【邦楽】日本の1960年代(昭和35年~昭和44年)の名曲を紹介

1960年代の銀座

銀座四丁目交差点で向かい合う服部時計店(現・和光)と三越銀座店

1960年代は、昭和35年~昭和44年になります。

この年代はいわゆる『高度成長期』になりますね。僕はこの頃には影も形もなかったので、この高度成長期は漫画などで知るのみです。

 

日本の1960年代の動向をWikipedia を見ると、

 

1960年

1月19日 – 日米新安全保障条約が結ばれる

9月 – カラーテレビの本放送開始

9月30日 – プロレスラーのジャイアント馬場とアントニオ猪木が台東区立体育館でデビュー

1961年

NHK連続テレビ小説が放送開始される

1962年

6月23日 – 日米安全保障条約改定が発効

1963年

1月1日 – フジテレビで日本初のテレビアニメである「鉄腕アトム」が放送開始

12月15日 – プロレスラーの力道山が赤坂のホストクラブで住吉会系の暴力団組員に刺され、運ばれた先の病院で死去する。

 

などなどなどなど。。。。

全然日本違かったんだろうなあ。。。

1960年代の日本 - Wikipedia

 

【邦楽】日本の1960年代(昭和35年~昭和44年)の名曲を紹介

上を向いて歩こう/坂本九

この曲は日本だけでなく海外でも大ヒットした大名曲です。

海外での名前は『Sukiyaki』です。

上を向いて歩こう – 'Sukiyaki' – Kyu Sakamoto (坂本 九) 1961.avi

 

こちらは遠く離れたジャマイカでのレゲエバージョンのカバーです。

どちらも同じくらい良い。

Jennifer Lara – Suki Yaki-Studio One Reggae

 

恋のバカンス/ザ・ピーナッツ

イントロからかっこいいです。かっこいいので特に書くこともなし。

  • 作詞:岩谷時子
  • 作・編曲:宮川泰
  • 演奏:松宮庄一郎とシックス・ジョーズ・ウイズ・ストリングス
ザ・ピーナッツ 恋のバカンス

 

ブルー・ライト・ヨコハマ/いしだ あゆみ

1968年発売。ヒットしすぎて、今や横浜の主題歌になりました。

いしだあゆみ ★ブルーライト・ヨコハマ★

 

君といつまでも/加山雄三

加山雄三/君といつまでも (1965年)
加山雄三/⑤君といつまでも 作詞:岩谷時子、作曲:弾厚作、編曲:森岡賢一郎 「君といつまでも c/w 夜空の星」 (1965年12月5日発売)

 

可愛いベイビー/中尾ミエ

この曲は英語の原曲があり、カバー曲で1962年に録音されました。

中尾ミエ 可愛いベイビー(2) 1970 / Pretty Little Baby

 

こちらが原曲です。

Connie Francis : Pretty Little Baby

 

自動車ショー歌/小林旭

車の名前を使って駄洒落を言いまくるという。

なんでか1960年代、高度成長期の能天気さを感じます。

小林 旭  ~自動車ショー歌~

 

あの時君は若かった/ザ・スパイダース

1968年発売の曲です。この曲の出だしって有名ですよね!

あの時君は若かった

 

最高に面白い!漫画 男の星座

ちなみにこの年代を格闘技目線で書いてる面白い漫画だけ紹介したい。

空手バカ一代などの原作者 梶原一騎自伝です。

梶原一騎の人生を振り返りながらの実話で、1950~60年代の日本が舞台です。極真空手の大山倍達や力道山の裏エピソードなどがてんこ盛りでマジで面白い!

女の子は面白いか分かんないけど、男は絶対面白いはず!

 

ほかの邦楽はこちらで紹介してます。

60年代からのジャパニーズロック、ポップ名盤を紹介
ここでは、これは日本の歴史に残る名盤だという音楽から、僕が個人的に好きなアーティストを紹介していきます。 今はバズるのが目的の無意味に激しい空っぽな音楽が氾濫しているので、そういう音楽になれてる方は最初は物足りなく感じるかもしれません...

まとめ

1960年代のポップ音楽は『素直』っていうのが僕の印象です。

今の音楽は表現が難解なのに対し、メディアも発達していなかったせいか、素直です。

聴いていてすごく癒される。。。好き。