ミニマルミュージックの紹介

スポンサーリンク

 

ミニマルミュージックの作曲家、作品を紹介

ここでは素晴らしいミニマルミュージックのアーティストと、その作品を紹介していきます。

僕も何曲か作曲したことがあり、その内容を書いた記事があるのでもし興味があれば読んでみてください。

ミニマルミュージックってなんだ?
ミニマルミュージックの概要 ミニマル(minimal)とは英語で 最小 の意味です。つまり、出来る限り少ない要素で作った音楽ですね。 Wikipedia にはこう書いてあります。うーん、あまり情報がないですね。 ミ...
トライアドで作る ミニマルミュージック
ミニマルミュージックの作り方 トライアドで作る 今回、ミニマルミュージックを作曲しました。その作曲工程を紹介していこうと思います。 おすすめのミニマルミュージックは ミニマルミュージックの紹介  で紹介しています。 ...
太陽系の音楽をつくってみる
太陽系の音楽 - Music of our Solar System コンセプト この音楽は僕たちの住むこの太陽系を何か音楽にできないかなと思って作った曲です。 上の写真のように太陽を中心として、水金地火木...
ミニマルミュージックの1つの作り方例
Steve Reich に代表される ミニマルミュージック。 その作り方の1つの例を動画にしました。 他にもミニマルミュージックについて書いた記事があるので、興味があればご覧ください。 ...

 


スポンサーリンク

Steve Reich

ミニマルといったらスティーブ・ライヒですね。

 

Reich: Sextet, Six Marimbas

ミニマルと言ったら Steve Reich という存在です。

イタリアにあるポンペイという遺跡を旅行していた際に(jojo が好きな人は知ってると思います)、アルバム 『Reich: Sextet, Six Marimbas』 をヘッドホンで聴きながら色々見ていたんですが、もう完全に別世界に行ってましたね、僕は。

今でもはっきり思い出せるくらいの衝撃でした。遺跡でミニマルおすすめです 笑

Six Marimbas – Steve Reich

Different Trains

世界大戦中、スティーブライヒはまだ子供でアメリカに住んでいて、彼は母に会うためよく長距離汽車に乗りました。

汽車の動く振動はまさしくミニマルミュージックで、その記憶は彼に深い影響を与えました。

同じ時期にヨーロッパでは彼と同じユダヤ人は、アウシュビッツ強制収容所へ向かう列車に乗せられていました。

 

戦争前、戦争中、戦争後と音楽は構成されています。

この音楽は別のページで、その作曲技法の詳細を書こうと思っています。

Different Trains (Steve Reich) – The Playground Ensemble

Piano Phase

同じフレーズを繰り返しているだけですが、もう一台のピアノが少しテンポが速くなり16分音符ずれます。

それを繰り返しているだけですが、この深い世界感。

単純だけに根源的な力がありますね。

Reich: Piano Phase

Terry Riley

ミニマルミュージックの大家の一人です。

 

In C

Wikipedia

演奏の自由度、その音楽のもつ深さによりたくさんレコーディングされています。

単純ながらめまぐるしく音が変化し色々な世界を表出させます。

その概要はこちらで紹介しています。

ミニマルミュージックの名曲 In C の概要
作曲家 Terry Riley Terry Riley はSteve Reich などに並ぶミニマルミュージックの大家の一人です。 ここでは 名曲 In C の紹介をします。 他のミニマルミュージックは ミニマルミュージ...

 

録音

Youtubeで聴ける僕の好きな録音を紹介します。

Marielle et Katia Labèque(ラベック姉妹)という姉妹のDuoのアルバムで« Minimalist Dream House »というアルバムの中に収録されている In C は電子音が入ったりと面白いです。

このアルバムのコンセプトが色々なミニマルミュージックを紹介するもので、凄く良いアルバムなのでおすすめです。

Katia Labèque, Marielle Labèque, David Chalmin, Raphaël Séguinier, Nicola Tescari – In C

 

Africa Express による In C です。

アフリカの乾いた音と映像がマッチしていい感じですね。

Africa Express Presents: Terry Riley's In C Mali

Hans Otte

Das Buch der Klänge

日本語に訳すと、『本の響き』で、素直に素敵な響きです。

この曲を聴いていると、ミヒャエル・エンデ の『MOMO』 が頭に浮かびます。

いや、MOMOだけじゃなく、同じくミヒャエル・エンデ の『Never Ending Story』 も浮かびます。

ミヒャエル・エンデもドイツ人だしな。

Hans Otte : Das Buch der Klänge (The Book of Sounds, 1979–82) by Nicolas Horvath

 


久石譲

スタジオ ジブリ の作曲家で有名な久石譲さん。

実は久石さんも、ミニマルミュージックのアルバムを出しています。

昔は久石譲さんは現代音楽の作曲をしていました。

ミニマルミュージックが好きだそうです。


記事が面白かったら、お願いします!

コメント

  1. […] ミニマルミュージックの紹介 […]

  2. […] 他のミニマルミュージックは ミニマルミュージックの紹介  で紹介しています。 […]

  3. […] J-pop の 構成、展開をミスチルで学ぼう。~ロックの作曲方法~ 音楽、作曲家の紹介 ミニマルミュージックの紹介 音楽について 音楽の呪術性 現代音楽 […]

  4. […] オススメのミニマルミュージックは 『ミニマルミュージックの紹介』を見てみてください。 […]

  5. […] おすすめのミニマルミュージックは ミニマルミュージックの紹介  で紹介しています。 […]