ベルリンでの路上演奏。その事件は起きた。。。

ギタリスト友人と一緒に音楽を作ってみようか。と話していて、じゃあとりあえず家で弾いててもあれだから、外でバスキング(路上で演奏すること)しながら考えますか、となりました。

場所は川の流れている公園のあるところで、ゆったりしているのですが、あまりにもゆったりしていて、誰もいないので上の写真の駅前に行きました。

そこは、なかなか汚い場所で、駅前のおっちゃんたちは平日の昼間から酒を煽っていました。

そこから物語は始まります。

 

ベルリンでの、ある日の路上演奏での出来事

音楽弾いてくれない?

音楽は普通だとつまらないので、電子音とアコギのサウンドでやろうとなり、僕はVolca FM(シンセサイザー)を持って行き、ポワーみたいな音を弾いたり、ミニマルなリズムを弾いていました。

しばらくすると、おばちゃんが僕たちに近寄ってきて、言いました。

 

『音楽弾いてくれない?』

 

僕は言いました。『これ音楽だよ』

おばちゃんは言いました。『これは音楽じゃないわ』

僕は言いました。『おばちゃんの耳は古すぎるんだよ』

おばちゃんはまた言いました。『これは音楽じゃないわ』

そんな不毛な押し問答がありましたが、決して悪くはなかったけど、確かに大した打ち合わせもしてなかったこともあり、公の場で人の嫌がる音楽をやるのもいかがなものか?と思い直し、バスキング(路上で演奏すること)ということで一応ベースを持ってきていたので、ジャズの曲を演奏すると、おとなしくなり、おばちゃんはいつの間にか消えていました。

しかし、そこで折れておばちゃんの言いなりになった気がして、ちょっと腑に落ちなかったです。

 

怪しいチョコをもらう

しかし、それからジャズの曲を弾いた瞬間に周りの受けがよくなり、僕たちも楽しくなって色々な曲を演奏していると、今度は酔っ払いのおじちゃんが僕たちに近づいてきました。

彼は70歳くらいの老人で体の至る所にタトゥーが入っていました。

 

『最高だぜお前たち!これやるよ!』

 

見てみると、それは大きな怪しい香りのするチョコでした。。。

。。。。。。

 

何がしたいのか分からないやつ

次に現れたのは、これまた薄汚い男で、彼は言いました。

 

『俺にもギター弾かせてよ!』

 

友人のギターはアコギだし良いギターなので断ると、今度は僕に

『ベース弾かせてよ!』

まあ、僕のはエレキだし、いいかと思って渡すと、彼はビックリするほど弾けずに、というか持ち方すら知らないレベルで、『ブべべバーン』とメチャクチャでかつ汚い音を出しながら、歌を歌い始めました。見かねて僕は、十分です。と言って彼からベースを取り返すと、彼は笑顔で言いました。

 

『俺ピアノは弾けるんだけどな』

 

僕は「こいつピアノも、絶対弾けないだろうな」と思いました。

そして僕たちは、

『次はもっと綺麗な所でやろう』

と話し、別れたのでした。

 

とまあ、こんなある1日の話。

おばちゃんには音楽じゃない発言をいただきましたが、電子音とギターのアドリブじゃないコンポジション。多分おもしろい音楽が出来るんじゃないかと思ってます。音楽が出来たらアップするので、聴いてください。ませ。