【現代音楽】エレクトロニックアコースティック音楽の紹介

スポンサーリンク

エレクトロニックアコースティック音楽の紹介

ここではMax/MSP などを使ったエレクトロニックアコースティック音楽を紹介します。

すごい量の曲があるし、日々作曲家が新曲を作っていますので、有名なものや、僕の好みのものを紹介しています。

近代(1900~)ピアノ音楽を紹介
近代(1900~)ピアノ音楽を紹介 こちらでは、美しい近代のピアノ曲を紹介します。 僕が多分1番好きな時代の音楽かもしれません。 更新は新しい徐々にやっています。たまに覗いてください。 現代音楽のピアノ曲はこ...
現代音楽のすすめ ~ピアノ編~
現代音楽のピアノ曲を紹介します。 更新は徐々にやっています。たまに覗いてください。 現代音楽のすすめ ~ピアノ編~ György Ligeti 僕の大好きな作曲家です。 Musi...
近現代音楽のすすめ ~室内楽編~
ここでは、1900年からの近代音楽の室内音楽を紹介しています。 更新は徐々にやっています。たまに覗いてください。 こちらもどうぞ。 近代音楽のすすめ ~室内楽編~ 弦楽合奏(ストリング...

エレクトロニックアコースティック音楽の紹介

スポンサーリンク

Pierre Boulez – Répons

圧倒的です。

1940年代後半から一貫して反復語法を忌み嫌っていた彼は、前衛の停滞以後の1970年代以降から急速に反復語法へ傾斜する形となり、等拍パルスやトリルなどを多用し固定された和声内での空間的な動きを特徴としてゆく。

更に4Xと名づけたハードウェアを導入し、空間的及び時間的な様々な位相を伴う別々の周期パルスを過剰に組み合わす様式へ展開した。この様式で書かれた代表的な作品が、IRCAMの電子音響技術を応用した6人のソリストと室内オーケストラとライヴ・エレクトロニクスのための『レポン』である。

Pierre Boulez, Répons – Ensemble intercontemporain – Matthias Pintscher

 

Luciano Berio – Différences

1958-1959年に作曲されたもので、フルート、クラリネット、ヴィオラ、チェロ、ハープ、そして磁気テープで演奏されます。

Différences (Berio)

 

Eric Wubbels – Katachi

この作品は個人的にツボです。

Eric Wubbels – Katachi Part 1 [w/ score]
Eric Wubbels – Katachi Part 2 [w/ score]

 

Xavier Madore – Les loges de la suite

この作品も好きです。音質が透明でいい。。。

この作品は Iannis Xenakis International Electronic Music Competitionで2位を受賞した作品です。

Les loges de la suite

 

Preludes for Piano Book 1 – Akihiko Matsumoto

Maxを使い始めたらおそらく絶対に聴いたことある名前。松本昭彦さんの作品です。

でも、この作品はピアノの音を素材として電子音響処理をしいるので、エレクトロニック・アコースティックではないかな?

このアルバムの概要は松本さんのサイトで見れます。

Preludes for Piano Book 1 by Akihiko Matsumoto
松本昭彦によるアルバム「ピアノ前奏曲集第1巻」 / Akihiko Matsumoto Preludes for Piano Book 1

 

北爪 裕道:ギターとライブエレクトロニクスのための《点描と影》

Hiromichi Kitazume : "Stipple & Shadow" for guitar and live electronics, Nataly Makovskaya, IRCAM

 

Damian Gorandi

 

 

つづく。。。たまに増えてます。