スケールを使って曲に世界観をもたせる


 

作曲するに当たって、この曲は晴れ渡った雰囲気をだしたい、この曲は暗い雰囲気。

またはオリエンタルな感じを出したいなどあると思います。

 

じつは、簡単にその雰囲気を出せる方法『スケール』というものがあるんです。

ここでは曲の雰囲気を司る色々なスケールを紹介します。

 

スケールというのは、音の配列の並び方で、それぞれのスケールは各々の表情を持っています。

そのスケールをうまく活用することで曲の雰囲気(暗い、民族的、アジア風など)を作り出せるという非常に便利なものです。

ぜひ活用してみて下さい。

 


教会音階(Kirchentonart)

これはすでに色々なサイトで紹介されていて、 wikipedia にも説明があるので参照していただきたいですが、

要はピアノの C major scale で C を中心(基準)に弾いたら Ionian scale (メジャースケール)、D を中心に弾いたら Dorian scale っと言うことですね。

 

音の配列がスケール

よく分らない方のために、詳しく説明します。

下の楽譜が Ionian scale (メジャースケール)です。

学校で習う基本のドレミファソラシドです。

手元に鍵盤があれば見てもらいたいのですが、C からドレミファソラシド(白鍵のみ)と弾いていった場合音の並びは、

         全 – 全 – 半 – 全 – 全 – 全 – 半

となる事が分ると思います。(全は全音、半は半音の意味です。)

これが音の配列、スケールです。

 

次に ラ(A)の音から白鍵のみを使って弾いてみます。

このスケールは、Aeolian scale (ナチュラル・マイナー・スケール)という名前です。

     全 – 半 – 全 – 全 – 半 – 全 – 全

すると、使っている音は一緒ですが、さっきと違って暗い雰囲気がしませんか?

このように音の並び方で得られる印象が違います

 

概要が分ったところで、色々なスケールを紹介していきます。

 

4種類のジプシースケール 

ジプシースケールにいたっては、インターネット上でも情報が錯綜しているので、みんなの知識 Wikipedia ということでそちらを参照にしていきます。

☆ ジプシーメジャースケール、ビザティンスケール、アラビックスケール、ダブルハーモニックスケール

 

 

wikipedia

たくさん名前がありますが、この音の並びです。

特徴は一度 (C)から始めた並びと、五度(G)から始めた並びが一緒です。

このスケールを使って作曲してみました。砂漠の町

ピアノがあれば左手で C→G →C →G って弾きながら、右手でこのスケールを使ってメロディーを弾いてみましょう。

あなたのいる場所がエジプトになったはずです 😎 

 

☆ ジプシーマイナースケール、ハンガリアンマイナスケール、ダブルハーモニックマイナースケール

 

 

wikipedia

 

☆ ハンガリアンスケール、ハンガリアンジプシースケール

wikipedia

 

☆ フリジアンドミナントスケール

wikipedia

 

どれも、民族的な香りのするスケールでゲーム音楽などによく出てきますね。

 

☆ ホールトーンスケール

上の並びが ホールトーンスケール(whole tone scale)です。

このスケールを扱った記事があるので、興味があれば読んでみてください。

不思議な雰囲気の音楽をつくる

 

作曲家の Debussy が最初に用いたスケールで、特徴は音の並びが全て全音なんです。

そうするとオクターブの中に納まる音符は6個だけ、そして4,5,6度の音がシャープになります。

楽器で C から弾いてみると分りますが、F♯ からふわっとした感じがするのではないでしょうか。

また、このスケールは移調しようとすると、並びが全て全音なのでもう一種類しかありません。