制作した音楽をシェアするのは『soundcloud』と『YouTube』どちらの方が良いのか?

コーヘー君
コーヘー君

やっと自分の音楽ができたぜ!さあ、インターネットにアップロードして全世界をジャックだ!ボコボコだ!

モン君
モン君

どこにあげるの?

コーヘー君
コーヘー君

どこにあげても俺の音楽なら、世界をジャックだ!ボコボコだ!

モン君
モン君

それ、ダメ。

せっかく時間をかけて制作した音楽、せっかくなら沢山の人に聴いてもらいたいですよね。

今、音楽をあげるとしたら『YouTube』か『SoundCloud』です。

しかしどちらの方がみんなに届きやすいのでしょうか?

 

簡単なツイッター動画を作ってそこからYoutubeにとんで聴いてもらう方法もあります。

気合入れて作った作品なら手間が少しかかりますが1番良いと思います。

ツイッター動画にリンクを貼る、サムネイル変更、タイトル付けをする方法
音楽をあげたいけど、ツイッター動画は音質が悪いのでYoutubeで聴いてもらいたい。 動画が長いのでYoutubeで全部みてもらえるように誘導したい。 動画のサムネイルを変更したい。 動画にタイトル付けをしたい。 ...

 

制作した音楽をシェアするのは『soundcloud』と『YouTube』どちらの方が良いのか?

ツイッターなどのSNSとの連携を考えると『SoundCloud』がおすすめ!

結論から言うと動画を作って『YouTube』が一番ですが、毎回そんなことをしていたら相当時間がかかります。

なのでとりあえず『SoundCloud』の方が良いです。

その理由を説明します。

 

『YouTube』、『SoundCloud』どちらにせよ、ただのせるだけでは誰も聴いてくれません。

というか、毎日世界中で発信される情報に埋もれて気付かれません。

 

そうすると、ツイッターやインスタのようなSNSを使い広めるのが一般的です。

 

『YouTube』でシェアした場合、スマホではリンクの表示しかされない。

 

スマホでツイッターを見た際に、タイムライン上の表示では、YouTube は右のようにリンクしか表示させません。

フォロー数が多いほど、ツイッターのタイムラインは滝のように流れていきますので、これだと目に留まりませんね。しかもいちいちリンクを開いてやっと再生できます。

 

それに比べ『SoundCloud』はでかく音楽のアートワークが写り、しかも再生ボタンを押せばすぐ再生できます。

 

『SoundCloud』はアップロードが圧倒的に楽

YouTubeに音楽をあげる際は、MP4などの動画ファイルを作らなくてはいけません。

たいした作業ではありませんが、毎回やると結構面倒。。。

 

それに比べSoundCloudは30秒でアップロードが終わります。

 

Youtube に MP3 をアップロードする方法

このサイトを使えばYouTubeに直にMP3ファイルをアップロードできます。

ただ、MP3TUBEとかかれた無名の人間の作品があがっていて、聴く人がいるのかという。。。

 

MP3TUBE

 

全体の人数は圧倒的にYouTube

しかし、利用人数はYouTubeが圧倒的に多いでしょう。

ですので、音楽用の動画を作ってあげるのが、1番いいです。

ただ、時間がかかるのでこの音楽は!というのだけ動画を作り、普通の音楽はSoundCloudでどうでしょう?

 

ツイッターに動画をあげる際は、短縮版をのせる

ですので、YouTube のリンクをシェアする際は、実際の動画の短縮版をのせるのがおすすめです。こんな感じで。

その際はYouTube へのリンクを貼って本編を見てもらうようにしましょう。

ツイッター動画にリンクを貼る、サムネイル変更、タイトル付けをする方法
音楽をあげたいけど、ツイッター動画は音質が悪いのでYoutubeで聴いてもらいたい。 動画が長いのでYoutubeで全部みてもらえるように誘導したい。 動画のサムネイルを変更したい。 動画にタイトル付けをしたい。 ...

 

まとめ

ということで、本当は動画まで作ってYouTubeがいいんだけど、まだ無名であればSoundCloud

ツイッターでちょっとつぶやけば、反応があるインフルエンサーであれば、YouTube。

 

ということです。

コーヘー君
コーヘー君

色々考えなくちゃならねえんだな。誰も聴いてくれねえんだな。そう簡単に世界をジャックしてボコボコにできねえんだな。

モン君
モン君

がんばって。