電子音楽(エレクトロニックミュージック)のおすすめのアーティスト、名曲を紹介

ここでは僕がみつけた素晴らしい Electronic music を紹介していきます。

世界には素晴らしいアーティストがいますね!

下ではそのYoutubeを貼っていますが、もし気に入ったら作品の購入を勧めます。理由は、

 

  • アーティストに収入が入らない 今は登録されていればアーティストに収益が行きますね!(好きなアーティストなら支援と思って購入しましょう)
  • これが特になんですが、Youtube だと音質がショボイ、です。是非、製品版を買って良い音質でアーティストのこだわりの音楽を聴きましょう。

 

おすすめのバンドはこちら。

60年代からのジャパニーズロック、ポップ名盤を紹介
ここでは、これは日本の歴史に残る名盤だという音楽から、僕が個人的に好きなアーティストを紹介していきます。 今はバズるのが目的の無意味に激しい空っぽな音楽が氾濫しているので、そういう音楽になれてる方は最初は物足りなく感じるかもしれません...
海外のおすすめのバンドを紹介
ここでは海外のおすすめのバンドを紹介。 色々音楽を聴いてきて、やっぱ、いまだにスゴイな。と思えるバンドだけ挙げてこうと思う。 日本のバンドはこちら。 海外のおすすめのバンドを紹介 The Beatle...

 

電子音楽(エレクトロニックミュージック)のおすすめのアーティスト、名曲を紹介

岡本清郎 / Marble Water

一発目からちょっとマニアックな所を紹介します。
坂本龍一のサウンドストリート  デモテープ特集 をYoutubeで聴いて知った 岡元清郎さん 。

そのラジオには 若かりし頃の テイトウワ などもデモを送っていて面白いです。ちなみにその曲もかっこいいです。それはともかく、当時高校生だった 岡元清郎さん。

テープ録音によるアナログな歪みが(最初は音程が気持ち悪いですがそれも味)でて奇跡的な音楽になってますね。いや、素晴らしいです。

RESPECT to 岡元清郎

 

Tetsu Inoue / World Receiver

Tetsu Inoue | http://www.hyperreal.org/music/artists/tetsu

アンビエントアルバムですが、素晴らしいです。

ドレミの音楽とは、ちがう音楽。音の旅。

音楽作品は、音楽に対する認識や、経験や、また持っている機材などを通してでるから。

生き物と同じですね。このアルバムは最高です。

"World Receiver" by Tetsu Inoue, 1996

 

Kyoka

名前の通り日本人で、ベルリンを拠点に活動するアーティストです。

独創的な音楽を制作しています。

自分の世界がはっきりしていて好きです。

 

Aphex Twin

紹介するまでもないですが、一応。。。

このアルバムを包む世界感がすきです。

Aphex Twin – Selected Ambient Works 85-92

 

RICHARD D. JAMES (Aphex Twin)

Aphex Twin の別名義が手がけたKorg の機材を使った音楽です。彼は常に作り続けていますね。

アナログシンセサイザーのくせになる音質、飽きさせない構成。

細部までのこだわりがみえます。

 

Aphex Twin の音楽について書きました。

Aphex Twin の音楽についての考察
Aphex Twin。エレクトリックミュージックシーンの巨人です。 今回は彼と、彼の音楽について書いていきたいと思います。 Aphex Twin の音楽について むかつく、またはキモい映像について まず、最初に見た目の話...

Amon Tobin

僕が昔ゴツンっと頭を殴られたアルバムを紹介します。

いやー、オリジナリティーや手の込みようとか色々素晴らしいです。天才!!

 

YMO (イエロー・マジック・オーケストラ)

坂本龍一さん、細野晴臣さん、高橋幸宏さんで構成された伝説的なバンドです。

YMOに影響をうけたアーティストは数知れず、今も尚影響を与え続ける存在です。

坂本龍一  千のナイフ

有名な坂本教授がソロでだした1stアルバムです。

西洋音楽の構成にアジアな音使い、それにシンセの音という坂本教授ならではの音楽。

シンセの音が、どれ一つとってもいい音です。

僕の大好きなアルバムの一つです。

 

Brian Eno – Ambient 1: Music for Airports 

アンビエントミュージックの創始者といえる方です。

Brian Eno – Ambient 1: Music for Airports [Full Album]

 

砂原良徳(まりん)

元、電気グルーブの砂原良徳さんのアルバムです。

細部まで手の込んだアルバムで、大好きです。

和風とかそういう上辺じゃなく、日本人らしさを感じるアルバムです。

ビッグ リスペクト まりんさん!!!

Klare Lewis

スウェーデンのアーティストです。

独特の空気感を持った作品です。

Rei Harakami – Lust

残念ながらこの世を去ってしまった、レイ ハラカミ さん。。。

オリジナルの世界観で聴く人を魅了しました。僕もその一人。

たまに、レイ ハラカミ さんの音楽世界に飛び立ちたくなります。

 

 

Kassem Mosse

このWorkshopというレーベルはかっこいいです。

Kassem Mosse – Workshop 19 (Workshop) [Full Album]

 

LCD Soundsystem

この独特のミニマル感、サウンド最高。

 

Mark Farina

Mushroom Jazz というアルバムも最高です。

 

オシロスコープ音楽

これは特に誰の音楽って言うわけじゃないのですが、こんな音楽もあるよ的な。。。

音楽が図形を作る、図形が音楽を作る。オシロスコープ音楽
他の記事でオシロスコープという機材を使って波形を見ることが出来る、という記事を書きました。 実はそれを発展させてオシロスコープ音楽というものがあるんです。 ここでは、そのオシロスコープ音楽の紹介と実際に作...

 

Prefuse 73

抜群のセンスで独創的な音世界を見せてくれます。

 

Open Reel Ensemble

オープンリールのカセットを改造しての演奏。

かっこいい。。。

Open Reel Ensemble Session

つづく。。。