The Beatles ビートルズ のおすすめの曲をアルバムごとに紹介!!

ビートルズ 4th アルバム『ビートルズ・フォー・セール/Beatles For Sale』の中のおすすめの曲

このアルバムもまだ本当のビートルズらしさが出てないですが、普通に良いアルバムです。

このアルバムはクリスマスに合わせて作られたアルバムで、前作『ア・ハード・デイズ・ナイト』の発売からすぐに録音が開始されて、1988年10月18日に録音が終わりました。

アルバムの構成も14曲中8曲がオリジナルで、あとはカバーです。

このアルバムで僕が好きなのは、ジョン・レノン作曲の一曲目 No Reply です。オリジナルだけあってビートルズらしさが出てます。

ポール作曲のこの曲もいいです。

 

ビートルズ 5th アルバム『ヘルプ! – Help!』の中のおすすめの曲

このアルバムは全曲オリジナルです。すでにビートルズは超売れっ子ですが、僕は個人的にこのアルバムから本当のビートルズサウンドが出来たきたと思います。

まずは誰もが知っているヘルプ!です。この曲はジョンの作曲です。

この曲もいまだ、よくカバーされる曲ですね。

ポール・マッカートニーの作詞作曲で、リード・ヴォーカルもポールです。家で寝てるときに夢の中で流れたメロディを基に作曲したというエピソードも有名です。

ポールは起床後、メロディを忘れないようにするために急いでコードを探してスタジオで完成させた。この時のことをポールは、「あまりに自然に浮かんできたものだから、誰かの曲のメロディなんじゃないかと思って皆に聞かせて回ったけど、誰もこのメロディを知らないみたいだったから、僕のオリジナル曲だと認識した。」と述べている。

イエスタデイ - Wikipedia

 

ビートルズ 6th アルバム『ラバー・ソウル – Rubber Soul』の中のおすすめの曲

このアルバムは完璧ビートルズサウンドです。楽器の音が色々エフェクトかけられたり、加工されたりしています。サウンドが気持ちいい。このことについてジョンは72年にこう述べています。

「ラバーソウルは大麻アルバムで、リボルバーはLSDアルバムだ」

 

この曲は邦題『ノルウェーの森』で知られています。作詞作曲はジョン・レノンです。

村上春樹さんの小説のタイトルにもなりました。簡単な構成ながら、この曲を包む世界観よ。。。

DVD「ノルウェイの森」予告編

 

ポール作曲のこの曲も好き。

 

ちなみにこの曲はギターのジョージ・ハリスンです。ファズの利いたベースが気持ちいい。。。

 

ビートルズ 5th アルバム『Revolver!』

上でも書きましたが、ジョンが、

「ラバーソウルは大麻アルバムで、リボルバーはLSDアルバムだ」

と発言した方のLSDの方ですね 笑

もう前のアルバム『ラバーソウル』以降のアルバムはおすすめの曲とかなくて、アルバム通して一曲みたいな感じです。全曲最高。

つづく。。。。