音楽制作で最初に必要なのはモニタースピーカーだ!おすすめのモニタースピーカー、ヘッドホン

スポンサーリンク

 

モニター環境は音作りで最重要

モニター環境とは、音楽制作の際のスピーカーやその配置などのことです。

スピーカーを置く場所や、種類によって低音が強調されたりするものがあるので、まずここがしっかりしていないと良いミックスは出来ません。

いや、ミックス以前に今自分が出している音が良い音かどうかも分かりません

常にサングラスか色眼鏡をしながら世界を見ているようなものです。

 

写真のようなスタジオを持つのは個人では難しいですが、最低限モニター用のスピーカーとヘッドホンは準備しましょう。

自分の部屋がスタジオの方におすすめする、スピーカー、ヘッドホンを紹介します。

スポンサーリンク

モニタースピーカー

YAMAHA HS5

僕が使っているスピーカーで、数々のスタジオで使用されている名スピーカーです。

小型ながらしっかり鳴ってくれるかわいいやつです。

こいつを買っておけば間違いないです。

精確な再生能力、確かな音像定位、フラットな特性のHSシリーズ、2ウェイ、5インチ・パワード・スタジオモニター。70W大出力の高品位パワーアンプと厳選されたユニットを組み合わせることにより、54Hzから30kHzというワイドレンジを実現しています。

サウンドハウスで見る

KRK

こいつも小さいですが、だいぶいい音がします。

レコード屋さんのイベントに行ったときにこいつで音出してたんですが、音量も凄く出るし、音質も良いしでびっくりしました。

おすすめ!!

KRKが打ち出す、高音質パッシブスタジオモニター。空気感のあるサウンドが特徴です。

KRKが打ち出す、高音質パッシブスタジオモニター。空気感のあるサウンドが特徴です。

サウンドハウスで見る

http://

 

ADAM AUDIO ( アダムオーディオ ) / A5X

友人が使っていますが、こいつも良いです。

何より小さい音量で聴いても音質が変わらず、ばっちり聴こえます。

またしても、おすすめ!

独自のX-ART ツィーターにより、次世代オーディオに対応可能な広帯域かつ位相特性に優れ、可聴帯域を越える50kHz までをフラットな位相特性でカバーします。

独自のX-ART ツィーターにより、次世代オーディオに対応可能な広帯域かつ位相特性に優れ、可聴帯域を越える50kHz までをフラットな位相特性でカバーします。

サウンドハウスで見る

GENELEC ジェネレック / 8010AW

有名なモニタースピーカーです。みなさんすすめますね。

やっぱりおすすめ!!

GENELECスタジオモニターの大定番8000シリーズの2ウェイ・3インチ・パワード・スタジオモニター。高効率なDクラスアンプにより高い出力(高域25W+低域25W )を実現しています。GENELEC独自の音響工学理論により正確で忠実なサウンドを提供します。

GENELECスタジオモニターの大定番8000シリーズの2ウェイ・3インチ・パワード・スタジオモニター。高効率なDクラスアンプにより高い出力(高域25W+低域25W )を実現しています。GENELEC独自の音響工学理論により正確で忠実なサウンドを提供します。

モニターヘッドホン

モニター用のヘッドホンも重要です。

スピーカーでは聴き逃す音の細かい部分まで気付くことができます。

また、スタジオ環境にも影響されないので、さらにフラットに音を聴けます。

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST

世界標準のヘッドホンです。

色々考えずにこれを買いましょう。

MDR-CD900STは、世界最先端技術を誇るソニーと、洗練・熟知された音創りの感性とノウハウを持つソニー・ミュージックエンタテインメントとの共同開発によって生み出された完全プロフェッショナル仕様のモニターヘッドホンです。 【仕様】密閉型、63Ω、106dB、5~30,000Hz

MDR-CD900STは、世界最先端技術を誇るソニーと、洗練・熟知された音創りの感性とノウハウを持つソニー・ミュージックエンタテインメントとの共同開発によって生み出された完全プロフェッショナル仕様のモニターヘッドホンです。 【仕様】密閉型、63Ω、106dB、5~30,000Hz

 

サウンドハウスで見る

 

まとめ

ということで、モニタースピーカー、ヘッドホンのすすめでしたが、色々考えても仕方ないので、こいつで決まりです!!

僕も使っているので品質は保障します。

 

YAMAHA HS5

サウンドハウスでみる

では、良い音楽ライフを♪


記事が面白かったら、お願いします!