ビートルズ 2nd アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のおはなし

ウィズ・ザ・ビートルズ

ビートルズ!!

前回はビートルズのファースト・アルバム『Please Please Me』を書きました。今回はその続きで、第二弾アルバム『With the Beatles/ ウィズ・ザ・ビートルズ』の解説です。

このアルバムはオリジナル8曲、カバー6曲という構成です。前のアルバムのカヴァー曲はロックンロールがほとんどでしたが、このアルバムではMOTOWNなどのブラックミュージックのカヴァーがほとんどです。

・ウィズ・ザ・ビートルズの話
・カヴァー曲を原曲と音源で聴き比べ

この記事で他の年代はまとめています。

The Beatles ビートルズ のおすすめの曲をアルバムごとに紹介!!
ビートルズ! いまだ世界中のアーティストに影響を与え続けている最高のポップグループです。 ポップスターは数多くいますが、個人的に1番好きなのはやっぱりビートルズですね。ポップ音楽って昔聴いてたものを、久しぶりに聴くとその...

 

ビートルズ 2nd アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』の解説

アルバム With the Beatles 1963年11月22日に発売

ビートルズセッション風景

ウィズ・ザ・ビートルズはカバーの曲が6曲。オリジナルの曲が8曲。

このアルバムは前作『プリーズ・プリーズ・ミー』と同様にカバーの曲が6曲。オリジナルの曲が8曲となっていて、サウンドもロックンロールです。

前回のアルバムは1日で録音されたのに対し、このアルバムは3ヶ月かけてレコーディングされました。録音は、前回書いたスタジオ『アビー・ロード・スタジオ』です。

ビートルズのファーストアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』のおはなし
ビートルズ!! 前回はビートルズのハンブルグ修行時代を書きました。今回はその続きで初のメジャーシングル曲『Love Me Do』の発売から第一弾アルバム『Please Please Me』の発売まで書いていきます。 ...

 

ウィズ・ザ・ビートルズの中のカバー曲を元の曲と聴きくらべてみよう

このアルバムでカヴァーした曲は大抵 Motown (モータウン)や R&B のいわゆるブラック・ミュージック(黒人音楽)の曲です。でもビートルズが歌うとロックな感じになりますね。

モータウンは、もうアメリカのブラックミュージックの一時代を築いた物凄いレーベルです。言うなればお笑いの吉本興業みたいな感じです。スティービー・ワンダーもMOTOWNです。あとマイケル・ジャクソンの子供の頃のグループ『Jackson 5』もそうですね。

では、見て行きましょう!

 

Till there was you – メレディス・ウィルソン/ Meredith Willson

この曲の作曲家はメレディス・ウィルソン/ Meredith Willson で、ブロードウェイ・ミュージカルのために書かれた曲です。彼はチャーリー・チャップリンの『独裁者』の音楽も手掛けました。この曲は色々なアーティストがカヴァーしてます。歌詞もいいんですよ。下でそれぞれのカバー曲を紹介してるので聴きながら読んでみてください。

 

鐘が丘の上にあるけど

私には鐘の鳴る音が聞こえたことはなかった、
そう、ちっとも聞こえなかった
あなたがそこにいたと知るまでは。

鳥は空にいるのに
私には彼らの羽ばたきを見ることはなかった、
そう、ちっとも見たことはなかった
あなたがそこにいたと知るまでは。

そしてそこには音楽の調べと、
素敵な薔薇があると、
私に教えてくれたのに、
明け方のまき場の芳しい香り、それに朝露も。

周りには愛があふれていたのに
でも私には歌声が聞こえなかった、
そう、私にはちっとも聞こえなかった、
あなたがそこにいたと知るまでは。

 

Ray Charles

これは大分新しい録音です。アメリカーって感じがする。

 

Peggy Lee

 

Beatles

 

こういう風に色々な歌手でこの曲聴いてると、ドンドン好きになっていきますね。

 

Please Mister Postman / マーヴェレッツ(The Marvelettes)

この曲はモータウンからリリースされた曲で、モータウンからリリースされたシングルとしては、初の全米1位獲得を果たしました。この曲はカーペンターズもカヴァーしてます。

 

The Carpenters – Please Mr Postman [1978]

The Carpenters – Please Mr Postman [1978]

 

Beatles

 

Roll Over Beethoven – チャック・ベリー(Chuck Berry)

チャック・ベリーという名前を聞いたことある人は多いのではないでしょうか?ロックンロール創始者の1人で「ロック界の伝説」、最初期のギター・ヒーローと言われています。まさにロックンロールっていう曲ですね。

Roll Over Beethoven – Chuck Berry LIVE

 

Beatles

 

Smokey Robinson & The Miracles – You Really Got A Hold On Me

スモーキー・ロビンソンはモータウンの設立に参加し、長く副社長を務めたという。ブラックミュージック界の大御所です。日本ではあまり有名ではないですが、世界的には超有名です。

是非他の曲も聴いて見てください!

 

Beatles

 

The Donays – Devil in his heart (1962)

この曲はドネイズというバンドの曲です。wiki をみるとこう書いてあります。

デヴィル・イン・ヒズ・ハート」(Devil in His Heart)は、1962年に発表されたデトロイトの黒人女性グループザ・ドネイズThe Donays)のシングル曲である。ドネイズはこのシングル盤1枚を出したのみで解散し、シングルもヒットすることはなかったが、リヴァプールの船員が持ち込んだシングルからこの曲を知った[1]ビートルズにカヴァーされることによって、後世に名を残すこととなった。

wikipedia 

The Donays – Devil in his heart (1962)

 

Beatles

 

Money (That’s What I Want) – Barrett Strong

この曲もモータウンから。1960年に出したこの曲が、モータウンにとって最初のヒット・シングルとなりR&Bチャートの2位になりました。

 

Beatles