spotify や itunes に無料で音楽配信できる『Frekul』。有料の『Tunecore』その違い!!

音楽配信

音楽を作ったら、音楽の配信。

Soundcloudや、Bandcampにのせるのは簡単ですが、itunesやSpotifyにのせる場合、TunesCore などのサービス登録し、それからの配信になります。

TunesCore に登録すれば、itunes, spotify, amazon, AWAなどなどあらゆるところに配信され、登録料が、1アルバム年間5千円位。月額だと400円位です。

 

世界中に配信できて、この値段なら安い!

んだけど、『音楽マニアックなんだよね。。。』とかだと間違いなく赤字になります(といっても、月400円の赤字だけど)。

配信したい! でも赤字はやだ! と言う方は Frekul というサービスを使ってみましょう。

ここでは無料で音楽を配信できます。しかし、Tunecore  は有料なだけに優れている部分も沢山あります。ここでは、その違いを見てみましょう!

 

spotify や itunes に無料で音楽配信できる『Frekul』!!

Frekul (フリクル)で出来ること

Frekul

まずはフリクルのサービスを見てみましょう。その概要はこうです。

オリジナル曲を作って活動されているアーティストの「宣伝」「収益化」「事務作業」を
さまざまな機能を通してサポートして、より素敵で効率的な音楽活動を実現していただくためのWEBサービスです。

そしてこのようなことが出来ます。

 

音楽サービスへの配信

無料で、世界中のストリーミングサービスやダウンロードストアに曲を配信できます。

itunes, spotify とかですね。

 

音楽業界人にアピール

専用ページに曲とプロフィールをアップしておくだけで、提携先企業にアピールし続けることができます。

レーベルやレコード会社が音楽を聴いてくれます。

スマートオーディション | Frekul(フリクル)
ソニー・ミュージックアーティスツ、ヒップランドミュージックなどのレコード会社・音楽事務所とあなたがマッチングされます。バンド、シンガーソングライター、作曲家、トラックメイカーなど募集中。

 

全国のカラオケに配信

あなたの曲がカラオケJOYSOUNDに配信されて、全国のお店で歌うことができるようになります。

歌ものなら、カラオケでも配信できる。

Frekul(フリクル) - 音楽活動支援サービス
Frekulは、あなたの音楽活動をサポートする「バーチャル・プロダクション」です。世界中の音楽サービスに配信する、レコード会社や音楽事務所にアピールする、全国のカラオケに配信する、などの機能をご提供しています。

 

Tunecore と Frekul の違い

基本は同じサービスですが、両者の違いを簡単に説明すると。

 

Tunecore  

Tunecore

収益 楽曲の売上から配信ストアの手数料を除く、すべての収益をアーティストに還元します。

利用料 アルバム1枚で年間4,750円 (税抜き)

利用料
本サービス(1リリースあたり)の利用料 平成26年4月1日から (税抜き表記になりました) 配信期間 1年間 1,410円 (税抜き) 4,750円 (税抜き) 1,410円 (税抜き) 2年間 2,650円 (税抜き) 8,560円 (税抜き) 2,650円 (税抜き) 3年....

楽曲の詳細 これはレーベルやJANコード番号や発売日などを記載できる。

TuneCore Japan - あなたの音楽を世界に。
あなたの楽曲を iTunes, Apple Music, Spotify, Amazon など世界185ヵ国以上で簡単に販売・配信。権利はそのまま、収益は100%還元。 アーティスト・レーベルのための音楽配信流通サービス TuneCore(チューンコア)。

 

Frekul

Frekul

収益 配信ストアからバックされた金額の60%をアーティストに還元。

利用料 無料

楽曲の詳細 これはレーベルやJANコード番号や発売日などを記載出来ない。

 

まとめ

楽曲の詳細については、レーベルなどから出している場合は重要になる場合がありますが、個人だったらそこまで重要ではないですね。

ということで、両者の違いを説明しました。どっちもどっちでよいサービスです。

どちらを使うかは、自分のアーティストとしての状態によりますね。

いずれにせよどちらもたいした金額はかからないので、自作曲があるならドンドン配信しましょう!