70年代からの本物の日本の名盤を紹介

スポンサーリンク

60年代からのジャパニーズロック、ポップ名盤を紹介

日本の最強の名盤を紹介します。

今はバズるのが目的の無意味に激しい空っぽな音楽が氾濫しているので、そういう音楽になれてる方は最初は物足りなく感じるかもしれません。

 

しかし、ここで紹介するのは時間を経ても輝きを続ける音楽だけです。

最初面白くなく感じても、何度も聴いてみましょう!

 

細野 晴臣 – Hosono House

日本ロックで僕が1番好きなアルバムです。音楽、歌詞、歌声すべてが素晴らしいです。

このアルバムを聴く時は家で部屋の掃除をしてる時に聴きます。

日常生活が合うんですよね。

 

 

Happy End – Kazemachi Roman

上で紹介した細野 晴臣のバンドです。

超名盤です。

 

 

井上 陽水 – 氷の世界

3枚目のオリジナル・アルバム。1973年12月1日にポリドール・レコードよりリリースされた。

日本レコード史上初のLP販売100万枚突破の金字塔を打ち立てた。

売れたのはいいとして、井上 陽水さんの歌は音楽も素晴らしいですが歌詞がゾクッとする位よいです。

そして歌声も最高。

 

 

BOOWY

BOOWYは80年代に活躍したバンドで、New waveのようなサウンドが特徴です。

音楽性、歌詞も個性的かつキャッチーですごく人気がありました。

今聴いても古さを感じない(古さを感じるけど、新しさも感じる)音楽です。

どのアルバムを聴いてもかっこよいので、ためしに何枚か聴いてみましょう!

 

ユニコーン

ヴォーカルは奥田民生さんで、個人的には日本のビートルズと思ってます。

 

ユニコーン Official YouTube Channel
ユニコーンの公式YouTube Channel。 MUSIC VIDEO、コメント、トレーラー映像など今後も随時公開予定。

 

 

矢野顕子 (Akiko Yano)

1stソロアルバム ‐ Japanese Girl

このアルバムはレコードでも買えます。個性全開の名盤。

参加メンバーもやばし!

 

X-Japan

あえて紹介することもない伝説的なバンドですが、一応。。。

 

 

THE BLUE HEARTS/ブルーハーツ

このバンドも紹介するまでもないですが、一応。。。。

甲本ヒロト、真島昌利は後にクロマニヨンズ、ハイローズとしても活動しています。

最高の友人なんでしょうね。

石野卓球とピエール瀧のような。。。いいですね。

 

RCサクセション

忌野清志郎をリーダーとしたバンドです。

ロックです。