アンビエントミュージックの作り方。~時間を引き延ばす~

photo by Max Khokhlov

 

アンビエントミュージックの1つの作り方を紹介

アンビエントミュージックを作りたい。

でもどうやって作ったらいいんだろう?

 

一言で 『アンビエント』 と言ってもその幅は非常に広いですが、

今回は一つの方法として、手軽にアンビエントミュージックを作れるソフトを紹介します。


作ったアンビエントの紹介

 

早速ですが、僕の作ったその音楽を紹介します。

聞き流しながら読んでください。

 

 

その作り方

この音楽は僕の作った原曲があります。

この曲の前半部分をソフトを使って、300パーセント引き伸ばしているんです。

 

使ったソフト Paul’s Extreme Sound Stretch

Paul’s Extreme Sound Stretchというソフトがありまして、それでタイムストレッチ(音を引き伸ばす)させました。

Cubaseでもタイムストレッチはできますが、ちょっと使い物にならないレベルです。

 

Paul’s Extreme Sound Stretch

 

無料でダウンロードできます。

メチャクチャ引き伸ばせば、1分の曲が1年にまで引き伸ばせます 😀

そこまで行くと、コンセプチュアルアートですね。

 

ダウンロードは基本無料ですが、サイト上部の『Donate』から少しお金を寄付が出来るようになっています。

素晴らしいソフトなので、気持ちがあったら寄付しましょう。

 

色々な音、音楽を引き伸ばしてみる

最初にダウンロードした際に、面白くて色々な音楽を引き伸ばしてみたのですが、

なんとなくアンビエントっぽくなりますが、大抵はインチキ、 メディテーションミュージックみたいになりますね。

僕の作った曲も インチキ、 メディテーションミュージックみたいになっていないことを祈ります 🙂

 

キック一個を思い切り引き伸ばすなんてやったら面白いかも知れないですね。0.5秒のキックが30秒に。。。とか。

ノイズを引き伸ばしまくるとかしたら、思ってもない音色が手に入れられるかも知れないです。

 

アンビエントミュージックの紹介

こちらにいくつか僕の好きなアンビエント作品を紹介しておきます。

Tetsu Inoue / World Receiver

Brian Eno – Ambient 1: Music for Airports 

ここらへんからYoutubeの関連動画でいろいろな音楽を聴いていけば、色々と出会えると思います。

 

そして僕の作った曲 / The Head

 

Have a nice trip 😎

では良い音楽ライフを♪