【MTR 】手軽に使えるZOOM R16 の機材レビュー!!

 

ZOOM R16

今回 Zoom R16 をライブ用に購入しました。

今の時代、録音などは全てパソコンでやってしまうと思うんですが、マルチトラックレコーダー(略してMTR)が一台あると便利です、買ってよかったと思える機材でした。その使ってみた感想などを書いていきます。

・MTRって何?
・MTRを使う利点
・ZOOM R16, R24の機能解説

 

【MTR 】手軽に使えるZOOM R16 の機材レビュー!!

MTRって何?

タスカム ポルタワン

タスカム ポルタワン

MTRというのは『Multitrack recorder(マルチトラックレコーダー)』の略でその名の通り、数個の入力を同時に録音できる機材です。DTMソフトが今ほど発達していない頃はみんな使っていました。上の写真はデジタル録音もない時代のカセットMTRで、タスカムのポルタワンという機材です。

今でも使い方によっては、パソコンよりも手軽で使える機材です。例えばライブ録音などの場合は MTR が断然楽でストレスフリーで出来ます(個人的には)。

 

カセットMTRがけっこう人気

話は移りますが、今カセットが人気です。音楽はストリーミングが普通になった時代ですが、そのカウンターとしてカセット。好きなアーティストの音楽を形で持ちたい。でもCDはある意味中途半端。レコードは持ち歩けないし。カセットのアナログの音良くない?という感じで。

その関連でカセットMTRを使って録音するアーティストも多いです。

 

MTRの便利なところ

なにより重宝しているのが、ライブの時にミキサーとして使う時です。

軽いし、薄いので持ち運びがほんとに便利。かつそのままレコーダーとして使えるのでそれもまた便利です!

 

パソコンを使っての録音

パソコンを使って色々な楽器のライブ録音をする際は、パソコンとオーディオインターフェースが必要になります。またオーディオインターフェースは使う楽器の数に応じた入力が必要になり、値段も高くなります。

 

MTRを使っての録音

MTRの場合は電源を入れて、各チャンネルに入力を挿して録音、演奏で終わりです。持ち運びもMTRだけなのであまり気を使いませんし、パソコンにつきものの動作不良の不安もありませんし、何より軽いです。

 

MTRの便利な使い方

★ たまにライブをやってみたりするんですが、その時のミキサーとして使う他、そのライブをそのまま録音してしまえるんです。

★ R16 をミキサーとして使っていれば、内蔵のエフェクターを通して出力できます。ZOOMはエフェクターのメーカーなのでいいですよ!

空間を満たすために、僕はリバーブなどをかけたり、場所によって音響機器が違うのでイコライザーなどで調整したりもしています。ちなみに写真はベルリンのシュプレー川を渡る橋の上でやったライブの時のものです 笑

 

Zoom R16,24の機能とその利点、注意点

その機能を見てみましょう。

オーディオインターフェースとして使える

単独のMTRとしてももちろん使えますが、オーディオインターフェースとしても使えます。

しかし注意して欲しいのは、オーディオインターフェースとして使った際にパソコンに取り込めるのはMONO2チャンネルだけです。

 

フィジカルコントローラーとしても使える

CUBASE、Logic、Sonarなどで、ソフト内のミキサーのフェーダーを R16 を使って動かせます。

MIXするときに楽ですね。

 

入力8チャンネル

これだけあれば、僕がやったようにドラムマシンやシンセなどをつないで、一気にライブ録音が可能です。バンドであれば、ギター、ベースの他、ドラムキット全ての録音が簡単にできます。

 

エフェクトのかけ録りが出来る

エフェクターのメーカーとして有名なZOOMですが、そのエフェクターがたくさん入ってます。まあ、あまり使いませんが。

 

凄く軽い

重さ 1.3Kg と軽く持ち運びが楽です。しかも薄い。

これ超重要。

 

電池で動く

単三電池6本で稼動します。

僕が使ったところでは、電池で3時間使っても大丈夫でした。

 

値段が安い

サウンドハウスで3万円程度です。

使い勝手を考えると、相当良い買い物だと思います。

 

ファンタム電源は、2チャンネルのみ

ZOOM R16で使用できるファンタム電源は、2チャンネルだけです。
コンデンサーマイクは2本までしか使えません。

上記機種のR24であれば8チャンネルにファンタム電源を送れます。

 

まとめ

結果として僕は買って満足の機材でした!

小さい、軽い、電池駆動!これが僕のニーズにぴったりでした。

一家に一台R16!

 

薄さわずか52mmのスリム&コンパクトボディに、マルチトラック・レコーダー、オーディオ・インターフェース、コントロール・サーフェスの3つの機能を統合。★ サウンドハウスでみる

 

 

上記機種 R24

R24になるとドラムマシンやサンプラーがついてます。僕個人的には、ドラムマシンは楽器の練習時に役立つと思いますが、サンプラーはいらんだろ。と思います。

ZOOMは基本的に機能詰め込みすぎる癖があります 笑

MTRはミキサーとして使えて録音できれば十分です。

 

 

★ サウンドハウスでみる

 

まとめ

値段もそんなに高くないし、なにより手軽なので1台持っていると重宝します。

以上MTRのすすめでした!