素晴らしきサウンドの世界 名機キーボードを紹介

スポンサーリンク

フェンダーローズ

ここでは昔に生産され、いまだに『名機』と言われ、人気のあるキーボードを紹介します。

 

でも、今はパソコンのソフトで色々な音源が手に入りますね。

そんな中、なぜ、いまさら古いキーボードを買うのか??

 

これには、深いロマンが隠れてまして。。。

電子楽器でも楽器です。その楽器に使われてる回路だから出る音のよさがあるんです。KONTAKT などでサンプリングされた音は素晴らしく良いのですが、『一定』なんです。世界中どこで弾いても、何時弾いても同じ音。それに比べ、実機はその楽器で弾いた、その場所の音、なわけです。

そんなことを理解してもらった上で、紹介始めます!

紹介では、主に2種類『半分実音、半分電子音のキーボード』と『電子キーボードの名機』に分けて紹介しています。

 

素晴らしきサウンドの世界 名機キーボードを紹介

スポンサーリンク

半分実音、半分電子音のキーボード

最初に紹介するのは、ピアノのように楽器自体で発音させて、アンプで増幅させるキーボードです。

ここで紹介してるのは、やはり半分はギターやピアノのような楽器なので、手軽に買える金額ではないです。。。参考までに。

 

Fender Rhodes(フェンダー・ローズ・ピアノ)

フェンダーローズは言わずと知れた名機ですね。

ピアノのように楽器の中の音叉を叩いて(ピアノは弦ですが)、それをアンプで増幅する仕組みです。状態の良いものだとお高いです。。。

使用アーティストで有名なのは、チック・コリア、スティーヴィー・ワンダー、ダニー・ハサウェイ、ビートルズ、ビリー・ジョエル、レディオヘッドなどなど。。。名機中の名機ですね。

On Green Dolphin Street – B. Kaper (Improvisation by Marcin Grochowina) – Rhodes Mark I 1975

 

Wurlitzer200(ウーリッツアー)

これも上で紹介したフェンダー・ローズと同じような構造です。

Wurlitzer 200A Beige & Small Stone nano

 

Hammond B3 Organ(ハモンド・オルガン)

この音もファンクなど色々なところで聴きますね。

Hammond B3 Organ *Slow Blues

 

電子キーボードの名機

こちらは決して手の出ない金額ではないです。でも音もいいですよ!

これは何と言っても『CASIO』がアツい!!

ここでは、シンセサイザーではないキーボードの紹介です。名機シンセサイザーはこちらで紹介しています。

404 NOT FOUND | 人人振動

 

Casio SK-1

これは『サンプリング』の出来るキーボードです。

ちなみにサンプリングというのは、録音や入力した音をキーボードに取り込んで、音が出せるというものです。しかも弾く鍵盤によって、音程が割り振られます。根強い人気のある機材です。

サンプリングなんてパソコンで出来るじゃん。と思ったあなた。なぜあえてコイツを使うかと言うと、SK-1のサンプリングのビット数は、「8bit」で、荒れたサウンドになるんです。

TOY #7 CASIO SK-1 Sampling Keyboard 1986 | HQ DEMO

 

The Casiotone 701

これは、僕も持っています。この優しい音質がたまらなく好きです。

The Casiotone 701 light pen

 

Casio MT40

こ、こ、この音は!!!

レゲエ好きなら聴いたことある音ですね。この動画のリズムも有名です。

このチープな音が最高です。

Digital Reggae – Sleng Teng variations (Casio MT40/41)

 

まとめ

楽器は古くても、新しくても、音が良ければ良いので、自分の耳を育てて自分だけの名機を探すのも良いと思います!では良い音楽ライフを♪