イコライザーの使い方で音が変わる!楽器別にイコライザーの使い方を紹介

スポンサーリンク

楽器 イコライザー

イコライザー使ってるけどなんとなく使ってる。。。

と言う方も多いと思います。

キックは低音ですが、その中にも実は色々な音が混ざっていて、『高音を上げるとアタックが出る』など出来ます。

ここでは楽器別にその周波数の特徴を書いています。

ただ、録音の方法や、音源などで大分変わるので参考値です。実際に聴いて、アナライザーでチェックしてイコライジングしましょう。

イコライザーの基本操作はこちら

音域を操作する『イコライザー』の使い方が分かるようになる話
ここではイコライザーの機能、使い方ついて書いてます。 ・EQを使う前の準備 ・イコライザーの簡単な説明 ・音域について知ろう ・音域ごとにイコライズして音色を作ろう 楽器別のイコライジングはこちらで書いてます。 ...

 

イコライザーの使い方で音が変わる!楽器別にイコライザーの使い方を紹介

スポンサーリンク

ギターのイコライジング

ジミヘン

エレキギターのイコライジング

  • 60Hz~120Hz ミュート奏法のときの低音弦のサウンドを太く出来る
  • 200Hz~600Hz ギターのボディの鳴り。暖かいサウンド
  • 600Hz~1.2kHz ギターの軸。引き締まったサウンド
  • 1.2kHz~5kHz アタックが出る
  • 8kHz~ 持ち上げると明るいサウンドに、ノイズものりやすい

 

アコギのイコライジング

  • 60Hz~120Hz 低音弦のサウンド。持ち上げるとぼやけることもある
  • 120Hz~300Hz ギターのボディの鳴り。楽器の個性がでる
  • 300Hz~1kHz ギターの軸となるサウンド
  • 2kHz~5kHz アタックが出る
  • 5kHz~ 持ち上げると明るいサウンドに

 

ピアノのイコライジング

  • 30Hz~100Hz ピアノの響きが得られる。サウンドの暖かみ
  • 100Hz~350Hz 低域
  • 500Hz~1kHz ピアノのコシの部分
  • 2kHz~4kHz アタックが出る
  • 5kHz~ 持ち上げると明るいサウンドに

 

ボーカルのイコライジング

ビリーホリデイ

ボーカルは男性、女性、また人によって当然違います。

  • 90Hz~400Hz 声の暖かみ。持ち上げすぎるとモコモコする
  • 400Hz~800Hz 低域、持ち上げると太くなる
  • 1kHz~3kHz ボーカルの軸
  • 2kHz~4kHz 発音が出る
  • 5kHz~ 空気感がでる。ブレスやリップノイズも出る

 

ドラムのイコライジング

ドラムキット

ドラムは宇宙ですよね。よってイコライジングも宇宙となります。

叩き方、録音の仕方でまったく違います。音源でも帯域が違うので、聴いて、アナライザーでチェックして地道にやりましょう。

 

キックのイコライジング

キックは低音ですが、高音がサウンドに大きな影響を与えます。

  • 100Hz未満 キックの太さが出る
  • 100Hz~600Hz ベースとぶつかるとにごる ぶつかる場合はそこだけ削るのもあり
  • 600Hz~1.5kHz 胴鳴りの部分。持ち上げると引き締まった感じになる
  • 1.5kHz~ アタックの音が出る

 

スネアのイコライジング

  • ~100Hz 空気感が出る
  • 100Hz~400Hz 胴鳴り部分
  • 400Hz~1.5kHz スネア本体の音
  • 1.5kHz4kHz アタックの音
  • 4kHz~ スナッピーの音

 

タムのイコライジング

  • ~300Hz 響き、空気感が出る
  • 500Hz~1kHz タムの芯になる音域
  • 2kHz~4kHz アタックの音
  • 4kHz~ スティックの音など、空気感も増す

 

ハイハットのイコライジング

  • ~400Hz ずっと鳴らしてると大きくなっていく。かぶるなら削ってもよし
  • 1kHz~8kHz 持ち上げるとコシが出る
  • 3kHz~8kHz ハイハットの中心地 アタック音が出る
  • 8kHz~ 倍音 高い帯域で空気感が出る

 

シンバルのイコライジング

  • 200Hz~800Hz ずっと鳴らしてると大きくなっていく。かぶるなら削ってもよし
  • 1kHz~2.5kHz クラッシュのアタック感
  • 2.5kHz~3.5kHz ライドシンバルのアタック感
  • 3.5kHz~8kHz シンバル特有の高音域
  • 8kHz~ 倍音 高い帯域で空気感が出る

 

ベースのイコライジング

ジャコ・パストリアス

ベースの最低音のEは41.20Hzになります。5弦だったらBが最低音で30.86Hzです。

ベースは色々弾き方がありますが、ピック弾きだと高音の倍音が多く出ます。

さらにスラップだともっと高音の倍音が出ます。

  • ~200Hz ベースのボディの鳴り
  • 200Hz~800Hz ベースのコシ
  • 800Hz~3kHz アタック感
  • 4kHz~8kHz ピック弾き、スラップのときのアタック
  • 8kHz~ 新しい弦のギラツキ

 

まとめ

以上、楽器別で大体の周波数の特徴を紹介しました。

いずれにせよ、奏者や楽器、録音方法で含まれる周波数は大分変わるので、実際にアナライザーを見て、イコライザーをかけて判断するのが一番です。

他この本に色々なシーンでのイコライザーの使い方が載ってます。例えばジャズ風キックや、ドラムマシンに合わせたセッティング、ベースに輪郭を綺麗に出すにはなどなど。おすすめです。