キック専用アナログドラムマシン『Volca kick、ヴォルカ キック』で太いキックを作ろう

キック専用アナログドラムマシン『Volca kick、ヴォルカ キック』で太いキックを作ろう

空間を振動させる太いキック、キック一発で場を支配できるキック。

クラブミュージックにおいてキックは一番重要といえます。

そんなキックをアナログドラムマシン『Volca kick』で作ってしまいましょう。

ここでは、具体的なキックの作り方を説明します。

 

他のおすすめアナログドラムマシンについてはこちら

音楽で世界を揺らす為におすすめのドラムマシンを紹介
世界を音楽で揺らすためにはドラムマシンが必要である ~アリストテレス~ っていう石板が発見されたって、誰かが言ってました。 ということで、おすすめのドラムマシンを紹介します。 ドラムマシンにもアナロ...

 

キックの作り方

では、実際にキックを作ってみましょう。

 

キックは モノラル が基本

キックを録音する際は、Mono で録音しましょう。

太いキックをど真ん中でボーンっと鳴らします。左右にキック振ってあるのは、だいぶ変に聴こえます。

 

キックの編集、加工

Volca Kick をパソコンに取り込んでからの編集方法です。

これはキックのアタックを強くする方法です。

 

この動画はキックを分割して、さらに細かく編集する方法です。

 

こちらで、他の編集方法も見れます。

世界を揺らす図太いキックの作り方-ヒップホップビート、テクノ、ハウス
Electronic music で重要な要素である 『Kick』、ヒップホップビートやテクノ、ハウスに至っては最重要課題かもしれません。 曲作ったんだけど、キックがパスパスいってて悲しい。。 リファレンスの曲み...

 

コンプを使ってもキックをデザインできます。

【DTM、DAW】コンプレッサーの基本の構造を分かりやすく説明
こんにちわー!ここではダイナミクス系エフェクターと言われるコンプレッサー/リミッターについて説明します! 上の写真は名機 TELETRONIX LA-2A です。これは、WAVES のプラグインでも出てますね。 ...

 

まとめ

ということで、『Volca kickのすすめ』 でした。

クラブミュージックは基本繰り返しなので、作曲簡単でしょ?と思われがちですが、実はこんなに深い世界だったのです。

一音にかける音楽、それがクラブミュージックの面白さなんですね。

では、良い音楽ライフを♪

 

サウンドハウスで見る