僕が microkorg をすすめる6つの理由


 

 

入門用シンセサイザーとして人気の microkorg。

メーカーサイト 

 

僕も持っていますが、長年使っていてまだまだ現役です。

そんな microkorg の魅力と実際の使い方などを書いていこうと思います。

まずはこちらの動画をご覧下さい。

 

 

音もかっこいいですし、色々と機能を駆使してますね~。

これで欲しくなった人もいるのではないでしょうか?

ではここから機能などを見てみましょう。


機能、概要

 

アナログ・モデリング音源を採用 

アナログシンセサイザーの音声合成プロセスをデジダル信号処理で再現しているシンセサイザーです。

デジタルじゃ音がなあ。と思うかもしれませんが、デジタルとは思えないやさしい音がします。

 友人宅にあった Roland / JUNO-6(アナログシンセサイザー)と音比べたのですが、音質などはまったく負けていませんでした。
 

同時発音数は4つ

同時に出せる音が4つまでということで、4和音を弾いたら、メロディーは弾けません。

でも、実際シンセで弾く場合、バンドなどで使う場合が多いと思うので、4つ出せれば十分ですね。

 

Vocoder搭載

ボコーダーというのは、マイクの入力をシンセで変える機能です。

実際見てみましょう。

ボコーダーを使い始めるのは1分20秒位からです。

Daft Punk の曲は良くボコーダーが使われてますね。

 

外部入力の音を加工できる

この方法は、

microkorg の外部入力をツマミでいじる!

という記事を書いているので参考にして下さい。

 

フルサイズの鍵盤で演奏

microkorgの鍵盤は正直使いづらいです。

サイズが小さいし、ベロシティ(鍵盤を弾いた強さによる音の強弱)の感度を上げると、この鍵盤では音量がでこぼこになります。

まあ、それをこの小さなmicrokorgに期待するのはかわいそうです。でも、この音色で弾きたい。

 

それにはmidiケーブルでmidiピアノに接続すれば、ばっちりです。

ベロシティの感度を上げて、演奏すると面白いですよ。

ピアノの練習で飽きてしまった曲なんかも、他の音色で弾いてみると違った雰囲気でまた取り組めます。

 

電池で動く

単三電池6本で動くので、ちょっとしたライブなどで凄く便利です。

 

まとめ

ということで、間違いなくおすすめするシンセサイゼーです。

アナログシンセサイザーが欲しいと思っても、高いし、もしそれが気に入らなかったら悲しいです。

どんどん機材を買い足しても選択肢が増えすぎるだけです。

まずは、いろいろな音が作れる microkorg で色々経験し、学び、シンセでいい音楽が作れるようになってから、アナログシンセを購入したほうが良いと思います。

実際の使い方などは microkorg の実際の使い方 に書いてあります。

では、良い音楽人生を 😀 

ミニ鍵盤37鍵の小さなボディにMS2000と同様のシンセ・エンジンを搭載。厚みのあるサウンドが制作可能。小型コンデンサーマイク付属でボコーダーとしても多彩で個性的なサウンドを演出。

ミニ鍵盤37鍵の小さなボディにMS2000と同様のシンセ・エンジンを搭載。厚みのあるサウンドが制作可能。小型コンデンサーマイク付属でボコーダーとしても多彩で個性的なサウンドを演出。