隠れた名盤を紹介③ モダンギター Carlo Domeniconi/カルロ・ドメニコーニ

スポンサーリンク

Carlo Domeniconi, Italian guitarist and composer playing a 1938 Luigi Mozzani guitar.

僕は音楽が好きです。色々聴きます。それでその中でこれは!!っていう音楽に出会うんですよ。しかも全然知られてない。これは人類の損失としか言いようがない。みんなに知って欲しい、なんならそのミュージシャンも稼いで欲しい!ということでそんな最高なのに知られていない珠玉のアルバムを紹介しようと思います!

 

今回は第三弾でクラシックギター奏者、ジャズギター奏者、作曲家の Carlo Domeniconi/カルロ・ドメニコーニ の音楽を紹介です。

 

第二回目はこちら

隠れた名盤を紹介② 即興演奏の世界 BEN GOLDBERG
僕は音楽が好きです。作曲もするし、楽器も弾くので音楽を沢山聴きますし、本も読みます。それでその中でこれは!!っていう音楽に出会うんですよ。しかも全然知られてない。これは人類の損失としか言いようがない。みんなに知って欲しい、なんならそ...

隠れた名盤を紹介③ モダンギター Carlo Domeniconi

スポンサーリンク

Carlo Domeniconi/カルロ・ドメニコーニについて

略歴はウィキ読んでもらったほうがいいかと思いますが、僕自身彼のコンサートで演奏を聴いたことがあって(確か2010、2011のどっちか)、その時はフレットレスギターを演奏していて、本人はすごく面白いんだよ。とか言ってました。

そのコンサートの話をすると、コロナの時でコンサートの会場も小さく入れる人数も限られていました。休憩の時にはコロナのルールで窓を開けましたが、その時彼は『この窓を開ける行為。これが音楽だ。  という人たちもいるが私はそうは思わないんだ。』なんていうコンセプチュアルな観点での音楽を皮肉っていました。

カルロ・ドメニコーニ - Wikipedia

 

そしてこちらがご本人のウェブサイトです。

Carlo Domeniconi - international homepage
The official website of Carlo Domeniconi, composer and guitarist

 

Sindbad – Ein Märchen für Gitarre

シンドバッド – ギターのための童話

シンドバッドの名前は私たち日本人にも馴染み深いと思います。『千夜一夜物語(アラビアンナイト)』の中の『船乗りシンドバードの物語』(第290夜 – 第315夜)の主人公である船乗りのお話。

このアルバムはそんなシンドバッドのおとぎ話をギター曲にしたものです。物語を読みながらこのアルバム聴くのもいいですね。

 

カルロ・ドメニコーニ ご本人の演奏

ご本人の演奏の動画。これ以上書くことは特にないのですが、初めて聴いた方は音楽紹介できて良かったです。でわでわ♪