AKAI MPC Live の機能を徹底解説

AKAI MPC Live

ここでは名機MPC2000 の流れを引くAKAI MPC Live の機能を徹底的に解説します!

 

他のおすすめのハードサンプラーはこちら

サンプラーで無限の可能性を手に入れよう、おすすめのハードサンプラーを紹介
コーヘー君 俺、ハードサンプラー買うわ。やっぱヒップホップトラック制作はハードに限る。 ツェートヴェン君 私もパソコンのソフトサンプラーを使っているが...

 

AKAI MPC Live の機能を徹底解説

ハード本体のみでもビート完結!+パソコンでも使える

PCにイチイチ繋いでオタクみたいにニヤニヤしながら、ビートを作るのではなくて、MPC単体でビートを作れるよっていうことです。

 

専用ソフトMPC software 2.0 でPCにつないで作業も出来る

でも、パソコンでの作業は楽っちゃ楽です。専用のソフトでサンプルをカットしたり、パターン組んだりも出来ます。

逆にこのソフトの操作をMPCでも出来ます。だからパッドを叩いてそのままPCに録音とか出来るってことです。

 

MPC software 2.0は Ableton live でも動く

MPC software 2.0 はDAWソフトの Ableton live の中で立ち上げることも出来ます。

やっぱビート系で Ableton 使ってる人多いですからね。

 

どこでも持ち歩ける充電式バッテリー内蔵

MPC live

充電式のリチウムイオンバッテリーを内蔵しているので、電源のことを考えず自由に持ち出せます。

友達の家に持っていって遊んだり、公園でビート作るとか、外にスピーカー持っていってライブするとかも出来ますね。充電は6時間持つって言ってます。まあ3時間でも十分ですね。

 

MPC live の操作性。超見やすい!7インチ高解像度マルチタッチディスプレイ

タッチパネルで動く

スマホみたいに使えます。画面もでかいのでストレスがないですね。

 

ミックスも出来る

MPCのディスプレイでミキサーを起動すれば、鳴ってる音を確認して、ボリューム変えたり、ミュートしたり、PAN振ったりも出来ます。

 

パッドを押す圧で音量が変わる

パッドを押す圧力で音量をコントロール出来ます。音量一定も勿論できる。どういうことかは動画で(その部分からはじまります)。

MPC Live – Product Overview Video

 

1つのサンプル音源の設定を変えてパッドに割り振れる

例えば、なんか1つのエレピのサンプルがあるとするじゃないですか。

サンプル音の音程を変えてパッドに割り振るとか、音量を変えて割り振るとかですね。

 

ステップシーケンサーとエフェクター

この部分ではシーケンサーを組んでる所と、エフェクターを紹介してます。

シーケンサーっていうのはドラムパターンみたいな感じです。リアルタイムで叩いたものを録音も出来ますが、一個一個押してプログラミングも出来ます。

MPC Live – Product Overview Video

そのあとの動画では、サンプルの編集とかやってます。

 

MPC Liveの入出力

アウトプット/出力

アウトプットはメインのアウトプットの他に2つのステレオ出力がついてます。

パラで出力して、別々に録音とかも出来るわけです。

 

インプット/入力

RCA ケーブル

RCA ケーブル

phone ケーブル

フォン ケーブル

 

 

 

 

 

入力はステレオLRのフォン入力と、RCAの入力あって合計2つついてます。

フォンケーブルはドラムマシン繋げたりする時に使ったりしますし、RCAケーブルはターンテーブルからサンプリングする時に使う感じです。

もちろんパソコンに繋げば、この端子を使わないでパソコンから送ったりも出来ます。

 

動作が速い!容量でかい!音源も多数収録!

2GB RAM搭載で動作が速い

RAMっていうのは机の広さみたいなもので、これが大きいとCPUに動きが速いです。

つまり速いっす。

 

容量十分!16GBのオンボードストレージ搭載(10GB以上のサウンドコンテンツを含む)

10GB以上のサウンドコンテンツ

10GB以上のサウンドコンテンツはプリセットで入ってます。

ループとかドラムとかキーボードとかベースとか。。。

ドラムの音源も多彩でダブとかドラムンとか、ダブステップとか色々です。

だから、これ切ってビート作るのも出来ますね。10GBは多すぎだろっと思いますが。

音聴いてるだけで1日終わるわ。

 

フルサイズSDカードスロット

プラスSDカードに記録することも出来ます。

もういいよ。そんなに音源いらねーよってなりますね。

 

拡張可能な2.5″ SATAドライブコネクター(SSDまたはHDD)

もし必要ならSSDかHDDを拡張出来ます。

16GB中プリセットが10GB。6GBは残ってるわけだから、十分だと思うんだけど、必要な人は足せます。

 

USBドライブやMIDIコントローラー用の2つのUSB3.0A端子スロット

MIDI端子がIN、OUT2つずつあります。

これでPCと同期したり、ドラムマシンと同期したり、他のMIDIコントローラーと同期したりできるわけです。

USBもUSBタイプA端子 x 2、USBタイプB端子 x 1ついてます。

 

まとめ

えらそうに『徹底解説』って書いたけど、全部は無理だー。

機能が多すぎ。それ位 MPC Live の機能は半端じゃないです!

圧倒的におすすめの最強のサンプラー『MPC live』 でした!!