水木しげるに学ぶ。大丈夫!なんとかなるって!な話

スポンサーリンク

総員玉砕せよ!!

水木しげるさんは知ってますか?

ゲゲゲの鬼太郎の作者と言えばわかると思います(多分)。僕も水木しげるを知ったのが鬼太郎からで、子供のころ友達の家にあった分厚い漫画を読みながら、その独特な世界に引き込まれていたものでした。アニメになるとちょっと子供向けなんですが、漫画のほうはもっと人間的なんです。

それで最近、その水木さんが書いた総員玉砕せよ!という漫画を知り、読んでみました。水木さん自身の戦争体験(ラバウルという南の島の前線に派遣されていて、その時片腕も失くしている)や、前線で戦った兵士の当時の手記を資料をもとに漫画家したものです。

その話が、絵が素晴らしく、改めて水木しげるに興味が湧いて、自伝も読んでみました。これもまた面白い!ためになるというのもあるし、力の抜け方が最高です。

 

水木しげるに学ぶ。大丈夫!なんとかなるって!な話

スポンサーリンク

総員玉砕せよ! – 水木しげる

本を読めば分かりますが、水木さんは今で言う『相当な天然』です。ボーっとし過ぎてる(というか自分の世界が強い)から、学校にも行けないし、戦場では危うく精神病院に入れられそうになるし。

そんな水木さんが戦争で見た風景を漫画に書き出しています。ドロドロした感じはまったくなく、淡々と描いています。本当に狂った時代だったし、僕たちの生きている今がどれだけ裕福かも分かります。僕がここで書くようなことはないのですが、この漫画は絶対に読んで欲しい!

総員玉砕せよ!

 

水木しげる自伝 –ほんまにオレはアホやろか

この本は水木さんの自伝で、幼少期から戦争を経て、漫画家として成功するまでを書いています。

この本が本当に面白くて、普通に考えたら本当に悲惨な状況を面白おかしく書いています。片腕無くても、金も仕事も無くてもガムシャラに生き抜いた水木さん!

今は物質が豊かになってるけれど、逆に精神が貧しくなって自殺する時代。この本読んだら、大抵の事はくだらなく感じるんじゃないかな?この本も絶対読んでもらいたい!