スペクトル楽派について、音楽の紹介

 

スペクトル楽派というのは音を構成する倍音成分に注目した音楽です。

例えば楽器で ド の音を鳴らすと、同時に色々な音が鳴っています。これを倍音と言いますが、それを顕微鏡でみるような感じですね。

You can see in this video the OVERTONE/ 倍音を見てみよう

倍音についてはこちら

音色の秘密。倍音って何?分かりやすく説明
楽器はそれぞれ独自の音色を持っています。 なぜ独自の音を持っているのかと言うと、それぞれ倍音の含まれ方が違うからです。 楽器の材質や奏法が違うのは音色が違う原因ですが、結果として音色が違うのは倍音の含まれ...

 

スペクトルに関してはこちらで説明しています。

音の高さ、音量が見える!フーリエ変換、スペクトルって何だろう?
この記事を読むと、 音の基礎、周波数について分かる エフェクターやシンセサイザーの構造の基礎が分かる これを理解していけば、エフェクターも何をしたいのか見当がつきますし、ミックスの場面でも役に立つので是...

 

ここではそんなスペクトル楽派と呼ばれる音楽を見ていこうと思います。

でも、スペクトル楽派に含まれないかも知れないけど、そこら辺の作曲をしてる曲も含みます。

 

スペクトル楽派について、音楽の紹介

スペクトル楽派とIRCAM/ イルカム

IRCAM はフランスの音響および音楽の探求と共同のための研究所です。

IRCAMの開発したソフトに Max/MSP、OpenMusic などがあります。

このOpenMusicで『ある音』を解析して音符に出来ます。

L'Ircam
L’Institut de recherche et coordination acoustique/musique est aujourd’hui l’un des plus grands centres de recherche publique au monde se consacrant à la créati...

 

スペクトル楽派の考察

インターネットで見つけた論文を貼っておきます。

Guide to the Basic Concepts and Techniques of Spectral Music

 

GÉRARD GRISEY/ジェラール・グリゼー

Les Espaces Acoustiques/音響空間

全曲にわたって ミ(E) の音の倍音に基づいて書かれていて、純粋な倍音から噪音(ノイズ)を多く含む音、そして完全なノイズに至るまでの、さまざまな音響スペクトルの推移を描いています。

 

 

Tristan Murail /トリスタン・ミュライユ

Gondwana (1980)

Tristan Murail: Gondwana (1980) for orchestra

 

黛敏郎「涅槃交響曲」

涅槃図(19世紀)

涅槃はサンスクリット語で『Nirvana』。ニルヴァーナというバンドも有名ですね。

涅槃(ねはん)、ニルヴァーナ(サンスクリット語: निर्वाणnirvāṇa)、ニッバーナ(パーリ語: निब्बानnibbāna)とは、一般にヒンドゥー教ジャイナ教仏教における概念であり、繰り返す再生の輪廻(サンサーラ)から解放された状態のこと

インド発祥の宗教においては、ニルヴァーナは解脱(モークシャ,moksha または ムクティ,mukti)の別名である。

すべてのインドの宗教は、ニルヴァーナは完全な静寂、自​​由、最高の幸福の状態であるだけでなく、誕生、生、死の繰り返しであるサンサーラからの解放と終了であると主張している。

仏教においては、煩悩を滅尽して悟り智慧菩提)を完成した境地のこと。涅槃は、生死を超えた悟りの世界であり、仏教の究極的な実践目的とされる。完全な涅槃を般涅槃(はつねはん)、釈迦入滅大般涅槃という。この世に人として現れたの肉体の死を指すこともある。仏教以外の教えにも涅槃を説くものがあるが、仏教の涅槃とは異なる。

Wikipedia から引用

涅槃 - Wikipedia

 

鐘の音を分析してオーケストラで演奏

黛敏郎さんは、梵鐘(お寺に置いてある鐘)を打つ音を解析した上でその音をオーケストラにて再現するという手法も取りました。

上の曲 Gondwana と同じですが、1958年の当時は IRCAM も無く、スペクトル分析は出来ませんでした。その結果は 第1楽章 – カンパノロジー I でその音を聴くことが出来ます。

曲の内容を黛さんの解説と共にまとめている方がいました。

黛敏郎《涅槃交響曲》(1958 年)の「カンパノロジー・エフェクト」に関する一考察

 

ちなみに武満徹さんの若かりし頃、ピアノがなくて困っている時に、ピアノをプレゼントしたのは黛さんです。

黛敏郎「涅槃交響曲」 Toshiro Mayuzumi “Nirvana Symphony”

 

Peter Ablinger

人の話し声を解析してピアノで演奏したものです。

普段の会話もこんな複雑な和音で構成されてるんですね。。。。

そういえば、スティーブ・ライヒも人の話し声の音程を作曲に取り入れてました。

Speaking Piano – Now with (somewhat decent) captions!
TALKING PIANO – Can You Understand What the Piano Says and Sing?

Peter Ablingerのものではありませんが、ポップ音楽で試したもの。

ピアノの音だけなのに歌詞が聞こえてきます。脳が勝手に変換してるんですね。

Auditory Illusions: Hearing Lyrics Where There Are None

つづく。。。