いろいろな電気音楽(エレクトロニックミュージック)の紹介


 

ここでは僕がみつけた素晴らしい Electronic music を紹介していきます。

世界には素晴らしいアーティストがいますね!

下ではそのYoutubeを貼っていますが、もし気に入ったら作品の購入を勧めます。理由は、

  • アーティストに収入が入らない(好きなアーティストなら支援と思って購入しましょう)
  • これが特になんですが、Youtube だと音質がショボイ、です。是非、製品版を買って良い音質でアーティストのこだわりの音楽を聴きましょう。

 

アーティスト名と作品紹介


 

岡本清郎 / Marble Water

 

 
 
一発目からちょっとマニアックな所を紹介します。
 
坂本龍一のサウンドストリート  デモテープ特集 をYoutubeで聴いて知った 岡元清郎さん 。

そのラジオには 若かりし頃の テイトウワ などもデモを送っていて面白いです。ちなみにその曲もかっこいいです。それはともかく、当時高校生だった 岡元清郎さん。

テープ録音によるアナログな歪みが(最初は音程が気持ち悪いですがそれも味)でて奇跡的な音楽になってますね。いや、素晴らしいです。

 


 

Tetsu Inoue / World Receiver

 

http://music.hyperreal.org/artists/tetsu/

アンビエントアルバムですが、素晴らしいです。

ドレミの音楽とは、ちがう音楽。音の旅。

音楽作品は、音楽に対する認識や、経験や、また持っている機材などを通してでるから。

生き物と同じですね。このアルバムは最高です。

 


 

Aphex Twin

 

このアルバムを包む世界感がすきです。

 

 

RICHARD D. JAMES (Aphex Twin)

 

Aphex Twin が手がけたKorg の機材を使った音楽です。彼は常に作り続けていますね。

アナログシンセサイザーのくせになる音質、飽きさせない構成。

細部までのこだわりがみえます。

 


 

Amon Tobin

 

僕が昔ゴツンっと頭を殴られたアルバムを紹介します。

この音源は特に音質悪いですね。実際のアルバムを買って是非頭を音のハンマーで殴られてください。

いやー、オリジナリティーや手の込みようとか色々素晴らしいです。天才!!

検索してたら彼のSoundcloudのページを発見しました。昔とはまた表現が変わっているなあ。


 

YMO (イエロー・マジック・オーケストラ)

 

坂本龍一さん、細野晴臣さん、高橋幸宏さんで構成された伝説的なバンドです。

名曲が多すぎて、どれをすすめていいか分らないので、1stアルバムを。

 


 

坂本龍一  千のナイフ

 

有名な坂本教授がソロでだした1stアルバムです。

西洋音楽の構成にアジアな音使い、それにシンセの音という坂本教授ならではの音楽。

シンセの音が、どれ一つとってもいい音です。

僕の大好きなアルバムの一つです。

 


 

Brian Eno – Ambient 1: Music for Airports 

 

アンビエントミュージックの創始者といえる方です。

 


 

砂原良徳(まりん)

 

元、電気グルーブの砂原良徳さんのアルバムです。

細部まで手の込んだアルバムで、大好きです。

和風とかそういう上辺じゃなく、日本人らしさを感じるアルバムです。

ビッグ リスペクト まりんさん!!!


 

Rei Harakami – Lust

 

残念ながらこの世を去ってしまった、レイ ハラカミ さん。。。

オリジナルの世界観で聴く人を魅了しました。僕もその一人。

たまに、レイ ハラカミ さんの音楽世界に飛び立ちたくなります。

 

 

 


記事が面白かったら『いいね!』、Twitterのフォロー@light_organ(音楽情報つぶやいています)お願いします!

記事を書いている僕についてはこちら。 僕について

アーティスト支援サイト PATREON   僕のページ

映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。

 


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』