ためになった作曲の本をおすすめ!


 

ここでは僕が読んで参考になった本を紹介します。

ポップス、クラシック などの作曲方法、民族音楽、DTMの音のミキシングの方法などです。

 

 


Pop music編

 

リハーモナイズで磨くジャンル別コード・アレンジ術 

作曲というか、アレンジ、編曲の本です。

ジャズ、ボサノバ、ロック、R&B、ファンク、フォーク、J-pop と色々なジャンルの特徴をまとめ、詳しく解説されています。

ある程度、音楽知識がないと難しく感じられると思いますが、実践的で面白いです。

自分の曲をこの本の通りに編曲したらドンドン上達します。

 


 

JAZZ 曲集編

 

ザプロフェッショナル スタンダードジャズハンドブック

Jazz のスタンダードが掲載されている本です。

スタンダードハンドブックという割りに、Jam sessionで良くやる曲が入っていないのですが、この本の良いところは単純なコード進行で書かれているところです。

ジャズジャムセッションと言うと、ビバップのようにコードからアドリブをとるスタイルになりますが、その際ミュージシャンがコードを色々変化させて、ソロをとります。

有名なジャズスタンダードを集めた曲集 The Real Book などは、すでに複雑な進行が書き込まれていて自分で考える隙がありません。

この本は曲の原型といえる、簡単なコード進行のみ書かれているので、アドリブの練習にもなるし、アナライズすることで作曲の勉強にもなります。

この本と The Real Book のコード進行を比べてみるのも面白いですね。


 

The Real Book

 

Real book

 

上でも触れている Jazz Standard を集めた楽譜です。

その量、400曲!ほぼ、すべての楽曲を網羅してるのではないでしょうか?

以前は、著作権の関係で違法な本だったらしいですが、契約が成立し正規販売になりました。

 

amazonでみる

楽天でみる

 

 


 

ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲 (CD付き)

 

ジャズ・スタンダード・バイブル

 

この本も曲集で、ジャズベーシスト 納浩一さん監修の本です。

世界のトップジャズミュージシャンに数えられる納浩一さんが監修した本なら間違いないですね!

何より良いのがCD付きでその曲の雰囲気を味わえます。

今、大分売れている本です。

amazonでみる

楽天でみる

 

 


 

JAZZ理論編

 

どの本もしっかりやれば勉強になります。買った本とじっくり付き合いましょう。

しかし、ジャズのアドリブの考え方は様々です。

出来れば違った観点から見ている本を何冊か持っておいて、グルグル順番に勉強すれば飽きずに、しかもお互いの本の内容がくっついて面白いです。

ここでは、違った観点の本を紹介します。

 

 

ドレミで覚えるジャズ・アドリブの法則

 

ドレミで覚えるジャズ・アドリブの法則

 

基本から説明されているので、ジャズ初心者の方におすすめしたい本です。

この本の特徴はタイトルにあるように『ドレミ』を使って説明しています。

つまり固定ドで考えられているわけです。

ジャズのアドリブは様々な捕らえ方があるので、何が正しいとかはなく、

この本に沿って学べば間違いなく勉強になります。

amazonでみる

楽天でみる

 


 

マークレヴィン ザ・ジャズ・セオリー

 

マークレヴィン ザ・ジャズ・セオリー

 

世界的に売れている本です。

本格的にジャズを勉強したい方におすすめします。

すべてのジャズ理論が網羅されています。

値段は高いですが一生モノの本です。

 

amazonでみる

楽天でみる

 

 


 

ツーファイブジャズライン

 

ツーファイブジャズライン

 

Ⅱ-Ⅴ はジャズの最も重要な要素の一つです。

そんなⅡ-Ⅴ-Ⅰ ジャズラインを様々なアプローチで解説した本です。

最初から理論を勉強しまくって頭でっかちになるより、この本で2-5-1フレーズを弾きまくった方が、上達は間違いなく早いです。

おすすめです!

 

amazonでみる

 

 


 

DTM編

 

今の時代、パソコンがあればどんな音楽でも作れてしまいます。

しかし、いい音を出そうとすると、作曲技法並みに色々勉強しなくてはなりません。

 

どんなに良い曲でも、しっかり音が鳴っていないと台無しになってしまいます。

僕も作り始めは、何も考えずにやっていましたが、今改めてその頃の曲を聴くとひどいですね。。。

あなたに無駄な時間を使って欲しくないので、作りながら本を読んで勉強していきましょう。

 

ミックスやマスタリングには(もちろん作曲も)、正解はありませんが、ひどいミックス、ひどい作曲はあります。

最初に基礎だけ学んでしまいましょう!

