【2019年 洋楽ヒップホップ】25枚のおすすめアルバムを紹介

スポンサーリンク

2019年 洋楽ヒップホップ アルバム

 

ここでは2019年にリリースされた洋楽ヒップホップアルバムでおすすめのアルバムを紹介しています。

イギリス、アメリカですね。

みんな聴きたいだけだと思うので、ゴチャゴチャ書かずに簡単なアルバムの紹介だけ書いてます。

 

【2019年 洋楽ヒップホップ】25枚のおすすめアルバムを紹介

スポンサーリンク

1. Dave – Psychodrama

Dave はロンドンのラッパーです。2018年には Funky Friday (ft. Fredo) がヒットしました。

Dave – Funky Friday (ft. Fredo)


 

 

2. JPEGMAFIA – All My Heroes Are Cornballs

アメリカのラッパー JPEGMafia 3rdアルバムです。

ノイズとかパンクの要素とか、色々な入ったオリジナリティーに溢れたアルバム。


 

 

3. Rapsody – Eve

アメリカのラッパー Eve 3rdアルバムです。このアルバムの曲名は全部、影響力のある黒人女性の名前になっています。

一曲目の”Nina”は伝説のシンガー/ピアニスト Nina Simone の歌声をサンプリングしてますね。

他にも沢山有名な曲がサンプリングされてます。


 

 

4. Kano – Hoodies All Summer

Kano はイギリスのラッパーで、このアルバムが6枚目になります。


 

 

5. Little Simz – GREY Area

Little Simz はイギリスのラッパーで、このアルバムが3枚目になります。

2018年からシングルが出ていましたが、それらを含めてアルバムが完成しました。

  1. “Offence”
    Released: 17 September 2018
  2. “Boss”
    Released: 23 September 2018
  3. “101 FM”
    Released: 4 December 2018
  4. “Selfish”
    Released: 16 January 2019


 

スポンサーリンク

6. Tyler, the Creator – IGOR

Tyler, the Creator はアメリカのラッパーで、このアルバムが5枚目になります。

2017年から制作していたものが収録されています。

フィーチャリング ゲストで、 Playboi CartiLil Uzi VertSolangeKanye WestJerrod Carmichael という面々が名を連ねています。


 

 

7. Freddie Gibbs & Madlib – Bandana

Freddie Gibbs はアメリカのラッパーで、このアルバムは Madlib との2枚目のコラボアルバムになります。

Madlib は知ってると思うんですけど、ラッパーでプロデューサーで、色々やる大御所です。Madlib のトラックを1曲紹介。

Madvillain – All Caps

 

このアルバムではフィーチャリング ゲストで、Pusha TKiller MikeAnderson PaakYasiin Bey, Black Thoughtなどもいます。


 

 

8. Maxo Kream – Brandon Banks

Maxo Kream はアメリカのラッパーで、このアルバムが2枚目で、RCA Records からの初のメジャーアルバムになります。

プロデューサーは、


 

 

9. slowthai – Nothing Great About Britain

Slowthai はイギリスのラッパーでこのアルバムが初アルバムです。

タイトルを意訳すれば『イギリスに素晴らしい所なんてなんも無い』というイギリスを皮肉った内容。やっぱイギリス(アメリカもだけど)のアーティストは政治や、色々な問題への訴えが多いです。

これはラップに限らずロックなんかでもそうですね。日本はそこら辺のアーティストは極僅かで、いてもあんまり有名にはならない気がします。

slowthai – Nothing Great About Britain

 

 

10. Denzel Curry – ZUU

Denzel Curry はアメリカのラッパーで、このアルバムが4枚目になります。

前作 Ta13ooの続編のアルバムになります。


 

スポンサーリンク

11. Megan Thee Stallion – Fever

Megan Thee Stallion はアメリカのラッパーで、初のミックステープになります。


 

 

12. K.Flay – Solutions

これは、ちょっとポップかな?80年代っぽいサウンドですね。個人的にはトラップとかより好きです。

K.Flay – Sister (Solutions Trilogy – Part 3)


 

 

13. Lizzo – Cuz I Love You

Lizzo はアメリカのラッパーで、このアルバムが3枚目になります。

歌いだしから、ある意味激しいです。

Lizzo – Cuz I Love You (Official Video)


 

 

14. Danny Brown – uknowhatimsayin¿

Danny Brown はアメリカのラッパーで、このアルバムが5枚目になります。

このアルバムではフィーチャリング ゲストで、Run the JewelsObongjayarJPEGMafia 、Blood Orange などがいます。

Danny Brown – Best Life (Official Video)


 

 

15. Injury Reserve – Injury Reserve

Injury Reserve はアメリカです。

公式チャンネルからアルバムが通して聴けるのですが、聴いてる客を写すと言うシュールな作り。

Injury Reserve – Injury Reserve (Full Album)

 

スポンサーリンク

16. Moor Mother – Analog Fluids of Sonic Black Holes

 

17. Malibu Ken – Malibu Ken

Malibu Ken は Aesop Rock とTobacco 2人組みで、アメリカのラッパーです。

アルバムのジャケはこの顔。サウンドもオリジナリティがありますね。

Aesop Rock & TOBACCO are Malibu Ken (Full Album Stream)

 

 

18. YBN Cordae – The Lost Boy

YBN Cordae はアメリカのラッパーです。洒落たサウンド。

YBN Cordae – Bad Idea (feat. Chance The Rapper) [Official Video]


 

 

19. clipping. – There Existed an Addiction to Blood

Clipping はアメリカのラッパーです。ノイズとかグリッチサウンド、ミニマル感。


 

 

20. 2 Chainz – Rap or Go to the League

2 Chainz はアメリカのラッパーです。


 

スポンサーリンク

21. Quelle Chris – Guns

ジャケを見ただけでアメリカだろうな。と分かりますね。

サウンドは結構ゆるくて、西海岸っぽい。けど内容は銃乱射事件とかの話なんで、ゆるくないです。

Quelle Chris – "Guns" (Full Album Stream | 2019)

 

 

22. Giggs – BIG BAD…

MVがアホで好印象。イギリスのラッパーです。

"GIGGS – BIG BAD…" ALBUM [FULL] TRAILER


 

 

23. Stormzy – Heavy Is The Head

男!!って感じ。

STORMZY – AUDACITY (feat. HEADIE ONE)


 

 

24. Swindle – No More Normal

UKラッパーです。有名。

Swindle & Kojey Radical – Coming Home (Official Video)


 

 

25. Young Thug – So Much Fun

アメリカのラッパーでこれが初アルバム。

名前が Young Thugで、アルバム名がSo Much Fun。勢い。

Young Thug – Hop Off a Jet ft. Travis Scott [Official Audio]


 

 

まとめ

ということで長々と紹介しました。

自分はビートも作るんで、僭越ながらヒップホップトラックの作り方とかも書いてるんで良かったらどうぞ。

MPC2000を使ってサンプリングで作る ヒップホップトラック、ビート、ブレークビーツ
Hip Hop!! ゴチャゴチャ言わずに、言葉とリズムで作り出すアート、原始的で好きです。 後ろで流れるトラック、ビートは曲の世界観を作り出す非常に重要な部分です。 作り方は自由ですが、ここでは一つの有名な作り方に...