サンプラーで無限の可能性を手に入れよう、おすすめのハードサンプラーを紹介

スポンサーリンク

AKAI MPC2000

 

 

コーへー君
俺、ハードサンプラー買うわ。やっぱヒップホップトラック制作はハードに限る。
チェートーヴェン君
私もパソコンのソフトサンプラーを使っているが、新たな可能性の音楽を作るためにハードサンプラーが欲しいぞ。
コーへー君
ソフトサンプラーでもいいけどな、ハードだと間違えとか思いもよらない事が起きて、予想を超えたビートが出来たりするんだ。
チェートーヴェン君
ちなみに、DAWソフトで使えるフリーソフトサンプラーについてはこちら。これを使えばパソコンがサンプラーになるぞ。
コーへー君
じゃあ、機材別にどんな音楽の制作に向いてるか説明していくか。
フリーソフトサンプラーでヒップホップトラックを簡単に作ろう
フリーソフトサンプラーでヒップホップトラックを簡単に作ろう サンプリングによるビートメイキング ヒップホップトラックの作り方の代表としては、やはり サンプリ...

 

コーへー君
他のヒップでホップな記事はここだ。
MPC2000を使ってサンプリングで作る ヒップホップトラック、ビート、ブレークビーツ
MPC2000を使ってサンプリングで作る ヒップホップトラック、ビート、ブレークビーツ Hip Hop!! ゴチャゴチャ言わずに、言葉とリズムで作り出すアート、原始的で好きです。 後ろで流れるトラック、ビートは曲の世界観を...

 


 

AKAI MPC Live

サウンドハウスでMPC Live をみる

 

数々の名トラックを作り出した名機MPC2000が進化したモデルです。

パソコンに繋がずに一台で完結でき(繋ぐことももちろん可能)、大画面のディスプレイで編集のストレスもありません。

しかもこのパネル、タッチパネルです。スマホみたいに編集できちゃうわけですね。

値段は税込み130,000円程度で、うおっ!となる値段ですが、これ買ってしまえば相当のことは出来ます。

パソコンに繋げば、MIDIコントローラーとしても活用できます。

ヒップホップビートはもちろんハウス、テクノもこの一台の中で楽勝でつくれます。しかも様々なエフェクター、編集機能がついているので、遊びながら気付けばすごいトラックが出来ているという、ハードの鑑のような機材です。

 

サウンドハウスでMPC Live をみる

 

コーへー君
数々の名ビートを作ってきたMPCの最新版だ。今の時代に昔のMPC2000をあえて使うのもいいが、時代は変わっていて、俺はそれにこだわる必要性は無いと思っている。操作性が5倍は良くなってるからな。俺は迷わずこいつを買うぜ!エム!ピー!シー!ヘッズには特別な響きだろ?

 

ROLAND ( ローランド ) / SP-404SX

サウンドハウスでROLAND ( ローランド ) / SP-404SX をみる

 

世界的に人気の定番サンプラーです。僕も持っています。

良くライブなどで使われいるのをみますね。また演劇などでの音のポン出しにも使えます。

コンパクトなので持ち運びが楽で(ライブやる人には超重要)、単三電池でも稼動するので、天気のいい日にスピーカーとSP-404を持って外で演奏も出来ます。

操作も簡単で、パターンシーケンサーで直感的に打ち込んだ音をそのまま再生できます。

そしてなにより、内蔵のエフェクターが素晴らしいです。これを使い音色を変化させて新しい音が作れます。

音楽制作、ライブにうってつけの素晴らしい機材です。

SP‐404 SX でヒップホップビートを作ろう
SP-404でビートを作る SP-404を買ったけど使い方が良く分からない。。どうやってヒップホップビート作ったらいいの? 色々な作り方を紹介しているビデオを紹介します。 これはMPC2000での制作。 ...

 

SP404を使ったライブ例

ラップの声やビートは、すでにSP404の中にサンプリングしておいて、それをエフェクターを使って遊んでます。

 

サウンドハウスでROLAND ( ローランド ) / SP-404SX をみる

 

コーへー君
こいつも大分有名なサンプラーだな。ライブなどに向いたサンプラーであるのは確かだ。しかし、煙てえライブだな。
チェートーヴェン君
叩いた音をそのまま再生してくれるんだな。これがあればライブの音の幅は相当広がるな。値段もそこまで高くない。
コーへー君
まあ、俺はやっぱ MPC Live にするぜ。値段は倍近いが、それだけの価値があると思ってるよ。しかし、このSP-404はまた特別な機材だ。MPCとは別に持っててもナイスだ。
コーへー君
ちなみにこれは、ダチのKatachi Beats(Y-Bit Music) が SP-404で作ったビートだ。


 

TEENAGE ENGINEERING ( ティーンエイジ エンジニアリング ) / OP-1

サウンドハウスで TEENAGE ENGINEERING ( ティーンエイジ エンジニアリング ) / OP-1 をみる

おもちゃのような見た目に反して値段は10万円もするOP-1。

様々な音の内蔵シンセの他、サンプリングもできるし、テープのようにリバースなどもできます。

リアルタイムに色々なことができ、想像力爆発の機材です。

そして、音がメチャクチャ良い。

ファミコンの8bitサウンドからFMシンセのサウンド、そしてドラムまで入っていて音色を変化させることが出来ます。

音質は動画を見てもらえれば分かるように、思わず引き込まれるサウンドです。

僕は個人的に、最近の中では大発明の名機だと思います。

10万も納得。

 

サウンドハウスで TEENAGE ENGINEERING ( ティーンエイジ エンジニアリング ) / OP-1 をみる

 

コーへー君
こいつの操作性、アイデア、音は最高だ。小さくて可愛い見た目に反して半端じゃねえやつだ。ヒップホップビートも楽勝で作れるが、やっぱビートメイキングはMPCのほうがいいな。見た目がもやしっ子じゃねえか。
チェートーヴェン君
私は、このマシンの創造性に感嘆している。私が買うのはこのマシンだ。私の想像力を一番爆発させてくれると思っているぞ!私はこの洗練された見た目が好きだ。

 

Elektron エレクトロン / Octatrack DPS-1 MK II サンプラー シーケンサー

Elektron エレクトロン / Octatrack DPS-1 MK II サンプラー シーケンサー

 

最強のパファーマンスマシン

値段が16万円!!きゃー!

