTHE現代音楽』 という感じの音楽ですね。

 

 

僕個人としては聴いていて面白いけど、音楽が次々流れていってしまうので(繰り返しがない、もしくは、あるけど複雑すぎて気付けない。。。)、聴いていてちょっと疲れてきます。でも、音は原始的で、尖っていて、音の欠片を見ているようで楽しい。

このめちゃくちゃに聴こえる音楽はしっかりとした、配列により構成されています。

で、その内容を書こうかと思ったのですが、12音技法やセリエル音楽の基本的な考え方を分かりやすく、まとめていらっしゃるナイスなサイトがあるので紹介します。

 

[ 全面的セリ-主義音楽=トータル・セリエリスム ]

 

いやー、分かりやすかったですね。感謝です。人のふんどしで相撲をとる ような形になってしまいましたが、僕が書くより分かりやすいので。。。

なんか、すみません 😉 

 

ちなみに1971年発行の本で、作曲家の 別宮 貞雄 著 の本で 『音楽の不思議』 という本があります。

理論などを扱った本ではなく、作曲家が音楽を語るといった内容です。

この本の中でセリエル音楽や12音音楽について多く語っていて面白いです。良書!少しだけこの本について書いた記事があるので興味があれば。。。

別記事: 音楽の不思議

 

では、みなさん良い音楽ライフを♪


映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』