アドリブのための楽器の音の場所を覚える5つの効果的な練習方法

スポンサーリンク

JAZZでソロを弾きたいと思ったら、弾きたい音を直ぐに出せることが必要です。

ここでは、楽器の音の場所を覚える効果的な練習法を紹介します!

この練習方法はギターやベースなどの弦楽器、管楽器に向いています。ピアノは比較的見やすいので、この悩みはすくないかと。

 

結構地味な練習法なので一日15分とか時間を決めて取り組むといいですよ。半年後、気づいたら全てのスケールが弾けるようになっています。

 

アドリブのための楽器の音の場所を覚える5つの効果的な練習方法

スポンサーリンク

Jazz の本の紹介

すでにJAZZの曲集は持っていると思いますが、もし持っていなかったら一冊持っておきましょう。

最初に少しでも音楽理論を勉強していないとJazzは練習できません。

また、JAZZは色々な捉え方があります。最初になんとなくでも勉強しておきましょう。

 

切り込み方の違う本を何冊か持っていて平行して読むと飽きずに長続きします。

結局は同じところに向かっているので、その時分からなくても後でつながります 😉

 

おすすめのJazzの本をこちらで紹介しています。

ためになったおすすめの作曲の本、音楽の本を紹介!
ためになった作曲、音楽の本をおすすめ! ここでは僕が読んで参考になった本を紹介します。 ポップス、クラシック、現代音楽などの作曲方法、民族音楽、DTMの音のミキシングの方法などです。 Pop music...

 

1.2.3(ドレミ)だけ弾く

とりあえず、メジャースケールで練習しましょう。それができたらマイナーは簡単です。

メトロノームを鳴らしながら、曲のコード進行に合わせて 1.2.3度だけ弾きます。

例えば、Fm のコードでも F だけみて F の 1.2.3度 F,G,A を弾いてください。

 

それが出来たら、メジャー、マイナーなどのコードにあわせて 1.2.3度 を弾きます。

マイナーはメジャーの3度が半音下がるだけです。

 

またメトロノームを鳴らすのは、自分の弾ける限界スピードを数値化するためです。

一日5分でも練習したら、テンポを書いておいて次の日に活かしましょう。

では練習です。

 

 

 

 

最初に C の1.2.3 → C D E

次に F の1.2.3→ F G A

Bb→ Bb C D

という感じでどんどん弾いていきます。

こうすることにより色々な調のスケールを効率よく学べます。

ただ単にスケールを弾くよりも頭を使うので、頭脳ゲームみたいで面白いですね。

 

3,4,5(ミファソ)を弾く

さっきの応用編で3度から弾いていきます。

このような感じで5度から弾いてみたり、6度から弾いてみたり、または下がって(3.2.1など)みたりします。

 

トライアドを弾く

今度はコード進行に合わせて、トライアドを弾いてみましょう。

トライアドとは3和音のことで C メジャーの3和音は C、E、G です。

Cマイナーは3度が半音下がるので C、Eb、G ですね。

 

 

この3つの音符の間に音が入ればスケールになります。

コード感をだす要の3和音は最重要な音です。これがぱっと弾ければ後はずいぶん楽になります。

頑張りましょう!

 

飛ばして弾く

次は、度数で飛ばして弾きます。

下はキーC の例です。

 

 

ドレミと考えてもいいですが、このようにし色々な調で弾いていきます。

5,2,4,7 と決めたらその並びで他の調も弾いていきましょう。

そうすると頭が整理しやすいです。

度数で考えると各々の度数の持つキャラクターが理解できてくるので、ミミコピなどにも役に立つし、楽器を使わずにメロディーを楽譜に書いたりできるようになります。

 

簡単なメロディーを移調して弾く

キラキラ星やチューリップなどの簡単な曲を色々な調で弾いてみます。

その曲のメロディーを移動ド(または度数)で覚えていれば弾けるはずです。

三個くらいのキーで弾けたらその曲は合格でしょう。

 

まとめ

最初は大変かもしれませんがゆっくりと練習しましょう。

もう一度みてみます。

 

  • 1,2,3(ドレミ)だけ弾く
  • 3,4,5(ミファソ)を弾く
  • トライアドを弾く
  • 飛ばして弾く
  • 簡単なメロディーを移調して弾く

 

では、良い音楽人生を♪