音楽についての小話

音楽の本の紹介

めちゃくちゃ分かりやすい『DAWではじめる自宅マスタリング』をレビュー!

江夏 正晃 さん著の本です。 始めてマスタリング、2MIXをする方に特におすすめです B5程度の大きめの本で、カラーの図解があり分かりやすいです。 文字だらけで文章もつまらない本などありますが、この本は図解しながら、要点を分かりやすく書いています。 実際に聴きながら学習 参考音源がネットでダウンロード出来、それを聴き、読み学習していく形です。 2MIXは、-20~-15dB で仕上げようなど、具体的な数字が書かれていて非常に分かりやすいです。 また、参考曲例などを挙げてくれているのでそれも色々聴けてうれしいです。
雑談

音楽、芸術の個性、独自性について

音楽の独自性について語りたいと思います。模倣はすべてにおいて非常に重要な要素です。 僕たちはみんな真似をして、言葉を覚えて、笑い方を覚えて色々な要素が僕たちをつくっています。 真似をすることは、そのスタイルを知ることであり、それが後に自分の芸術を構成するものになります。 ラヴェルのような楽曲を真似て作曲を練習すれば、その劣化版のような音楽はできます(ラヴェルほどの人の音楽は真似も難しい)。 独自性 音楽においては、ピアノを使った時点で、真似の延長線にあります。 なぜなら、その音程が西洋で長い年月かけて作られたものだからです。 だからと言って、独自性がないというとそうではないんです。
音楽、作曲家の紹介

Bandcampにいる知られざる良いアーティストを紹介

みなさん、Bandcamp って知ってますか? 自作曲を全世界に販売できるサービスで、ジャンルも様々で僕がブログを書いたり勉強するときは、Bandcampで音楽を流しながらやっています。 Soundcloud より僕はこちらのほ...
楽器、機材のはなし

音楽制作で最初に必要なのはモニタースピーカーだ!おすすめのモニタースピーカー、ヘッドホン

モニター環境とは、音楽制作の際のスピーカーやその配置などのことです。 スピーカーを置く場所や、種類によって低音が強調されたりするものがあるので、まずここがしっかりしていないと良いミックスは出来ません。 いや、ミックス以前に今自分が出している音が良い音かどうかも分かりません。 常にサングラスか色眼鏡をしながら世界を見ているようなものです。 写真のようなスタジオを持つのは個人では難しいですが、最低限モニター用のスピーカーとヘッドホンは準備しましょう。 自分の部屋がスタジオの方におすすめする、スピーカー、ヘッドホンを紹介します。
Electronic Music の作り方

Aphex Twin の音楽についての考察

Aphex Twin の音楽について Aphex Twin。エレクトリックミュージックシーンの巨人です。 今回は彼と、彼の音楽について書いていきたいと思います。 むかつく、またはキモい映像について まず、最初に見た目...
現代音楽

時間?確率?音楽?建築?名曲 Metastasis について

みなさん、クセナキスを知っていますか? 天才的な作曲家で、建築家としての経験を生かし独創的な作品を作った作曲家です。 僕は彼の音楽が大好きです。聴いていると、時間軸が歪むし、宇宙もみえます ;-)  そんな彼の作品などを紹介した記事はこちら。 作曲家にして建築家 -ヤニス・クセナキス / Iannis Xenakis Metastasis 今回は彼の最初のオーケストラ作品にして、重要な曲 Metastasis について書いていきたいと思います。 とりあえず聴いてみましょう。
現代音楽

音楽の可能性を広げ続けた作曲家 ジョン・ケージ / John Cage

ジョン・ケージの音楽をまとめてみよう 現代音楽の巨人『ジョン・ケージ』の作品を年代別にまとめてみました。 個人的な勉強で色々音楽を聴いていたわけですが、折角ならまとめておこうということで。 2019年、現在進行形で...
音楽について

現代の芸術家、作曲家のY字路

作曲に限らず、芸術を作るにあたっての根本的な考えがあります。それは、 今までの既存の方法を使い素晴らしい作品をつくるか。 もしくは、新しい概念をつくりだすか。 のY字路。
音楽、作曲家の紹介

作曲家にして建築家 -ヤニス・クセナキス / Iannis Xenakis

クセナキスはギリシャ系フランス人で、建築家であり、作曲家でもあります。ここからwikipedia などを参照しながら彼の音楽を紹介していきます。 僕にとって彼の音楽は特別で、数少ない宇宙を感じさせてくれる、最大限に尊敬している作曲家です :-) 
ブレークビーツの作り方

こんな時代だから、レコ屋でdigろう、レアグルーブ!

まず、Rare Groove/レアグルーヴ ってなんぞや?ということですが、 珍しい、あんまり知られてない、でもかっこいい レコード(曲)のこと です。 ちなみに『digる ディグる』 っていうのは、英語のdig 掘る 、でディグるです。日本語でもレコードをむやみに探しまくるとき、レコードを掘るっていいますね。ディグる、とか日本的ですよね :-D  題名で使ってみましたが、現実世界で使ったことはまだ無いです。試みたことは何度かありますが 笑
スポンサーリンク