 

 

エンジニアが教えるミックス・テクニック99

 

『太いエレキベース』や『ラインが見えるベース』、スネア、ピアノ、ストリングスの音の処理法、

エフェクターの使い方など具体的にどうしたい時は、こうするという事が書かれています。

全体的に書かれているので、最初一冊に!沢山学べます。

 

 


 

DAWではじめる自宅マスタリング

 

この本は、始めてマスタリング、2MIXをする方に特におすすめです。

別記事にレビューを書いてるので、読んでください。

読まないでも、おすすめ!

めちゃくちゃ分かりやすい『DAWではじめる自宅マスタリング』をレビュー!


 

DTMでクラシック〜名曲で学ぶ表情豊かな打ち込みテクニック〜 

 

打ち込みでオーケストラの曲を作りたい方へ向けた本です。

クラシックの色々な曲のmidiファイルが用意されていて、それに合わせて色々勉強できます。

分かりやすくて、おすすめです!

 


 

クラシック編

 

作曲の基礎技法 – シェーンベルク

 

12音技法で有名な作曲家、Arnold schoenberg の著書です。

クラシックの作曲のための基礎技法が載っています。モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェンなどの譜例をもとに解説されています。

専門用語も多いので、ある程度音楽理論がわからないと読み進めるのは難しいと思いますが、内容に富んだ本です。

 

 


 

現代音楽の本

 

Technique of my musical language – Olivier Messiaen

 

作曲家 オリヴィエ・メシアンの著書で邦題は『音楽言語の技法』で、メシアンの作曲技法が書かれています。

現代音楽の作曲法は自由ですが、自分の語法(作曲法)を発明し作曲しなくてはなりません。

そのメシアンの作曲の方法論が書かれた本です。なんと書いた年齢36歳!!どんだけ天才なんだよ 😮 

 

日本語訳は長い間絶版でしたが、改めて再版されました!わーい。(僕は英語版買っちゃったけど)

現代音楽を作曲したいんだ!という人は避けて通れない本です。

 

 

 


 

下の三冊も現代音楽の本です。

個別に記事を書いているので読んでみて下さい。

 

武満 徹の世界を訪ねる 音、沈黙と測りあえるほどに

 

別宮 貞雄 著 音楽の不思議

 

天才作曲家バルトークの作曲技法を盗め!

 


 

民族音楽編

 

世界には様々な音楽があります。

その中で私たちの親しんでいる音楽はヨーロッパの音楽で、これは音楽の一分野でしかありません。

しかし、現在の現代音楽においては、インターネットやテクノロジーの発達により、その垣根を越えた作曲がなされていて、地球と言う民族音楽が作曲されています。

 

どちらにせよ、民族音楽がなんなのか知らなければ、それを応用することは出来ません。

 

 

音楽の根源にあるもの

 

著者の小泉文夫さんは音楽家ではないのですが、世界の民族音楽を研究した第一人者です。

かの坂本龍一さんは大学で小泉さんの講義を聴き衝撃を受けたそうです。

たしかに、アルバム『千のナイフ』は西洋とアジアと電子音楽が混じったアルバムです。その影響もあると思います。

僕が好きなアルバムTop 10 に入る名盤です。

書いてある内容も非常に興味深く、あなたの世界を広げる為に読んでみてはいかがでしょうか?

そして、題名が好き 🙂 

 

 

 


記事が面白かったら『いいね!』、Twitterのフォロー@light_organ(音楽情報つぶやいています)お願いします!

記事を書いている僕についてはこちら。 僕について

アーティスト支援サイト PATREON  僕のページ

映像作品やゲームなど全般の作曲、編曲の依頼お待ちしています。色々な音楽が好きなので幅広く対応できます。 製作した楽曲 お気軽にご連絡ください。

 

 


The following two tabs change content below.

Y-Bit Music

ベルリン在住、作曲家。 ゲーム音楽、ヒップホップビート、クラブミュージック、現代音楽とジャンルレスに活動中。全ての音楽を平等に愛し、面白い音楽をつくることを目標に生きています。 『空いっぱいの  光でできたパイプオルガンを ちからのかぎり』