伊福部昭さんの音楽の紹介


日本を代表する作曲家の一人である、故 伊福部昭さん。

独学で作曲を学び数々の名曲を作曲しました。また、あの有名なゴジラの曲の作曲家でもあります。

僕も所有していますが、著作の『管弦楽法』(この本はその名の通りオーケストレーションのための個々の楽器の特性を書いた本)の内容をみると、とんでもない知識量とそれに比例した努力をしてきた方なんだろうなと、想像できます。

暫定と書いてありますが伊福部さんの公式ホームページがあるのでのせておきます。

伊福部昭公式ホームページ

ではその音楽をいくつか紹介したいと思います。


ピアノ組曲

日本的な雰囲気をもったピアノ曲です。

 

こちらは弦楽に編曲した作品です。

 

シンフォニア・タプカーラ

Wikipediaのこの曲の解説に、

伊福部昭は少年期に交流したアイヌへの共感とノスタルジイが作曲の動機であると語る

とあります。圧倒的な熱量を含んだ曲で、一番好きな曲です。

3楽章まであるので是非通して聴いてみてください。

 

ゴジラ

有名なゴジラの曲も伊福部さんの作曲です。

 

有名どころだけ紹介しましたが、まだまだ沢山名曲があります。

色々聴いてみてください。

では、良い音楽ライフを♪


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』