ヒップホップビートの色々な作り方

スポンサーリンク

トラック制作の色々なアプローチ方法を紹介

 

ここでは僕が試したヒップホップビートの作り方を簡単に説明していきます。

個々にその具体的な方法を書いてはいないので、ある程度作ったことがある方向きかもしれません。

ヒップホップビートは Katachi beats – 形ビーツ という名義で制作してます。お見知りおきを。

 

Katachi beats – 形ビーツ

サンプラーでフレーズをサンプリングし、ドラムトラックをのっける

オーソドックスな方法です。

何かの曲の一部をサンプラーでサンプリングし、そこにドラムトラックをのっけます。

 

このビートは自分の曲をカセットテープに録音し、そこからサンプリングしています。

カセットのアナログな音質が気に入ってます。

 

カセットテープを使ったローファイサウンド – Lo-fi sound with tape
世界的に人気のカセットテープ最近CDは廃れていき、レコードやカセットなどがどんどん盛り上がっています。確かにデータで音楽をやりとりするこの時代にCDは中途半端なメディアになってしまったかもしれません。僕も好きな音楽の...

 

名曲をほぼそのまま使う

これは著作権の話が関わってくるので、注意が必要です。

この方法でつくって売れても、元の作曲家にその売り上げ渡すつもりがあればいいと思います。作曲家も潤いますから。が自己責任で。

 

ドラムマシンにSP-404のコンプをかけまくる

このドラムトラックはドラムマシンをSP-404を通しコンプをかけまくってます。

ドラムにはキックやハットだけの部分で音量の差がありますが、コンプをかけることによりその音量の差がなくなり、でかい音でなっていたキックと静かになっていたハットが同じ音量になりめちゃくちゃ荒々しいドラムができます。

別にSP-404のコンプでなくてはダメだというわけではありません。

 

ドラムマシンについては、今はパソコンがドラムマシン代わりになりますが、本気で作るならやはりハードのドラムマシンの方が良いです。音圧が違います。

家の小さなスピーカーで楽しむ程度なら良いのですが、クラブなどの大きなスピーカーで鳴らすとパソコンの音は加工して太くしてもすぐ分かります。

でも、そんなことを考えるのはごく少数派なので、気にしないでも良いとも思います。

ちなみにおすすめのドラムマシンはこちら。

音楽で世界を揺らす為におすすめのドラムマシンを紹介
世界を音楽で揺らすためにはドラムマシンが必要である ~アリストテレス~ということで、おすすめのドラムマシンを紹介します。Volca シリーズKORGのVolcaシリーズは世界的に大人気のシリーズです。僕もKick,Bea...

 

 

ドラムマシンの音にSP-404のフィルターをかけてLo-fiにする

こちらもドラムマシンの音を一度SP-404に取り込み、エフェクター(フィルター)をかけたものです。

SP-404ユーザーは知っているかと思いますが、別に一度SP-404にサンプリングしないで、フィルターだけ通せば良いのでは?と思うかも知れませんが、そうするとドラムマシンの単調なリズムでつまらないので、一度サンプリング→自分でループさせています。

ちょっとリズムがずれる位の所でループさせると、グルーブがでます。

 

これも別にSP-404のフィルターでなくてはダメだというわけではありません。

AKAI MPC のフィルターも有名です。サンプラーにはだいたいついてると思うので、色々試してみましょう!音質にこだわるのならハードサンプラーのフィルターの方が良いです。

パソコンのエフェクターも進歩してますが、やっぱりハードの方がいいですね。

サンプラーで無限の可能性を手に入れよう、おすすめのハードサンプラーを紹介
フリーソフトサンプラーでヒップホップトラックを簡単に作ろうSP‐404 SX でヒップホップビートを作ろうMPC2000を使ってサンプリ...

 

動画と一緒にお楽しみください(動画に意味はありません) 笑

 

 

変なリズムで作る

変拍子などで作る方法です。これはこちらの記事に書いてあります。

乗りこなせる?変拍子のヒップホップビーツで遊ぼう!
世の中にはたくさんのヒップホップビーツがあります。かっこいいビートはそれだけで、ずっと聴けますよね 😎Lo-fiの非常に深い音質だったり、または、トラップのようなパキパキのノリだったり、色々な音質...

僕のビート

僕のビートです。

出来る限りシンプルに、音質にこだわるをモットーに作ってます。

新しい方法で作ったら書き足していこうと思います。

では♪

 

サウンドハウスでみる