【無限のアンビエントサウンド】5分で作れる。テープループの作り方

スポンサーリンク

カセットテープ ループ 作り方

楽器の音をテープでループさせられる

アンビエントミュージックに最適

ビートもあり

音楽制作は、何でもパソコンで出来るし、音楽を聴くならインターネットでほぼ聴けます。でも、逆にレコードや、カセットが人気になっていて、アナログで販売されるのはしばしば。

アナログはノイズがのりやすいですが、綺麗というか心地いいノイズで逆に味のような感じになります(多分、今の時代だから味って思うのでしょうが)。

音楽制作もカセットレコーダーを使ったりするのも、人気です。今回は、そんなカセットテープを加工してループにする方法を紹介です。

 

【無限のアンビエントサウンド】5分で作れる。テープループの作り方

スポンサーリンク

カセットテープを加工しよう

これは、動画の方が分かりやすいと思うので、動画作りました。

面倒そうに見えて、本当に5分くらいで作れます。あと、チャンネル登録もしてもらえると、やる気が出ます。どうぞ、よろしくお願いします。

カセットテープをループさせる方法/How to make tape loop

 

テープループを作る際の注意点

  • テープは90度にカットしよう。
  • テープの長さは『21.9cm』。
    この長さだと大体2秒くらいのループになります。もっと長くしたいと思うかも知れませんが、テープにある程度テンションをもたせないといけないので、この長さがベストになってしまいます。でも、たとえばテープを何処かを迂回させてやれば、長さの調整も出来ます。例えばこんな感じです。
TAPE LOOP ORCHESTRA (LIVE AMBIENT CASSETTE LOOPS)

この動画では、糸巻きを迂回させて長さを稼いでます。こんなことも出来ますし、色々と方法があります。これが、アナログの良いところで、使い方と発想でオリジナルのサウンドが作れるんです。

 

一つのトラックに重ね録りする方法/ Sound on Sound

テープの録音するときには、前の音は消えてしまいます。

この、テープループを使った場合、ループしているので、録音したそばから消えていくことになります。なので、テープの消去する部分に、アルミホイルなどを挟んで、音を消さないようにすると、延々と重ね録りができるようになります。どこが消去する部分か?はこちらの動画を見てくださいませ(ちょうどそこから始まります)。基本的にどのカセットも同じです。このHeinbachのチャンネル面白いですよ。

How to do Sound on Sound Looping with Cassette and Tape Recorders

 

4トラック、それぞれに録音してミックスしながら録音

テープループを作るのに使ったテープが、昔に録音したドラムが入ったもので、しかも偶然いい感じのループになってたので、そのまま他の3トラックにシンセを録音しました。

それから、ミックスしながらパソコンに録音です。

Tape loop beat/ Cassette multi-track recorder Yamaha MT-50

 

ということで、カセットを使うと独特な世界が出来るので、おすすめです。

では、良い音楽ライフを♪