バイオリン、ヴィオラ、チェロ奏者の為のスケールって何?トライアド?分かりやすく説明します。

音楽をはじめると良く聞くこの言葉。。

ここで分かりやすく説明します。

バイオリン、ヴィオラ、チェロ奏者の為のスケールって何?トライアド?分かりやすく説明します。

音楽の基本、『スケール』について

ドレミ

まず、音楽にはスケールというものが、あります。

みなさん知っている『ドレミファソラシド』です。この音の並びを『スケール』と言います。

 

スケールは大きく分けて二種類

スケールには実は沢山の種類があって、それを使って色々な曲は作曲されています。

その中で、大きく分けると、

『Major scale、Dur-Tonleiter(独)、メジャースケール』

『minor scale、Moll-Tonleiter(独)、マイナースケール』になります。

 

明るい メジャースケールと、暗い マイナースケール

では、実際にその二つのスケールの違いを見てみましょう。

 

Dur、Major、メジャー、長調

f:id:Y-Bit:20180524232101g:plain

 

f:id:Y-Bit:20180524230445j:plain

 

Moll 、Minor、マイナー、短調

f:id:Y-Bit:20180524233341j:plain

ミ が半音下がっていますね。これが、Moll のもっとも重要なポイントです。この3度にあたる音が、半音下がることによって悲しい雰囲気がでます。

音楽って不思議ですね。

 

トライアド(分散和音)について

ここまで分かったら、トライアドについては簡単です。

一個飛ばしに弾けば、トライアドになります。

これを、3つ一緒に弾いたら『コード』になります。ピアノで弾いてみましょう。

 

f:id:Y-Bit:20180524234226j:plain

 

Mollも同じように、一個飛ばしで弾いて見ましょう。うーん、悲しい。。

 

色々なスケール

ここまでで紹介したのは代表的な2つのスケールですが、実はスケールは沢山あり、それぞれが様々な表情を持っています。

他のスケールはこちらで紹介しています。

スケールを使って曲に世界観をもたせる
作曲や楽器でソロを弾く場合、晴れ渡った雰囲気をだしたいとか、怪しい雰囲気、オリエンタルな感じを出したいなどあると思います。 じつは、簡単にその雰囲気を出せる方法『スケール』というものがあるんです。ここでは曲の雰囲気を司...

 

まとめ

という事で、音楽を構成する、スケール、トライアドが理解できたと思います。

他にも、効率的なチェロの練習方法など書いているので、読んでみて下さい。