不思議な雰囲気の音楽をつくる ホールトーンスケールについて

不思議な雰囲気の音楽をつくる ホールトーンスケールについて

夢の中にいるようなふわふわした雰囲気の曲を作りたいんだけど、上手くいかない。

そんな不思議な雰囲気を出せるスケールがあるんです。

では、このスケールをみてみましょう。

 

スケールについてはこちら

スケールを使って曲に世界観をもたせる
作曲するに当たって、この曲は晴れ渡った雰囲気をだしたい、この曲は暗い雰囲気。 またはオリエンタルな感じを出したいなどあると思います。 じつは、簡単にその雰囲気を出せる方法『スケール』というものがあるんです。 ...

 

ホールトーンスケールの構成

上が ホールトーンスケール(whole tone scale)です。

作曲家の Debussy が最初に用いたスケールで、特徴は音の並びが全て全音なんです。

 

ホールトーンの意味

ホールと言うのは英語の『Whole』で全部とかの意味があります。

楽器をみると、半音と全音がありますね?

並びが全音で出来てるのでホールトーンです。

 

6個の音からなるスケール

ホールトーンスケールを見てみると、オクターブの中に納まる音符は6個だけ、そして4,5,6度の音がシャープになります。

また、このスケールは移調しようとすると、並びが全て全音なのでもう一種類しかありません。

 

なぜ、不思議な感覚がするのか

音楽が調性の中で作曲された場合、メロディーの中のそれぞれの音に向かう方向や特性があります。

特に4度(ファ)、5度(ソ)は重要な音になりますが、ホールトーンスケールではどちらも半音あがってるので、フワフワしてしまうんです。

楽器で C から弾いてみると分りますが、F♯ からふわっとした感じがするのではないでしょうか。

 

ホールトーンスケール上でコード進行を作る

コード進行でもサブドミナント(4度)、ドミナント(5度)とありますが、これをホールトーンスケールで作ると、

どこを弾いても augmented triad (増三和音)になります。

このコードで4度、5度と弾いてみたら分ると思いますが、ダイアトニックコードようなはっきりした進行は感じられないのではないでしょうか。

 

ダイアトニックスケールには半音が含まれていて、その音が求心力を作るわけですが、

ホールトーンスケールは全て全音なのでその求心力が散ってしまうため、進行が薄くなってしまうんです。

(それでも、5度を弾いたらドミナントらしさはあります)

 

ホールトーンスケールに変えてみよう

自分の曲や、お気に入りの曲をホールトーンスケールに変えて遊んでみましょう。

例えばキラキラ星やドレミの歌をホールトーンスケールで弾いて見ましょう。

 

聴きなれているだけに、凄く違和感を感じるのではないでしょうか。

 

ジャズのアドリブで使ってみる

ジャズのソロなんかでメロディーをアウトさせたかったら、ホールトーンスケールでメロディー弾いたら、はみでたサウンドになります。

普通はドミナント7の場所で使われたりしますが、ソロの時にメロディー全体をホールトーンスケールで弾いたら面白いですね。

 

作曲例

これは僕が風邪をひいていた時に、その状態を音楽にしたわけですが、ほんとに風邪をひいていて曲の長さが短いです。

 

まとめ

ということで、ホールトーンスケールの紹介でした。

スケールを使うと簡単に曲の雰囲気を変えられるのでいいですよ。

色々試してみてください。