初代機の Octatrack DPS-1 も素晴らしいのですが、操作が複雑すぎ扱える人が稀と噂のマシンでした。

操れるトラックは8トラックあります、だから8を意味する 『Octa』です。

MK-Ⅱになり大分扱いやすくなりましたが、それでも難しいです。出来ることが多すぎる、多機能だという事ですね。

この機材の素晴らしいところはリアルタイムでサンプリングし演奏できるところです。

そのサンプリングした音を自動で割り振り、シーケンスできます。

動画を見てもらえれば分かりますが、本当に様々なことが出来るので、操れたらものすごいサウンドが即興で出来ます。

友人は、モジュラーシンセと Octatrack でライブしていますが、メチャクチャすごいライブします。

 

 

サウンドハウスではMK-Ⅱの取り扱いなし

 

コーへー君
こいつが本領を発揮する音楽はハウス、テクノなんかのクラブミュージックだ!ヒップホップトラックメイキング向きじゃない。
チェートーヴェン君
君がクラブミュージックをどんどん作っていきたいなら、こいつで決まりだろう!スタジオで色々いじっているうちに次々とトラックが出来てくる代物だ。

 

Elektron エレクトロン/Digitakt DDS-8

 

これも上のOctatrackと同じメーカー、ELEKTRONの製品です。

友人が持っていて触らしてもらったのですが、扱いは超簡単です。

ドラムマシン、そしてサンプラーとしても使えます。サンプルした音源はリアルタイムで編集できるので、色々遊んでるうちにかっこいいトラックが出来ます。

だいぶ直感的に演奏できるし、編集の幅も広い。

 

 

サウンドハウスでELEKTRON ( エレクトロン ) / Digitakt DDS-8をみる

コーへー君
悪くねえけどな。ビートも問題なく作れるしな。
チェートーヴェン君
うむ。悪くないというか良いがこの機材もクラブミュージックよりではある。

 

KORG ( コルグ ) / ELECTRIBE2S-RD

サウンドハウスで KORG ( コルグ ) / ELECTRIBE2S-RD をみる

Electribe は少し前真空管付きのモデルが発売されていましたが、それの最新版です。

値段も25,000円程度と安く、手が出しやすいですね。

Electribeには青バージョンと赤バージョンがあります。

青の方はシンセ、ドラムマシンの機能。

赤はサンプラーです。

僕も初代Electribeの青を持っていますが、ライブに使うのに最高の機材です。写真左にタッチセンサーがありますが、そこを触って音色の変化やリズムを変化させられるわけです。

老舗KORGですので、品質に間違いはないです。

 

サウンドハウスで KORG ( コルグ ) / ELECTRIBE2S-RD をみる

コーへー君
こいつでも問題なくトラックメイキングはできるな。しかもつまみで音を変化させられるから、触っていて面白い。ビートメーカーはみんなSP-404かMPCだから、こいつを使えば他とは違ったサウンドが得られるかも知れんな。
チェートーヴェン君
ライブにも使いやすいようだな。

 

KORG ( コルグ ) / VOLCA-SAMPLE

サウンドハウスで KORG ( コルグ ) / VOLCA-SAMPLE をみる

Korg Volcaシリーズはいわずと知れた名機揃いですが、その中にサンプラーもあります。

動画を見てもらえれば分かりますが、スマホと連携させてサンプリングできるので手軽ですね。

スマホ用のマイクを買って、アウトドアがてら自然音をサンプリング、後でVolca Sampleで編集などもできます。

音程を変化させたり、エフェクターもかけられるので可能性は広がります。

 

 

サウンドハウスで KORG ( コルグ ) / VOLCA-SAMPLE をみる

 

コーへー君
こいつも悪くない。まあ、MIDIでMIDIパッドと繋げばMPCみたいに叩けるし、エフェクターも充実しているしな。ただ、操作性は良くないな。液晶ももちろん無いしな。
チェートーヴェン君
ただこれだけでビートメイキングは面倒なことになるだろう

 

まとめ

コーへー君
つー事でサンプラー紹介したが、俺はMPC Live に決まりだ。MPCの子孫であることは俺にとって重要だ!こいつでガンガン、ビートメイキングしていくぜ!SP-404 は後で買うつもりだ。同じサンプラーでもまったく違うマシンだからな。
チェートーヴェン君
私はOP-1だな。創造性の広がりを感じたぞ。

 

色々なサンプラーを紹介しましたが、どの機材も使い方により無限の可能性を発揮します。

どれも、それぞれの個性があって素晴らしい機材です。どんな機材でも使える人は使えるので、

色々考えずに予算に合わせ、阿弥陀くじで決めて、その機材を遊び倒しましょう 😉

では、良い音楽ライフを♪


記事が面白かったら、お願いします!

コメント

  1. […] […]

  2. […] 音楽、作曲家の紹介 オーケストラの名曲を紹介 Electronic Music の作り方 サンプラーで無限の可能性を手に入れよう、お… 楽器、機材のはなし 僕が microkorg をすすめる6つの理由 […]